ここから本文です
●着物と猫とカネコ系●
変な女がキテレツな格好で妙な地下活動を行っているブログです。…真面目な人は読まんで下さい。頼むよ、ホント…

書庫全体表示

記事検索
検索

全645ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

――――――…やっとこさ録画の『本年の山本さん』こと悲劇のマグロ漁師、山本さんの活躍を見ましたわー(笑)

今年は山本さんたら3本もマグロ捕っちゃうんだもの。…山本さんらしくないったら(笑)

しかし電気ショッカーはここぞという場面でぶっ壊れてるし、ぶら下げたマグロにぶん殴られてるし、相変わらずの安定のすっとこどっこいぶりでございます。

去年飼い始めた猫のピコ太郎が大きくなってて元気でよかったですわ。


で、山本さん見ながら組んでいたのがこちら。

イメージ 1

前作のひなまつり用帯締めと組み方は同じ。でも糸が綿レース糸になって2色使いにしたら雰囲気がまるで違います。

糸の配置によって矢羽根柄が出る組み方なのです。

イメージ 2

ざっくりとした組目の大きい組み方なので、太めのレース糸と相性がいいような気がします。

色んな配色で作っても楽しいかと〜

イメージ 9

 にほんブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ ←アンティーク着物

この記事に

開くトラックバック(0)

――――――ソメイヨシノではないんだろうけど、似た感じでちょっと白っぽい桜がもう咲いてるんです、奥さん

毎年のその桜はソメイヨシノより1週くらい早く咲き始める…

のでソメイヨシノだってもうそろそろ開花じゃございませんか。

梅コーデでまごついてる場合ではないのでございました


てな訳で、今年の梅コーデのラストです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

――――――あはははは、冬の色彩で御免なすって(笑)

基本的に梅柄のものってば、手持ちには冬の色彩、濃いめのものしかないんですもの〜

…ワタクシの着物コーデ、本格的に春が訪れるのは桜コーデからですわ。

着物は骨董アンティークフェアで5000円もした(笑)…案外梅だけで大きな柄って少ないので、毎年梅コーデで使って元を取ってやる、と頑張って購入です。

羽織はヤフオク。これも5000円近くになったのかな。矢羽根に人参の飾り切りみたいな梅柄が入っているもの。

派手ですが割と優秀なので結構出番が多い羽織です。

帯は『ちゃくちゃくちゃく南中野』にて150円だったか210円だったか。紅梅に松の柄です。

イメージ 5

帯留めは100均のガラスの箸置き。羽織紐も梅柄のトンボ柄。

帯締めは100均レース糸で自作の赤黒螺旋柄の四つ組。

イメージ 8

半衿はしだれ梅の刺繍もの。

イメージ 6

イメージ 7

羽織なしバージョン。羽織がないとぐっと大人っぽいコーデです。


イメージ 9

 にほんブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ ←アンティーク着物




この記事に

開くトラックバック(0)

――――――ひなまつりも終わったので、次は鯉のぼり。もう100均は鯉のぼりアイテムが揃っておりますね。

…イースターものもそこそこありますが、ハロウィンものみたいな年々倍々で増えるって感じではなさそう。やっぱりイースターって『で、なんなの?』な感じだからさ。ハロウィンは『仮装』で定着したけど。

んで、ダイソーの端午の節句もの。絵手ぬぐいを発見。

イメージ 1

こっちのカラフルバージョンと、赤一色、青一色染めのものがありました。…やっぱりより派手な方を選ぶであろう(笑)

イメージ 2

この状態で洗濯ばさみでぶら下げて干しとけば、そのまま鯉のぼりになるんじゃないのかって出来(笑)

パンチが効いております。

イメージ 3

お太鼓のように折り畳んでみた(笑)

これだけでもちゃんと鯉のぼりの鯉だとわかる。

イメージ 4

半分に折って半幅状態にするとまさにもう鯉のぼり(笑)

あ、でも鱗部分が見えるとこに巻くと、サイケな青海波に見えましてよ(笑)

ちゅー訳で、一応タペストリーとして2枚買ったが、妙な帯作るためにもっと買い足そうかな〜とか思っております(笑)

