些細な日常

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全31ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

これはボクと妹の兄弟がまだ小学生だった頃のお話。



一人でお風呂を掃除していた妹が、突然、血相変えてボクのところに飛んできました。

妹 「わあ〜!!おお〜!!」

ボ 「どうした?そんなに慌てて」

妹 「大変だよ!大変!お風呂場にゴキブリがいたよ!」

ボ 「え?ホント? よし、オレに任せろよ!退治してやるよ!」

とゴキジェットを手に取り、意気揚々と戦場(泉場)に乗り込みました。

ボ 「あれ、どこだよ。いないじゃん!見間違いじゃないの?」


すると、妹もお風呂場に入ってきて、天井を指差しました。

「あそこにいるじゃん!あそこ」と。

ボ 「あ、いた!いた! よし、ジェット噴射」

プシュ〜〜〜〜!!! 

もう、渾身の力でね、噴射しましたよ!

プシュされたゴキブリくんは、それはそれは暴れまくりました。

蝶のように舞って、ハチのように怒ってました。

その暴れ苦しむ姿を目の当たりにし、恐怖でおののいたワタクシ、

妹をその場に置き去りにして、スタタッとひとり逃走劇、、、

そんでもって、お風呂のドアをガチャと閉めてしまいました。


半死状態で飛び回るゴキくんと半狂乱状態の妹の二人をお風呂場に残したまま。。。


もうね、こうなったら妹には悪いが密閉ですよ。

この完全密室犯罪でしか、ボクに打つ手は、残されていなかったのです!?

いきとしいけるものが息絶えるのを、ただ静かに待つしかないのです!!???


妹は泣きそうになりながら、「開けて!開けて!」と叫んでいたのですが、

ボクは黒光りする生き物が大の苦手なので、しばらくの間、ドアを押さえつけていました。

「ヤツはどうした!?どうなった?!」と言い返しながら、ちょっぴりニヤついていました。



それ以来、妹がボクに助けを求めなくなったのは言うまでもありません。


兄の威厳?や信頼も何もかも失った夏の日でした。



そんな、ゴキちゃんに汚され、お嫁にいけない体になってしまった妹も、

先日、ちゃんとお嫁に行ったそうです。


いや〜事後報告ですよ!

全く親の顔が見てみたいです。ホントに。

旦那さんというか義理の弟になるんですか?の顔も全く知らないし。。。


しばらく会ってないけど、とにかく、おめでと。


開く コメント(19)

DESTINY

昨晩、音楽寅さんを見ていて、懐かしいドラマを思い出しました。

「季節はずれの海岸物語」というドラマ。

ご存知ですか?

バブルの頃だったかな?かなり昔に年に一回くらい?のペースで放送されてたような。


片岡の鶴ちゃんが主演で、鎌倉の海の近くで喫茶店のマスターをやっているんです。

そこに、毎回、マドンナ的存在の女性が現れて、

恋をして、最後に振られて終わるというせつない、純愛ドラマ。

そのドラマは、サザンとユーミンの楽曲を多用するんです。

泣けるドラマだったんですけど、友達に話しても、見ていた人が余りにも少ないんですよね。

関東ローカルだったのかな。

再放送もやったことあるのかなぁ。ないような。

また、見たいんですけどね。

何となく、夏の終わりになると見たくなるドラマなんです。

無垢な純愛みたいな感覚を取り戻したいんです〜!


今日は暑かったんで、、、ね〜。


真夏の気分になりますね〜。

そうそう、その海岸物語の主題歌がユーミンの「DESTINY」




物語性が高い歌詞ですよね〜。

素晴らしい。


けど、PVがバブってるなぁ、、、

ボクもバブルってみたかった様な気もしてきました。。

開く コメント(12)

左脳と右脳とお話を。


ここ数年、脳に対する関心?やちょっとしたブームみたいのが続いていますよね。

一般的に

左脳は、言葉、論理、数学。

右脳は、直感、芸術、映像。

と言われていますよね。


ボクはブログを半年とか休むことがあるんですが、

それは、左脳、右脳の使い方のバランスが悪いんだと思うんです。



論理的に書こうとすると、直感が邪魔をし。

直感的に書こうとすると、言葉が邪魔をし。


そんで、ブログを書くのを止めちゃうんです。多分。

ただ、メンドーなだけってのもあります。



実は、4月頃から、なるべく右脳を使ってブログを書こうと、心掛けて書いてきました。

でも、失敗したような。


ボクにとっては、このブログはコミュニケーション・ツールのひとつだと思って、

書いてきたつもりなんですが、コメント、訪問者、ファン数が激減しましたので。


まぁ、そんなのも実は、どうでも良い話なんですけどね。

たった一人でも読んで頂ける方がいるだけで、サイワイだと思えば済むことだし。


ただ思ったことをそのまま素直に書こうと思うだけです。

これ、簡単なようでいて、かなり難しいことです。



やはり、左脳も右脳もバランスよく使うことが大切なんですよね。






キミは元気ですか。


ボクは右脳左脳右往左往で元気です。








あ、そうそう、今日も早朝サンポしました。(←好きだなぁ、お前)

例の公園で友達とばったり会いました。

一緒に少し走ったり、おしゃべりしました。

ボクのブログを読んでくれて、ボクがいるかなぁ?と思って来てくれたそうです。


良い汗かいたね。

ありがと。


また、明日もボクは行くよ。

少し走るよ。

開く コメント(16)

愛を諦める

さっき、テレビを見ていたら、岸谷五朗さんが興味深いことを仰っていました。

「諦める」とは、明らかに極めるってことだと。

まだ、ご自身が役者を極めていないから、役者を続けると仰っていました。


例えは、人生でも、仕事でも、恋愛でも、趣味でも

何でも良いんですけど、

自分で明らかに極めたと思った時に、「諦める」ってロジックでしょうか。



さっき、ラジオを聴いていたら、ハナレグミのタカシくんが興味深いことを言ってました。

DJさんに新譜「あいのわ」について、質問されていました。


DJさん 「愛」って言葉を歌詞に使うのは、珍しくない?

