●着物と猫とカネコ系●

変な女がキテレツな格好で妙な地下活動を行っているブログです。…真面目な人は読まんで下さい。頼むよ、ホント…

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全535ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

―――――――――先日の入学式用に作った、デコ用シールべたべた青海波かんざしの後ではインパクトに欠けますが、実は作ったのはこっちの方が先なのでございます…

イメージ 1

今は亡き上尾の『古着や&越後や』さんの閉店セールで100円で買った、この蝶の形の鼈甲風のかんざし。

イメージ 2

値札シール取ったらこの白い謎の汚れと云うか気泡と云うか、よくわからない部分が出て来た。

これ、外側が傷付いてるとかではなくて中。プラスチック内部が何らかの変質を起こしてここだけ白濁り起こしてるんです。

かんざしが半透明なのでこの白濁り部分が大変目立ち、『さて、どうしたものか…』と。

ここはいっちょ下手にちまちま小細工するより、一気にイメージチェンジ!

イメージ 3

我が家にはこのような100均の黒のペンキスプレーがあったので、これを利用。

イメージ 4

かんざし全体に一気にスプレーします。

イメージ 5

ペンキスプレーだけだと綺麗なツヤは出ないので、ペンキが乾いたらマニキュアのトップコートを塗ってツヤ出し。

イメージ 6

そして再び100均ラインストーンシールの出番(笑)

イメージ 7

イメージ 8

蝶の羽の柄部分だけに最初貼ってみたが、まわりにも貼ってみたらどうだろう…と完成したのがこちら。…シールの接着剤部分がはみ出してるのが目立つので、これ撮った後綺麗に直しましたよ(笑)

黄色の鼈甲風味のものよりもモダンで、アールヌーボー風な一見蝶とはわからないかんざしに生まれ変わりました。

…木蓮コーデの際に『木蓮です。』と言い張ればそう見えそうな感じです(笑)

黄色の鼈甲風味の時よりも全然使いやすくなったと思います。…あのままでは、難がなくても着る着物を選んだと思われる。


――――――黄色い鼈甲風味なかんざしは多く出回っておりますが、ほとんどが普段にヘビロテしにくい感じだと思うので、いっそこのように全体を真っ黒!にしてしまうと活路を見出せるかもしれません。

     いつも応援の1クリックイメージ 6ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからはをクリックすると飛べます


この記事に

開く コメント(4)[NEW]

開く トラックバック(0)

―――――――桜だの藤だののコーデが入り乱れておりますが、それゆえ季節の花ものではないコーデは後回しにされがちでございます。…ええ、約1ヶ月前に着てるんですが。

その名も『チーム・上尾』(笑)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

今は亡き、上尾の『古着や&越後や』さんの閉店半額セールにて2500円で購入の鼓柄に色んな花ごちゃごちゃの銘仙。

羽織は上尾の『メガトンマーケット』にて540円のからし色と緑の扇面柄。

七宝柄の帯、うねうね柄の帯締めも上尾のメガトンマーケットで購入。帯、540円。帯締め、200円なり。

…ええ、コーデがほぼ上尾で買ったもので構成されてるんです。だから『チーム・上尾』。

まあ、あっしの手持ちには浦和の骨董市や川越で買ったものも数多いので、『チーム・浦和』や『チーム・川越』だってできるんですが(笑)…やだわ、どんな埼玉県内市対抗コーデだよ

イメージ 4

麻の葉に桜の柄の半衿に、桜の羽織紐。ちょうど時期がしだれ桜の頃であった。

イメージ 5

イメージ 6

羽織なしバージョン。…ね、ほんとにゴチャゴチャ柄でしょ(笑)


それにしても上尾のリサイクル着物屋に通い始めてすぐに、このコーデで使ったアイテムが揃ってしまった…何かの罠かしら(笑

もちろんこのコーデで向かうのは、上尾。

       いつも 応援の1クリックイメージ 6ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからはをクリックすると飛べます

 


この記事に

開く コメント(21)[NEW]

開く トラックバック(0)

―――――――我が家の新車のナビは結構グレードのいいものをくっ付けたので、ナビを起動しなくても『この先一時停止があります』とか『この先右折車線があります』とかちゃんと教えてくれるのがありがたいのですが、先日、初めてナビ使って自宅まで戻ろうとしたら妙な道を案内してきたので、無視して通常ルートで走ったらば『な!?ななななな、なぜ!?』とまさかあっしがルートを無視すると思わなかったようで(笑)、すっかり混乱してしまい、そっからずっと『探索中』になったまま自宅に着いてしまったのだった…

………そうですか、事前の用意はちゃんときちんと完璧だが、突然の予定変更とかにはからきし弱い応用の効かないエリートさんでしたか(笑)。エリ子さんと命名。

で、エリ子さんてば、一時停止のお知らせに躍起になってるかと思えば、実は一時停止が数mごとにいっぱいある所では、さりげなく『私、見えなかったし〜』と『この先…』と言ったまま黙ったり、そのまんまなかったことにしたりする、結構いい加減なところのあることが判明(笑)

