●着物と猫とカネコ系●

変な女がキテレツな格好で妙な地下活動を行っているブログです。…真面目な人は読まんで下さい。頼むよ、ホント…

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全580ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


今年の成人式の悲劇、『はれのひ』の被害に遭われた方へ、横浜市からのお知らせだそうです。

企業、団体からの善意の申し出一覧です。

是非、ご参考になってくださいませ。

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

犬張り子

イメージ 1

Yahooブログは訪問者数に応じてTポイントに還元されるのですが、現在、その還元されたポイントが熊本地震関連募金、及びその他の災害募金へと寄付できるようになっています。

なので日々の還元されたポイントは寄付しております。

皆さまの訪問が被災地へのほんの小さな一助にもなります。訪問してくださりありがとうございます。


この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

―――――――雪っ!!!…本当に本格的に雪が降っておりましてよ。小僧はちゃんと生きて帰ってくるのかしら


さて、浦和の骨董市の記事の後に再びお買い物記事なので『んまあ、短期間でまた買って…』と思われるかも知れんが、骨董市からは1ヶ月くらい経過しております〜

ちと久々に『ちゃくちゃくちゃく南中野』からの『メガトンマーケット上尾』、及び近場のイオンの中の謎のうらぶれたリサイクルショップと定点観測なお店巡りでございます。

まず『ちゃくちゃくちゃく南中野』ですが、着物半額デーの10日に出向くものの、『…買うものはない!!』という常連のおばちゃんの宣言に激しく同意なワタクシであった。

またちょっと品揃えが微妙な時期に突入ですかねえ。

なのでメガトンマーケット上尾に向かう。

イメージ 1

前回来たのっていつだったかしら…その時は営業時間変更の貼り紙は小さかったはずなんですよ。

やっぱりたまさんのように改装前と同じ閉店時間と信じてやってくる者が後を絶たぬのでありましょう。閉店時間は19時となっております。お間違いなく。

イメージ 2

久々に来てみれば、そこそこアンティークのいいのが入っておりました。画像の朝顔の絽はすんごく目立つシミさえなければ欲しかったもの。

んで、買ってきたものがこちら。

イメージ 3

赤地に梅と菊の柄の着物、540円。赤でもシックな赤なので大人でも大丈夫。

梅の柄が多いのでこれから使える着物ですわ。

イメージ 4

ワタクシ、思わず小躍りしたくなりましてよ、な紫陽花の柄のジョーゼットの着物。

…紫陽花柄ってばなぜか暖色系のものが多くって、そりゃ勿論ブルー系もございますが、それは皆さんが狙うのでヤフオク等でも高値になるのです… だから暖色系の紫陽花柄しか手持ちになく、このような紫陽花柄のアンティークに憧れていたのでございます。シミ汚れ等もございますが致命的ではないので540円なら買い!!

…しかし、妙に枝ぶりと花の咲き具合がまばらなのが『……まさか、秋海棠なんじゃね?』の不安を掻き立てる。

イメージ 5

――――――――多分、秋海棠だと思われます…

でも紫陽花コーデで紫陽花ものと一緒に使えば紫陽花にしか見えないはずだわ!!剪定を怠ってひょろひょろになりすぎた紫陽花。そのようなことにしておく。

イメージ 6

横向き矢羽根の柄の帯もあった。よく見りゃ龍の顔も混入している(笑)

うーん、しかしこの帯ってばこの画像でもわかるんだけど、お太鼓真ん中に縦の折り線付いてて筋汚れになってるのよねえ。お太鼓幅も狭い。

……半分にぶった切って『羽織ありきの半幅』としてU-カリンさんにも山分けした方がいいかしら。

イメージ 9

―――――――久々にオバチャンホンポ(笑)…ついつい健在かどうか確かめてしまう。

オバチャンホンポの近くにある『ちゃくちゃくちゃく上尾』店にも行きましたが、特に買うべきものはありませんでしたわ〜


お次は近場のイオンの中にある、場末ちっくな謎のリサイクルショップ。 500円ワゴンコーナーの中に極たまに掘り出しものが入っているので、階下のセリアに用がある時だけ(笑)ついでに覗くのでございます。

イメージ 7

絽の、ひまわり柄ですな。…これまたどうしてアンティークのひまわり柄は、ひまわりらしからぬ色ばっかりなんだか…あ、でもひまわりってこんな蕾じゃないな。菊なのかしら、これ…

ビニール袋にパッキングされてて肝心の前帯部分が確認できず賭けではあったが、前帯は綺麗だったのでセーフ。お太鼓はこのように若干薄汚れてますよ(笑)

イメージ 8

なので一番目立つ汚れ部分に上から柄を描き足してみた。…まだわかるけど、柄があれば少しは…

夏までにこの帯の存在を覚えていればいいんだが(笑)

イメージ 7
                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからはをクリックすると飛べます

 

この記事に

開く コメント(16)[NEW]

開く トラックバック(0)