タカシくん 「愛って言葉は実態がないものであって、そういう言葉を軽々しく、使っちゃうのに

ずっと抵抗感があったんですけど、もう、いいかなぁ〜って気持ちになったんです。」



この感覚なんとなく分ります。



先日のクラムボンのライブでのMCで

原田郁子さんが、

「デビューして10年経ったけど、まだまだだなぁって感じで、

音楽っていうモノの本質みたいなところに少しずつ近づいていきたいです」

みたいなことを言っていました。



この感覚もなんとなく分ります。



タカシくんの「愛」

岸谷さんの「諦める」



愛を諦める。


愛を明らかに極める。


って論理的にまとまりました!?




音楽を諦める。

音楽を明らかに極める。


てなことはないのである。



よく分らないですかね。

開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

Re-早朝サンポ

おはようございます。


今日は、また、早朝サンポのお話を。

多少、具体的に書いてみます。


4時くらい?に起床し、ちょっとストレッチをして。

耳にイヤフォンを差し込み、出掛けます。

(火曜日から、ずっとクラムボンの新譜をリピートして聴いています)

普段は、何も身に付けず出掛けてます。(服は着ています)

雨の日は、サンポお休みにします。



あ、そうそう、月曜日にクラムボンのNHKホールでのライブを観て来ました。

余りに素晴らしいライブだったので、記事に出来ずにいました。

圧倒、圧巻されて。

記事にすると感動が薄れちゃうような気がしまして??なんとなく。


ボクが経験した音響系のライブでは、頂点のライブだったような気がしました。


去年に観たシガロスのライブと肩を並べるというか、

普通に超えていたかも?ってなくらいのライブでした。


一応セットリスト
01. Re-Re-シカゴ
02. Re-THE NEW SONG
03. Re-Bass,Bass,Bass
04. GOOD TIME MUSIC
05. はなれ ばなれ
06. 波よせて
07. 便箋歌
08. Re-意味はない
09. Re-カルアミルク
10. Re-雨
11. ララバイサラバイ
12. Id
13. バイタルサイン
14. 新曲
15. Re-Folklore

En1. Re-Re-サラウンド
En2. Re-アホイ!


アホイ!が終わった後、スタンディングオベーション?みたいのが10分以上続きました。

それほどお客さんの「感動の余韻」?みたいなモノが大きかったんですよね。

NHKホールのスタッフの方々が、お客さん達を強制的に帰さなければ、

クラムボンは、再びステージに現れたかもしれません!?

そういうバンドなはず、クラムボンは。




そうそう、サンポの記事だった。

アルコ〜♪アルコ〜♪ワタシハゲンキ♪アルクノダイスキ♪


我が家を出発すると、すぐに交差点があります。

その交差点は、幼少の頃から献花が絶えることのない交差点。


そんで、レストランカラオケがある。

その周りで若者達がワイワイガヤガヤ騒いでいる。

クラムボンを聴いているので、何を喋っているのか?分らない。

でも、楽しそうだ。楽しそうなことは良い事だ。モラトリアム宣言か?



それで、例の公園まで普通に歩く。


公園の松林で深呼吸する為に。


公園のベンチでは、まだ何人かのホームレスの人達が寝ている。



空は、薄曇りで灰色を帯びている?が、うっすらと、うろこ雲、白い月が見える。



ふと、朝霜で濡れた芝生の上を走ろう と思う。



そんで、ちょっと試しに 走ってみた。


頭の中は「風光る」みたいな感覚で。


〜久しぶりに走った〜


疾走感


実に気持ち良かったぁ。


どのくらいの距離を走ったの分らないけど、

息切れは、全くと言っていいほどしなかった。



そんで、トボトボ歩いて、ウチに帰って、朝食をちゃんと食べた。




ん??

何かつまらない日記だなぁ。

う〜ん。




そうだ、上村愛子ちゃんの結婚!

ショックです!?(TOT)


ちょっぴり、涙ぐみました!?


ボクは有名人のブログは、全く読まないのですが、愛子ちゃんのブログだけは、読んでいました。

トップアスリートのココロの中をノゾキたいのと、ルックスが可愛いですからね。

ブログの内容では、結構、普通の女の子なんですよね〜。


夫婦でバンクーバーを目指すってことなんで、心の底から応援します。

将来、赤ちゃんが産まれたら、スキー板を履いて産まれてくるかも?しれませんね。



あと、三浦皇成とほしのあきの交際報道!?

びっくりしました。ホントなのかなぁ。


競馬ファンにとって、皇成は、久々に出てきたヒーロー的存在の騎手なんですよ。

野球界でいうと、ジャイアンツの坂本のような。

サッカー界でいうと、レッズの山田直輝のような存在です。


ほしのあきかぁ。すごいなぁ。皇成。

何歳の年の差なんでしょう。

12、3歳の差でしょうか。



まぁ、恋愛に年の差なんて関係ないですね。



クイズ年の差なんてってテレビ番組、ありましたよね?

開く コメント(6)

開く トラックバック(1)

全31ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事