チーム森田の“天気で斬る!”

森田正光はじめ人気お天気キャスターによるチームブログ。

秋の話題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

こんにちは、福岡良子です。



きょう午前0時、ボージョレ・ヌーヴォーが解禁されましたね。

私も早速、番組で一口飲ませていただきました。

イメージ 6



・・・正直味の違いは全然わかりませんでしたが、とりあえずおいしかったです♪






ということできょうはワインについて。








国産ワインの産地として有名なのは山梨や長野。


でも実は大阪も隠れたワイン王国だってご存知でした?






大阪府柏原市には1914年(大正3年)、今からちょうど100年前に醸造を始めたワイナリーがあるんです。





それが「カタシモワインフード」
西日本最古のワイナリーです。

イメージ 1

イメージ 2









先日、カタシモワイナリー創業100周年を祝して
「おもろいやん!カタシモ100年ワイン祭り」というイベントも開催されました。

イメージ 3

イメージ 4








と、歴史が深い大阪ワインですが
実は、もともと大阪がブドウの栽培面積全国一位。
昭和10年までは柏原市だけで約1000ヘクタールもあったそうです。



*比較的降水量が少ない
(降水量は年間で1400ミリほど。ブドウ作りにはそれほど水は必要ないそうです。)

*柏原市が南斜面に位置しており水はけが良かった

イメージ 7




こういった気候や風土がブドウ作りにマッチしていたんですね。





ちなみに梅酒で有名なチョーヤも、本社は大阪府羽曳野市にあって、創業当時はワイン造りが本業でしたし
大阪発祥のお酒メーカーで知られるサントリーも、地元のブドウを赤玉ポートワインの原料に使い、この利益をもとにウイスキー製造に乗りだしとか。

いかに大阪でブドウ作りが盛んであったかを物語っていますよね。




ところがそこへ「昭和の三大台風」のひとつ・室戸台風が襲来。
1934年(昭和9年)9月21日に高知県室戸岬付近に上陸し、京阪神地方を中心に甚大な被害をもたらし
高潮や強風による建物の倒壊被害によって約3000人もの死者・行方不明者を出しました。




このときの台風被害があまりに壊滅的だったために
農家の救済策として、ワイン醸造が特別に許可されたことが
大阪でワイン作りが広まるきっかけとなりました。





















こうして広まった大阪産のワイン。
山梨産と比べると、糖度・酸度ともに高く、柑橘系の香りが強いことが特徴。
これは比較的温暖な気候が影響しているということです。




イメージ 5

今回、カタシモワインフード社長・高井さんにお話をお聞きしましたが
一聞けば百返ってくるような、ここには書ききれないほどのたくさんの情報が次から次へとでてくるお姿に、高井社長のワイン作りへのひたむきな情熱を感じずにはいられませんでした。



今は国内産のワインを飲む機会も少ないかもしれませんが
そこであえて大阪産のワインを飲んでみるというのも面白いかもしれませんよ。









きょうの天気をサクッと確認したい方はこちらをクリックしてください☆
動画解説(Yahoo!天気・災害)
 
 
 
福岡良子

開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

鳥海山の雪が解ける

イメージ 1

森田正光          由利本荘市のホテルから日本海をのぞむ



昨日は新潟県の三条市、今日は秋田県の由利本荘市に行ってきました。

この秋は講演会にお招きいただく機会が多く、毎週どこかへ行って
います。


私が初めて講演会をやらせていただいたのは、いまから30年ほど前です。


当時は何を話していいのかも分からず、何時間もかけて原稿を書き、
それにのっとって話をさせていただいていました。原稿の中には、
「笑い」も仕込んで、自分ではそれなりにいい内容だと思っていたのですが、
いざ本番となるとどなたも退屈そうで、自分の伝えたいことと、
人が期待する内容とは違うのだ、ということを学びました。


きみまろさん風に言えば、あれから30年、なんとかご期待にそえるような
話しもできるようになりました。


ところで最近の傾向として、聴衆の方からの御質問に環境や異常気象の
問題が増えてきました。御年輩の方からすると、昔に比べ明らかに
天気が変わってきていると実感されているのでしょう。


今日、由利本荘で聞いた話ですが、昔からこの地方では
借金をするとき「鳥海山の雪が融けたら借金を返す」という
洒落た言い方があったそうです。実は鳥海山の雪は夏でも融けないので、
結局「返さない」という意味を含んでいたといいます。


ところが近年は、鳥海山の万年雪が夏には融けてしまうので、
この言い方は通用しないということになります。


その土地で培われた「ジョーク」すら、死語になるような環境変化が
起きているわけです。

開く コメント(18)

開く トラックバック(2)

池で練習

イメージ 1

森田正光           (写真) 防府のゴルフ練習場



昨日、山口県の防府市へ行ってきました。


飛行機が結構揺れましたが、日航機機長が機内アナウンスで、

「他の機からの報告で、今日は全国的に気流が悪い。おだやかな
 高度、コースを選んでいるが、このあとも揺れる見込み。
 北日本の航路にくらべれば、この機は揺れてない方です、、」

と、揺れている事情を具体的に説明されていました。私は仕事がら
飛行機にはよく乗りますが、昨日の機長説明は適切だったと思います。


思うに、普段と違うことが起きている時には、どう説明するかがポイントで、
単に「揺れが予想されますので、シートベルトをお締め下さい」では、
乗客は安心感を得られません。


気象情報も、「ご注意ください」的な天気解説から、より具体的な
伝え方を、天気キャスターは工夫しなければならないと思いました。


ところで、その防府市で珍しい光景を見ました。


ゴルフ練習場なんですが、なんと池に向かって打ちっぱなしているのです。
これなら広い土地は必要ないので、首都圏でもあったらいいのにと
思いました。ちなみにボールの回収は、下に網があって、
魚を捕る時のようにボートで取りに行くのだそうです。


最新の天気概況は以下へ
http://www.weathermap.co.jp/

 

開く コメント(42)

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事