チーム森田の“天気で斬る!”

森田正光はじめ人気お天気キャスターによるチームブログ。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

25年ぶりに非常に強い勢力で上陸した台風21号。
全国各地に大きな被害をもたらしました。

今回特徴的だったのが風の強さ。
上陸時、そして再上陸時、ともに非常に強い勢力だったことに加え、
台風本体がスピードをあげたことで、
台風中心付近やその東側を中心に記録的な暴風となりました。

イメージ 1
イメージ 2
 【日最大瞬間風速 気象庁HPより】
イメージ 4

観測史上1位の暴風となった地点が相次ぎ、
大阪や金沢でも40m以上の最大瞬間風速を観測しています。
そして、近畿地方の沿岸部では過去最高潮位を上回る記録的な高潮になりました。

今回の台風21号もそうですが、今年は「極端な現象」が多くなっています。

きのう気象庁から発表された「夏(6〜8月)の天候」によれば、
今年の夏は、
●平成30年7月豪雨の発生
●全国の気象官署のうち48地点で夏の平均気温が観測史上1位(全153地点中、タイを含む)
●猛暑日を観測した地点数の積算は6479地点で、2010年以降最多
●熊谷(埼玉)で41.1℃を観測し、全国歴代最高気温を更新
●北陸地方で観測史上初めての40℃超え
●全国の202地点で日最高気温が観測史上1位を記録(全927地点中、タイを含む)
●夏の期間に18個の台風が発生し、統計開始以来1位タイの多さ
●統計開始以来初めて5日連続で台風が発生(8月12〜16日)
など、気象史に残る夏となりました。

イメージ 3
【この夏の猛暑日地点数の積算 気象庁HPより】

鈴木予報士が3日の記事(https://blogs.yahoo.co.jp/wth_map/65075316.html)に書いていますが、
これだけ災害級の現象が頻発する現代では、
自ら防災情報を取りに行く姿勢がもとめられているのかもしれません。
季節は秋へと進みますが、台風や残暑、秋雨など今後も注意が必要です。

藤枝知行

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事