たまさんちのナビ、べにおせんせーんちのナビもそうだが、それぞれに個性があって面白いものよのう(笑)


さて、夏日もある昨今でございますが、3月のお出かけものの記事のアップがまだ滞っておりますのよ。

しかもコーデが今見ると絶好調に暑苦しい色彩なんで申し訳ない事この上なし。


我がさいたま市には『漫画会館』なんつー、一切知名度はないがひっそりと存在しているものがありましてね。

全然知らない人だが『北沢楽天』と云う漫画家の自宅を改築したものでございます。なので常設ものは基本、この北沢楽天と云う方の作品。

市立なので入館料は無料なんですわ。そして結構有名漫画家の原画展とかを開催している。去年は『ベルばら』、池田理代子氏もサイン会を行った。数年前は松本零士氏とか。

で、ずっと存在は気になってはいたが、そのような有名漫画家の原画展の際には行く気にならず、今開催中の『大正・昭和のモダンライフ』展には行く気になった(笑)

場所は大宮の盆栽村。正式な住所は『盆栽町』ですがね。

盆栽村は、数年前に浴衣だと入館料が半額だったんで話のタネに『盆栽美術館』に行ったっきりですよ。

でも海外からの観光客には人気のスポットらしいですよ。

んで、初めて盆栽町の中を漫画会館求めてウロウロしたんだが、ここってばただの盆栽職人が密集している地域かと思ったらばとんでもなく、『さいたま市の田園調布!?』な感じの高級住宅地であった…

ええ、もう『代々この地で暮らしておりますが、何か?』な古めかしいご立派なお屋敷ばっかり正統派の『日本の金持ち』な手入れの行きとどいた庭園とかがあるお屋敷ばっかりなのよ〜

なので当然パーキングなんぞございません会館には駐車場もないので、車で行くとなると『盆栽美術館』に停めるしかなく、そこそこ歩きます…うっかり行くつもりがある方、ご覚悟を。

イメージ 1

この盆栽町にあってこれだけの土地……北沢楽天と云うお人、結構な金持ちだったんじゃないのか?

イメージ 2

案内板を読むと昭和41年開館とな。日本初の公立漫画美術館だそうだが、昭和41年当時なんて漫画の社会的地位は低かったのだから当時の大宮市(現・さいたま市)も相当な英断であろう。

イメージ 3

一切知名度はないが、歴史ある漫画会館なので記念スタンプもこのようにご立派すぎる漫画家のご歴歴が普通に

イメージ 4
イメージ 5

作品は撮影禁止なのでパンフから。まあ、弥生美術館のような華やかさはございませんが、風刺漫画なので当時の世相が垣間見えて面白いです。

上の断髪の麻雀牌の柄の女の子が可愛い。

じっくり細部まで見たいから図録が欲しかったのに、図録、作ってません(笑)

『このリーフレットは2000部作成し1部あたりの印刷経費は80円です』と明記された無料のパンフのみ。

このひっそりと運営されてる感じがまた歴史ある漫画会館の余裕と云うべきか。

イメージ 6

ここは自宅を改築したところなので庭もアリ。庭にも出られる。

せっかくなので椿の大木前で撮りたかったが、掃除のおばちゃんがずっと木の根元を掃除しており、そして小僧は警戒して近寄らない(笑)

イメージ 7

結局撮れるような場所は盆栽美術館の駐車場。でも盆栽美術館だから背後は絵になる。

……ええ、漫画会館、このような色は濃い目だが派手なアンティークで行くようなところではございませんよ。浮きます

平日午後だったせいか、お客は漫画会館も盆栽美術館も閑散としておりました…漫画会館はいつものことであろうが(笑)

イメージ 8

足元は薔薇柄の黒足袋&薔薇柄鼻緒のウレタン草履。


このような盆栽村界隈ですが、4月27日から30日まで『世界盆栽大会INさいたま』が開催されるので、この期間中だけはそこそこ人出があると思われます。メイン会場は大宮駅近辺ではあろうが、ここも一応盆栽の本拠地でありますから。

まあ、盆栽村にうっかり来るようなことがあればついでに漫画会館にも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


―――――――そしてこの後、上尾に向かった(笑)←我が家から上尾に向かうルート上に盆栽町がある。

帰りに寄るつもりで行きは通過した、3月末で閉店した『越後や』さんには車が7台も停まっておりなかなかの繁盛っぷりであったがその中にはうちのブログ見て遠方から参上の方がいらしたそうだ。

結局タイムオーバーで帰りには寄れなかったので行きに寄っておくべきであった。

この恰好だからきっと私だと気が付いて貰えたであろう(笑)

       いつも 応援の1クリックイメージ 6ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからはをクリックすると飛べます