イメージ 9

 にほんブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ ←アンティーク着物


この記事に

開くトラックバック(0)

――――――みたらしさんと昨日大捕り物をしましてね。がっつり噛まれましたのよ、奥さん

猫の噛み傷は侮れないので、どのみちリウマチ薬貰いに整形外科に行かねばならんとこだったので病院行ってみたらば『明日になって腫れががさらにひどくなってたら点滴』とか言われましてよ

どんだけ大事なんやねん…いや、昨日と同じくらい腫れてるけど昨日よりは動かしやすくなってるからそれほど大事じゃないと思うんだがな。

そしてみたらしさんはあっしの姿を見るとダッシュで逃げるお方になり、でもおだん様とは親しく夜中に一緒に暴れているという始末ですわ(笑)

…まあ、猫同士が仲良くなってるのなら文句はないよ…


さて、梅コーデが続きます。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

浦和の骨董市で買った色んな花が入っている着物。えーっと2000円だったかな。

当時ごっそり市場からアンティークのよさげな染めのものが消えてた時期で、この柄でこのお値段は破格だったのでした。

しかし色んな花が入ってる柄というのは結局使いやすいようで使いにくいのです、私の場合。

以前牡丹コーデで使ってみましたが、そうすると牡丹よりも梅柄の方が目立ってしまって微妙であった

なので今度着る時は梅コーデだな、と寝かせていたわけです。

やっぱり顔周りに梅柄が集中してる分だけ梅コーデ向きでしたね。

羽織があると尚更梅感が強くなります。

羽織も浦和の骨董市で、奇しくもこの着物買ったお店でこの羽織も買ってますわ。これも2000円くらいだったのかな。

オペラピンク地に大きな梅柄の絞り。

帯は今は亡き『百彩』さんにて1000円。

イメージ 5

半衿は毎年必ず登場の、ひめ吉さんちの『梅とメジロ』柄。

白梅バージョンのものも欲しいでございます。

イメージ 6

帯留めは裏がシール式になってる『貼れる縮緬』として売られていた布の中から梅柄部分をピックアップして作ったもの。

羽織紐は梅柄のとんぼ玉で自作。

…このとんぼ玉、ひびが入ってるので新しい梅柄とんぼ玉探してるんだけど、10年くらい前はいっぱい骨董市で売ってたのに今はぱったり売ってないのよねえ

見つけても柄のバリエーションが少ない。

帯揚げ、帯締めは羽織の色彩から合わせてみました。

イメージ 7

イメージ 8

羽織なしバージョン。…ほら、やっぱり着物が何の柄がメインなんだか、って感じでございましょう?

牡丹、南天、桐、梅、椿が入ってますが、一番しっくりくるのが梅コーデかなあ、という感じです。

イメージ 9

 にほんブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ ←アンティーク着物


この記事に

開くトラックバック(0)

―――――――スマホが使えるようになって真っ先にしたのは、『ちゃくちゃくちゃく』の会員登録(笑)…そりゃ大事でしょうよ、奥さん。

さて、もうどんどん冬な色彩のコーデを消化していかなくてはなりません。

てな訳でこちらのコーデを着たですよ。

イメージ 1

…着姿3つ並べたら、変なコーデはやっぱり変に見えますな、迫力で(笑)

うーん、トルソー画像だと羽織ありの方が落ち着いた印象だったんだけど、実際着て自然光撮影してみれば、羽織の柄と色が際立って帰って羽織コーデの方が派手に感じる

付け毛の位置がちと低すぎました。と云うか色も合ってないんだけどさ。

付け毛と地毛の色がばっちり合うことは少ないです。

イメージ 2

足元は100均ダイソーの梅柄足袋靴下&3cm踵カレンブロッソ。

イメージ 3

かんざしは梅のつまみ細工。大昔に買った市販品。

2000円くらいだったような気がするんだが、シンプルな柄のこの色の組み合わせが割と色んな着物に使いやすくてヘビロテしております。

イメージ 9

 にほんブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ ←アンティーク着物



この記事に

開くトラックバック(0)

全645ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事