チーム森田の“天気で斬る!”

森田正光はじめ人気お天気キャスターによるチームブログ。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

こんにちは。石上沙織です。
先日、ウェザーマップの気象予報士仲間で、東北旅行に行ってきました。

初日は、秋田の大曲花火大会へ。
2日目は、秋田・男鹿をまわって、夜は盛岡へ。
NHK盛岡の大隅予報士に、盛岡で有名な焼肉店に連れて行ってもらいました。
イメージ 1
そこで頂いたのが…「盛岡冷麺」!!!
イメージ 2
ダシのきいたスープにツルツル・シコシコした麺…
お好みに合わせて、辛味のあるキムチを入れます(私はたっぷり入れる派です)
サッパリしているので、どんどん箸が進みます。
焼肉を食べた後だというのに、ペロっと平らげてしまいました。
さて、この「冷麺」、冷やし中華と同じく「夏」の食べ物だと思っていたのですが…
実は「冬」の食べ物だということをご存じですか?

冷麺発祥の地である北朝鮮・平壌は、冬の寒さが厳しい土地。
1月の平均最低気温は「−10.7℃」で、北海道の釧路と同じくらい。
過去には「−30.2℃」を記録したこともあるほどです。
このため、昔から「オンドル」と呼ばれる床暖房が備えられていました。
オンドルのおかげで、家の中は冬でも汗ばむくらい暑くなるそう。
そんな暖かい(暑い?)部屋の中で食べられるようになったのが、冷たくサッパリした冷麺なのです。
冷やし中華は夏限定の所が多いですが、冷麺は年中食べられるとのこと。
麺好きな私のレパートリーに加わりそうです♪

この記事に

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事