ここから本文です
●着物と猫とカネコ系●
変な女がキテレツな格好で妙な地下活動を行っているブログです。…真面目な人は読まんで下さい。頼むよ、ホント…

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

――――――頂いた組紐道具一式、自分のものばっかり作るだけでは罰が当たるので社会に還元しようコーナーの、人様からの頼まれもの100均レース糸による帯締め作りでございます(笑)

たまさんからレース糸を預かっておりまして、『黄色×白でどんな組み方でもいいです』とのことだったんで、私もまったくどんな柄になるんだか想像できない状態で組み始めたのでございます。

イメージ 1

組紐レシピ本には数パターン、この糸の配置だとこのような柄になるって見本がございましたが、こちらは自分で勝手に並べた半分黄色、半分白の配置なので、もうどんな柄が組み上がって来るのかわかりません。…こーゆーのも組紐の醍醐味でしょうか。

レシピ本にも『たまたま組み間違いで出来上がった柄』とかありますもん(笑)

で、組んでみたらばこうなった。

イメージ 2

―――――うーん、矢羽根崩れの市松配置??ってところか。

イメージ 3

で、なぜかどんどん柄が変わっていくのがおわかりかしら?

別に組み間違って目を飛ばしたとかじゃないんですよー

白と黄色の組み合わせなのでほとんどわかりませんが、白に黒とかのくっきり色合わせだと、柄がどんどん少しずつ変わってるのがわかるかも。

画像だと優しい黄色に見えますが、実物はかなりレモンイエロー寄りの強い印象で、黄色単体だとすっごく強烈ですが、白とまんべんなく交互に配置されることによってかなりマイルドな使いやすい印象になりました。

ほぼ三分紐の幅なので、夏向き帯締めとしても帯留め用としても活用しやすいかと。


――――――色指定だけで柄指定をしないと、このように実験台にされるのでございます(笑)

たまさーん、こんなんなったけどいかが〜?(笑)

イメージ 9

 にほんブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ ←アンティーク着物


開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事