チーム森田の“天気で斬る!”

森田正光はじめ人気お天気キャスターによるチームブログ。

夏の話題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

雨の皆既日食

イメージ 1

イメージ 2

森田正光



7月22日は、私にとって今年一番悔しい思いをしました。


上海(湖州)での皆既日食です。



いまから18年前、1991年にハワイで皆既日食がありました。
テレビの取材で行ったのですが、結果は皆既寸前までは
雲の合間に見えていたのに、皆既の直前から曇って、
ただ空が真っ暗(強雷雨時くらいの暗さ)になって、
おしまい。


このとき、近くにいた御老人が声を出して泣いていました。
その訳を聞いてみると、『自分が次回の皆既日食を見る可能性があるのは、
2009年。年齢を考えると、とてもそれまで生きているとは思えない。』

つまり、御老人にとってはラストチャンスとのことでした。


今回の上海(湖州)は、はじめの頃は雲の切れ間から何回も
部分食が見られ、そのたびに歓声が上がったりもしました。
しかし、皆既が近づくにつれ雲が厚くなり、そのうち雨もポツポツ
降るようになってきました。


やがて、皆既。西の空から闇が迫ってきました。本影錘(ほんえいすい)と
呼ばれる、月の影です。本影錘は曇りの時でもはっきり分かるのが一種の救いでした。


皆既時は、真っ暗という表現が当たっています。完全な闇では
ありませんが、となりの人の顔も判別しにくいほどです。


ところで皆既の時には、動物の鳴き声が止んだり、逆に鳴き声が
騒がしくなったりすると言いますが、今回はそれらの声は聞こえませんでした。


ただ面白いなと思ったのは、近くでビルの建設工事をやっていたのですが、
その工事の音が、日食中も皆既中も消えなかったのです。


皆既中の暗さの中も、ライトをつけて工事をやっていたわけで、
これはある意味凄いなと、思いました。生産ということに関しては、
日本は中国に負けると、漠然と感じました。


それにしても今回の日食は悔しい経験でした。
19年前の皆既日食の曇天は、まだ余裕がありました。
いつか見られると、、、、。


ひるがえって今回、土砂降りの皆既日食に遭遇し、
私はやっと、ハワイの御老人の立場を理解できたように
思います。


日本付近の次回の皆既日食は2035年。私は85歳。
無理だろうなぁ・・。


============================================

今日も西日本は大雨に警戒が必要です。

気象庁の警報・注意報一覧
http://www.jma.go.jp/jp/warn/

この記事に

開く コメント(70)

開く トラックバック(2)

九州南部梅雨明け

イメージ 1

森田正光           レーダー・降水ナウキャスト



梅雨前線は、水蒸気前線という言われ方をします。
この時期は、前線に向かって大量の水蒸気が補給され、
それが大雨をもたらすからです。


レーダー画像等によると、日本海にその水蒸気による大雨が
写し出されており、少しずつ東へ広がっています。
北陸地方から東北南部は、今日の午後から激しい雨の
降りだすところが多くなるみこみです。


一方、九州南部は朝から晴天の区域が広がっています。
おそらく、今日中には梅雨明けが発表になるでしょう。


====================================================================
11時50分追加


鹿児島地方気象台は、今日午前11時に九州南部の梅雨明けを
発表しました。(平年より1日早く、昨年より6日遅い)

なお、その他の地方は当面、梅雨の晴れ間が広がるものの
梅雨明けは、来週以降になりそうです。

タイトルの「?」マークを取りました。

この記事に

開く コメント(12)

開く トラックバック(5)

秋発見

イメージ 1

いつもの出勤時間、朝日の影が道路の反対側まで伸びていました。
『光の秋』ですなぁ。
                           (森)

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

またもや雷雨

イメージ 1

森です。

名古屋の新緑も、1ヶ月でずいぶん茂ってきました。
木陰が欲しくなるころに、ちゃんと木陰ができるなんて、
うまくできてますな。

我が家の新緑も順調に茂って、樹高も5cmほどに育っていますが、
まだ指先ぐらいしか木陰に入れません。

ところで、新緑に降る雨を『緑雨』と言いますが、
今日の関東地方は『緑雨』どころか『青嵐』の様相に…。

すでに、正午頃には関東地方の北部で雷雲が発生していて、
北部では昼過ぎから、
夕方から夜にかけては、広い範囲で雷雨になるおそれがあります。

今晴れているところも、天気が急変するので油断できません。
局地的に1時間に30〜50ミリの激しい雨が降って、
落雷、突風、ひょうを伴うかもしれません。
また、帰宅時間にも重なりそうなので、交通機関への影響も心配。

原因は、またもや日本の上空に入り込んできた寒気。
今年、非常に多いパターンです。
明日からは安定した晴れが期待できるので、
とりあえず、きょうの雨に十分ご注意を。



https://s.yimg.jp/images/weather/blogs/mori_60.jpg森 朗(もり・あきら)                                              お天気キャスター、気象予報士。株式会社ウェザーマップ所属。TBS「きょう発プラス!」 (月〜金)「イブニング・ニュース」(毎週日曜日午後5時〜5時半)、同「ニュースバード」(毎週月、水曜日午前4時半〜5時半)に出演中。趣味は暖かい海、小さめの波でのサーフィン&昼寝。

この記事に

開く コメント(3)

イメージ 1

杉江です。

先週金曜日に九州南部で梅雨入りの発表がありましたが、
その九州南部以外でも
相変わらず『梅雨以上に梅雨のような!?天気』日照不足が続いています。

上記の写真は我が家近くの水田の様子ですが、
GW頃に田植えをしてからほとんど成長していない感じです。
また野菜を中心にあちらこちらに影響が出ているようですね。

東京の5月の日照時間を調べると、
1日〜28日までで、合計114.5時間(この期間の平年比で70%)
このままいくと、43年ぶりに日照時間の少ない5月になる気配です。
(過去115年間で4〜5番目に少なくなるかも・・・)

さてここからが本題ですが・・・
現平年値で月ごとの日照時間を多い方から調べてみると、
1位 5月 180.9時間
2位 1月 180.5〃
3位 8月 177.5〃
4位12月 171.1〃
5位 4月 164.9〃
というように、5月は年間のTOPを争う月なんです。

実際、過去115年間の年間の日照時間1位の回数を調べてみると、
1位 8月 35回
2位 5月 24回(4〜5年に一度はTOPをとる計算)
3位 7月 16回
4位 1月 13回
5位 4月 10回
などとなっており、
5月は8月に次いで2位につけている格好です。

しかし、このところ5月の回数が完全に頭打ち状態になっています。
一番近い所で5月がTOPになったのは1983年で、
それ以来22年間もTOPの座に付いていません。
(1984年以降でも、8月は8回、7月は2回、1月は4回TOPの座についています。)

今年もすでに3月の176.2時間を抜くことは無理ですね。
果たして5月の日照時間が年間TOPを奪還するのはいつになるのであろうか!?

https://s.yimg.jp/images/weather/blogs/sugie_60.jpg杉江勇次(すぎえ・ゆうじ)                                            お天気キャスター、気象予報士。株式会社ウェザーマップ所属。日本テレビ「ニュースD」(月〜金) 「NNN24」(月〜金) 「あさ天サタデー」(土)などに出演中。趣味はスキー、ドライブ、ドラム演奏。

この記事に

開く コメント(7)

開く トラックバック(1)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事