勉助の脳内秘密基地

ツイッター始めました。もしよろしければ「bensukeing」で検索して下さい

全体表示

[ リスト ]

「『アイドルマスター2』プレイインプレッション」

http://www.famitsu.com/news/201102/24040719.html

「アイドルマスター2はかつてない難易度だった&攻略メモ」

http://sazanami.net/20110225-idolmster2-capture/

「アイマス2を実際プレイした人の感想記事まとめ」

http://d.hatena.ne.jp/Sugio/20110227/p1

 コメントでいただいた「楽しいと思ったならその楽しさを書いて賛同を募るべきじゃないのか?
批判の批判やって喜んでるようじゃ、はちま以下だろ。」という意見は、まさに正論だと
思います。
 だから私以外の実際にプレイした人の意見もリンクしてみましたが、私自身もようやく
15時間プレイして、真・真美・響のユニットを最後までプロデュースし無事IA大賞を
受賞出来た所までプレイしたので、アイドルマスター2を実際に遊んだ感想を書いて、
この流れは一旦終了にしようと思います。

 アイマスの続編がでるのはまだまだ先の話だしDLCでいろんな曲も配信されると思うので、
2週目からは、のんびりと長くプレイしていきたいと思ってます。


 まずアイドルマスター2の一番叩かれた竜宮小町・律子がプロデュース出来ない部分に
関して、何があろうとも許せない人は残念ながらアイマス2はプレイしないほうがいいです。
 竜宮小町は前半のライバル・ジュピターのかませ役しかほぼ出演しておらず、後半は
ほとんど空気状態になっていました。
 あのジュピターにも持ち歌が2曲あったのだから、ジュピターにやられた後にも
もう1曲新曲を披露して竜宮小町が復活するイベントがあってもいいのに、ずっと
音楽ランキングの下位をさまよい続ける竜宮小町を見るのは、忍びなかったです。
 もしもアイマス3が発売されるなら、今回プロデュース出来なかったアイドルは
絶対にプロデュース可能にするのは絶対条件だと思います。

 
 次に、ジュピターの面々ですが、公式の発言ではプレイヤーが本気になれるライバルに
したくて男性アイドルにしたと発言していましたが、良い人すぎてプレイ後はもっと
ジュピターにも出番があれば良かったのにと思ったほどでした。出番が少なすぎて、
あんまりジュピターがライバルという感じがしなかったほどです。
 アイドルマスターSPの時は、響・貴音・美希が黒井社長に捨てられる時は、かな
かわいそうに感じたけど、ジュピターの場合は、ジュピターの面々って良い奴だな
という感じになっていたのも良い所です。

 少なくとも、プレイしてジュピターに寝取られたと感じる事は0だったので安心して下さい。

 ジュピターの曲と踊りも、ステージフォーユーで見れるようにしてもらいたいです。


 プレイしてみた感想ですが、アイマス1の時は、レッスンをしてパラメーターを上げる→
オーディションに合格する→ファンの人数が増えるという流れでしたが、アイマス2は、
さらにオーディションの種類が増えている・ファンも全国6箇所に分かれて集計されている・
さらに楽曲の売り上げ枚数を上げるのが最終目標になっているけど、売り上げを上げるには
さまざまな要素が絡み合っており一筋縄ではいかないという感じになっており、システム面は、
アイマス1にあった要素を上手にさらに縦方向に深くしたという感じになっています。

 私はとりあえずファンの人数を上げれば、楽曲の売り上げ枚数も上がるだろうと単純に
考えていましたが、なかなか上げる事が出来ずに、結局当初の目標である20位以内入ること
という目標が突破できたのでは、40週目にようやく達成できたほどです。
 ですから、システム面は家庭用に良い感じに複雑化しており、毎回毎回どのように
ユニットを育てていこうか考える楽しみが増えていると思います。

 あと3人同時にプロデュースするという事でメンバー同士の仲を良い感じにしないと、
ネット上での煽りに使われた写真みたいな状態になってしまいますが、朝の挨拶と夜の会話を
上手に使えば、すぐに仲は改善できると思います。
 朝の挨拶と夜の会話は、アイマス1よりも会話の種類が豊富なので飽きないようになって
います。

 営業に関しては、アイマス1と同じような感じで楽しめます。ただアイマス1の時は、アイドル
ランクが上がると、営業の内容もガラリと変わるので、トップアイドルにまた一歩近くなったと
実感できましたが、アイマス2はそういった概念がないので、営業をしてもあまりトップアイドルに
また一歩近くなったと実感できなくなったのは残念な所です。でも1回プレイしただけでは、
全然把握できないぐらい数はあると思います。