源氏車コーデ、再び。

―――――――ワタクシ、齢44にして初めてアイススケートをやりましたよ!!…夏場通い詰めたプールが冬場、アイススケートリンクになる。

一家全員初挑戦というとんでもない有様ですが、ワタクシ、筋がよかったようで30分くらいで普通に滑れるようになった…

そうなると夫と子供を見捨てて一人で滑りに行きたいところですが、小僧が『お母さんは一番後ろ!!俺を抜かしちゃダメ!!』とヒステリックにキレ、その小僧は延々フェンスにしがみついたままリンクを歩く。…滑るのではなく、歩く。

ちなみに小僧の靴はお子様用の2枚歯のものなので安定感抜群なんですのよ、奥さん。普通にしてりゃまず転ばない。

しかしその靴ですら小僧はキレてぎゃあぎゃあ騒いでいたのに、1枚歯の滑りやすい靴で見たところ3歳以下の女児が、何回も何回もどたどたすっ転ぶのに泣きもせず騒ぎもせず、黙々と果敢にチャレンジし続ける様に感動を覚えたね。横で見ていて絶対に起き上がるのに手を貸さないパパも凄いと思った。

そして冴えない爺さんが突如華麗に滑り出したりとか、アイススケート場に繰り広げられる人間模様もまた楽し。

―――――あんだけぎゃあぎゃあ騒いでいたのに小僧は『楽しかった。また行く』だそうな…よくわからぬヤツよのう。


さて、再び源氏車なコーデ。――――――車イベントに行っただよ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

11月の東京モーターショーの時にも源氏車コーデで行きましたが、今度は改造車のイベント『東京オートサロン』っちゅーもんに行ったですよ。

12月の骨董アンティークフェアで3000円で手に入れた源氏車羽織も早速投入。

着物はかなり昔にヤフオクで7000円近くまで戦った矢羽根に源氏車の派手系アンティーク着物。

帯は骨董アンティークフェアで500円の牡丹に源氏車の柄。…見渡すと、結構源氏車柄が混入している帯が手持ちに多い…

イメージ 5

帯留めはてんてんさんからの頂きものの陶器製の御所車に松。

――――――半衿は源氏車のものがないので、『チェッカーフラッグってことで』と黒白市松の端切れ。

小物系はターコイズにしてみました。


イメージ 7
                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからはをクリックすると飛べます

 

この記事に

開く コメント(23)[NEW]

開く トラックバック(0)

―――――――業務スーパーの一リットル牛乳パック入りスウィーツ、今が買い時ですよ奥さん。

…冬で寒いと常に品揃えが豊富(爆) 夏に買えなかった貴女、今なら買い放題ですわ。あ、でも『ソフトクリームのもと』は見かけなかったかな。あれはやっぱり季節商品なのかしら。水ようかんは健在ですが。


さて、こちらもなんだか寒々しいコーデ…

冬休み中に小僧を『しながわ水族館』に連れていこうと思い立ちましてね。

場所が大森海岸なので、まあ、海岸風味といいますか潮の香りのする感じのコーデにしてみたわけです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

…千鳥柄は夏の柄、と思い込んでいたら、たまさんは『えええ!?てっきり冬の柄だと思っていたよ!!』とのこと。

『千鳥』は冬の季語だそうで。…俳句の世界では。着物業界では専ら夏に出てくるのが千鳥ですわな。

ですがこのように千鳥柄の羽織もあるのです。メガトンマーケット上尾で540円。

ご覧のようにすんごく地味なので購入をためらったのですが、千鳥ちゃんが可愛くて見逃せなかった…

んがやっぱり地味なので、買ったはいいけど着ないまま幾星霜なパターンかも、とこのたび強引にコーデに盛り込んでみました。

着物は今は亡き川越の『栄屋』さんにて3000円だった、唐草柄の絞り。何となく波をイメージ。

イメージ 5

帯は着物にハマりたての頃にオフハウスで買った、青海波柄の作り帯。2000円もした。

金色だけなのでアンティークにハマってからはこの帯も処分対象だったのだが、今の今まで生き残り、逆に今となっては『シンプルで、でも金色で華やかさもあるから割と使えるんじゃね?』の扱いになった(笑)

帯留めは縞瑪瑙の鯉なんだか何なんだかわからぬ魚。タンタンさんからの頂きもの。

イメージ 6

金具がとにかく狭くって手持ちの帯締めは通らないので、このようにゴムを通しております。

イメージ 7

この状態で固定されております。

イメージ 8

縞瑪瑙と同じ色なので一見同化してわかりません(笑)

イメージ 9

半衿は100均の青海波柄手ぬぐい。…この爽やかなブルーが寒々しさが増す原因に。

イメージ 10

しかし羽織がないと寒々しいコーデではない。このコーデに紺の無地場の多い羽織が来ると一挙に寒々しくなるのだ

以前から『紺は難しい…』とブツブツ言ってるんですが、紺って本当に地味に転びやすいんですよねー

この羽織だって黒地であれば、妙にちゃんとしたコーデになっていたに違いない。そして寒々しくもなかったであろう。


―――――――そしてこのコーデで行ったしながわ水族館は、強風吹き荒れてそれはそれは寒かったのだった…



イメージ 7
                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからはをクリックすると飛べます

 

この記事に

開く コメント(20)[NEW]

開く トラックバック(0)

全580ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事