 

この記事に

開く コメント(24)[NEW]

開く トラックバック(0)

―――――――我が家の藤が満開になってしまったので大急ぎで急遽、藤コーデ開始。せっかく8年ぶりに咲いたのですし、一緒に藤コーデで撮らねば。…ああ、例年ならあと1週間くらいはのんびりできたはずなのに…

桜の開花は遅れたが、むしろ藤、牡丹などの4月末から咲く花は開花が早まってるのでは…

ああああ、のんびりできない…

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

浦和の骨董市で1000円だった、なんだか迫力の陰謀渦巻く感じの(笑)藤柄の付け下げ。…柄としては綺麗なんだが、この迫力のためどうにもこうにも堅気に見えず、数年前に着た際は『●●町の藤あや子』と云うキャラまで登場したのだった…その記事はこちら

で、前回は半衿、帯が黒だったためダークサイド感が漂いましたが、今回その色を変えたらばそこそこお上品さが戻ってきました(笑)

帯は浦和の骨董市で200円。七宝に藤と牡丹の柄。…普通藤の柄の場合は房状に描くのに、これは花1個1個。

わかる人はすぐに藤とわかるが、まあ、一瞬では何の柄なんだかわかりかねる方が多かろうな

半衿は入学式コーデからずっと使いっぱなしでそろそろ洗いたい、藤が美しい刺繍もの。

イメージ 5

帯留めも藤。

で、この着物ってば柄も凄いが、謎が多い。

イメージ 6

下前を見ると、このように落款がある…

イメージ 7

―――――――ように見えて無記名!!(爆)…なんでしょうか、ここにお子様用品のように記名せよ、ってスペースなのかしら(笑)

イメージ 8

1つ紋が入ってますが、これ、洒落紋っぽい?なんだか踊りの流派のようなんだが…このように載せるときっと明確な回答がコメント欄に来るであろう…(笑)

イメージ 9

そして、本日の我が家の藤。満開でございます。多分、今日が一番美しい状態。

―――――ってことでこのコーデを本日着なくては…

     いつも 応援の1クリックイメージ 6ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからはをクリックすると飛べます

この記事に

開く コメント(19)

開く トラックバック(0)

―――――――我が家の藤が見頃を迎えてしまいましたが、まだ桜コーデの着姿のアップすら始まってませんよ

ちゅーわけでなんだかバタバタ感がありますがどんどんご紹介。


この日は午前中は卒園を祝う会だったので着物で幼稚園に行き、『…せっかく顔描いてやったしな…』と化粧した顔を有効活用すべく、午後からは川口市の安行桜を見に行ったのでございました。

場所は毎年お馴染みの『密蔵院』。

イメージ 1
イメージ 2

ソメイヨシノよりピンク色が濃く、早咲きで長く咲く安行桜。大体春のお彼岸頃が見頃でございましょうか。

去年だったかおととしだったか、慌てて見に行ったらフライング気味であまり咲いてなかったので、『どうせソメイヨシノよりは長く咲いてるし…』とのんびりしていたら、今年は既に見頃を過ぎてしまっていた

なのでお客も少なめ。

イメージ 3

―――――――このコーデは横溝テイストを期待されたが、残念。普通の画像でございますな。…先日の本栖湖のようにコーデそのものが全然横溝でもないのに、突如発動するのが横溝画像でございます…

イメージ 4

つまみ細工を作り始めの初期の頃の作品で、雑も雑な作りな割には毎年桜コーデでがっつり使う、自作のつまみ細工。今年はダイソー長いタッセルを付けてみた。―――――そしたら寺の屋根と色がコラボ(笑)

イメージ 5

足元は頂きものの桜柄に黒猫の足袋靴下&桜柄刺繍鼻緒のウレタン草履。…この花びらの吹き溜まり加減が見頃を過ぎたことを物語る。

イメージ 6

――――――――相変わらず気色悪い、参道の腰掛け(笑)…犬、猫、亀などの生き物が2匹1組で座面を支えているデザインなのに、なぜ山羊だけがこのようなデザインに…

イメージ 7

―――――――思わずパノラマ的にトリミングして披露したくなる気持ち悪さです(笑)



…この後、『ちゃくちゃくちゃく南中野』へと走り、小物類を買い、小僧が誰かがとっ散らかしたままだったキッズスペースを片付けている(家の中はめちゃくちゃ散らかす癖に、なぜか外ではきちんと片付けたがる。やっぱりまさお君か。)間、携帯をチェックしたら、そこにはたまさんから『上尾なう』なメールが入っていたのだった。

で、向かいの『オフハウス』でたまさんご夫妻が到着するのを待ち、昨日のコーデに登場の銘仙羽織の伝言ゲームにつながるのでございます…

        いつも 応援の1クリックイメージ 6ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからはをクリックすると飛べます

この記事に

開く コメント(18)

開く トラックバック(0)

全535ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事