 一番変化したオーディションのシステムですが、私はアイマスSPしかプレイしておらず
ネット対戦をした事がなかったので、アイマスSPの時はオーディションの時は常に、適当に
ボタンを押していましたが、アイマス2になって、約1秒に1回の感覚でパラメータを見て
ボタンをタイミング良く押さないといけない仕様になったので、オーディションがものすごく
楽しくなりました。個人的に音ゲーは大好きなので、すぐにこの仕様にも慣れましたが、
慣れないうちは、タイミング良くボタンを押しつつ、パラメーターも見ないといけないのは
大変だと思いますが、私はこの仕様は大好きです。もっと上級者向けにしてもらっても
良いと思うぐらい、ボタンをタイミング良く押すのが気持ち良いです。
 あとオーディションとライブはハイスコアを目指す事が必須ですが、フェスは相手よりも
いかに早くボルテージを溜めてバーストアピールを繰り出すかの方が重要になってくる事にも
注意してプレイした方がいいです。


 欠点ですが、360版アイマス1よりもテンポが良くなっていますが、でも妙にテンポが悪い
所も多々ある所です。たとえばAボタンを押しても会話がスキップ出来ない所があったり、
毎週毎週ランキングを見ないといけない所や、ナムキャラ応援団を購入する流れがくどかったりと、
基本的にSLGって同じことを繰り返すゲームだからほんの少しテンポが悪くなっても、
繰り返すたびにどんどんストレスになってしまうんですよね。基本的にはテンポが良いから、
逆に悪い所が目立ってしまいます。


 最後に総評ですが、私はアイマス2をプレイする前はアイマスDSみたいにジュピターとの
物語がガッツリ楽しめるのかなと思いましたが、実際はアイマスSPの時の響・貴音・美希の
出番よりもさらにジュピターの出番は少なくて、少し拍子抜けしました。
 基本的にはアイマス1のフリープロデュースと同じ感覚で小さな話が積み重なっており、
たまにリーダーに選んだ765プロアイドルとの特別な営業が入るという感じになっています。
 一番最初に書いたように、竜宮小町・律子がプロデュース出来ない部分に関して、
何があろうとも許せない人以外は、アイドルマスター2は、絶対に楽しめるクオリティーに
なっていると私はプレイしてみて実感しました。

 なぜかというとアイマスSPをプレイした時に感じる事ができた、アイドル達と二人三脚で
トップアイドルを目指して頑張るというスポ根的な気持ち良さと自分が育てたユニットと
お別れするときの切なさを真・真美・響のユニットを最後までプロデュースし終えた時にも
感じる事が出来たからです。

 アイドルマスターシリーズって決して100点満点のゲームではないのに、それでも
他のゲームでは味わえない魅力がたっぷりと詰まっている不思議なゲームだと再確認できました。

 この記事を読んで少しでも、アイドルマスター2に興味を持ってもらえたら幸いです。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

とてもとても参考になりました。
なんだかんだと、CDもアイドルマスター2も購入ました。
問題は本体をまだ購入してない自分なので
買い次第、じっくりゆっくり楽しみたいな、と思います♬

2011/3/1(火) 午後 8:53 [ mi ]

顔アイコン

>> miさん

私のアイマス2レビューを参考にしてもらってありがとう
ございます。
アイマスは、ダウンロードコンテンツが豊富ですからね、
お金に余裕があるならじっくり、ゆっくりと遊んだほうが
より楽しめますよ。
あと360も、マルチタイトルでもPS3よりも安く
買える事が多々あるので、一度本体を買ってしまえば、
お財布にやさしいハードですよ。

2011/3/1(火) 午後 11:41 [ 勉助 ]

顔アイコン

捏造まがいなネガキャン記事が目立つ中、こういった真っ当なアイマス2の記事を見れると安心感を覚えます。
細かな不満点は当然ありますが、個人的には竜宮小町関連が残念なこととコミュが前作らより少なめということ以外は概ね楽しんでプレイしています。
今回のアイマスは『プレイしないと面白さがわからないゲーム』だと思うので、はちまや俺的等の記事を見て買うのをやめた人たちはプレイしてほしいものです。

あとは続編でもDLCでもいいので、竜宮組がプレイアブルに戻りますように・・・・・・・。

2011/3/3(木) 午後 4:45 [ J002 ]

顔アイコン

>> J002さん
真っ当なアイマス2の記事を見れると安心感を覚えますと書いて
もらって、頑張って書いた身としては嬉しいです。
売り上げ本数も思ったほど落ちていなかったし、ネットでも
きちんとプレイした人の感想は、私と似たような意見の方が
多いですし、ようやくネガキャン記事を見る機会も徐々に
減ってくると思います。

私も、初プロデュースはあずささんだったので、竜宮組・
律ちゃんをヒューチャーしたソフトが欲しいですが、現実路線
としては、ジュピターに負けてからの、その後の竜宮小町を
描いたDLCが欲しいです。

2011/3/3(木) 午後 11:46 [ 勉助 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事