ここから本文です
●着物と猫とカネコ系●
変な女がキテレツな格好で妙な地下活動を行っているブログです。…真面目な人は読まんで下さい。頼むよ、ホント…

書庫着物でお出かけ

記事検索
検索

全159ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

――――――令和元年の元旦?あけましておめでとうございます。

…昨日の『コボちゃん』でおじいさんがコボちゃんたちにお年玉をあげたい雰囲気になっているのも何となくわかる(笑)

そして本日のコボちゃんではおばあさんが『買った万葉集読んでない』と各家庭あるあるを披露しております。

イメージ 1

小僧による作品。…小3には慶応の字は難しい。つーか昭の字だって連休直前に習ったしな。

習字で書かせようかと思ったが、うちには半紙も墨汁もなかった…

さて、今年の梅コーデの中の『その2』コーデ、着そびれ続けているうちに梅も終わり桜も終わり牡丹も終わり…

『もういっそ令和の初日に着てみたら如何か。梅にちなむ令和なのだし』と亜雅紗さんからのご提案。

…まさか5月の頭まで着そびれ続けるとは思いませんでしたが、予想外に今年の連休は寒いので袷が着られるのです。

普通は夏日で単衣。

おかげさまで本当に、着そびれ続けた日陰者な梅コーデが改元コーデとなりましてございます。

イメージ 2

…まあ、お太鼓の柄で目立つのは牡丹で、コーデ全体としてもほぼ梅の気配が薄いので、『今頃梅かよ…』な気分は起きませんでしたが。

イメージ 3

足元は100均の梅柄足袋靴下。短い丈なので昔存在していたらしい『3枚こはぜ』の足袋のようでしょうか。そして毎度お馴染み3cm踵カレンブロッソ。

イメージ 4

青い紅葉が季節を語る。髪飾りは市販品のつまみ細工梅かんざし。


明治神宮の御朱印求める人の行列が9時間待ちだそうですし、本日はあちこちで日付入りアイテム求めて右往左往する人々が多いんでしょうな。

イメージ 9

 にほんブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ ←アンティーク着物



――――――さて、1年ぶりの浦和の骨董市に行く前に、毎年牡丹コーデを撮りに行くいつもの寺へと向かったのでございます。

イメージ 1

満開の時期は滅多にないくらい人がいっぱいの寺ですが、人がほぼいない…ってことはもう見頃が終わってるのです…

牡丹の花の命はせいぜい3日ですからねえ、綺麗なのは。

雨降ったりすると花びらが一気に落ちます。

イメージ 2

この日は朝方に結構雨が降っていたので、ご覧のように花びらが落ちてるもの多数。

イメージ 7

いつも牡丹より遅れて咲く藤が満開だったので、やっぱり今年は出遅れたのでございましょう。

一番撮りやすくて綺麗な駐車場の牡丹も、まあ、こんな感じでした。

イメージ 3

画像だと綺麗に見えるんですけどねー…もう花びらがしおしお

…10年以上ぶりにこの羽織を突如羽織ってみたらば、乳の位置が高いのだった…

やっぱりコーデは事前に計画的に。

イメージ 4

イメージ 5

人絹の繻子で滑りやすい上に、腕がよく回らず、お太鼓が崩れても直せないワタクシ…ああ、羽織があってよかった。

イメージ 6

足元は牡丹が目立つ百花柄の足袋靴下&3cm踵カレンブロッソ。

イメージ 8

髪飾りは100均の芍薬の造花。

イメージ 9

――――――藤の前の方が写りがいいような気がする…背後に卒塔婆写ってるけど(笑)

イメージ 9

 にほんブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ ←アンティーク着物

――――――事件よ、奥さん!!うちの藤が盗まれましたの!!

いや、先日満開の藤の画像をお届けしたばっかりでしたが、それからどんどん開花が進み花色も奮わなくなってきたので『うーん、じゃ、花が終わるまで通りから見えるとこに飾ろうかねえ』と鉢を移動させたんですわ。

しかしうちにきて11年の間に妙な形に木が育っておりまして、花が付くと重みでひっくり返り、何かに寄りかけるか引っ掛けておかないと倒れる有様。

なので隣のプランターに引っ掛けるような形で置いておいたんですわ。

ちなみに通りに面した門の上ですが、通りを歩く人の頭の位置くらいですよ。

で、置いたのが日曜の夕方。昨日の夜まではあった。

―――――本日、姿を消していた(笑)

…それほど重くはないけどアンバランスで巨大な枝ぶりの鉢、頭の高さからよくぞ持ち去ったなあ

いや、『欲しいなー』と思う気持ちはとても理解できるのよ。

だってあっしも藤を手に入れる前までは鉢植えでいっぱい咲いてる藤がある家を羨んでましたもの。

藤棚は大変だが、見ごたえのある鉢物の藤。いいじゃございませんか。まあ、窃盗罪に手を染めてまで欲しがるほどのものではないと思うが。

―――――しかし毎年綺麗に咲く保証が一切ないのが藤(爆)

うちの藤だって11年もうちにいて、結局咲いたのは3回だけ。

それ以外の大半の年は『咲かぬ藤』として邪険に扱われて過ごしていたのでございます。

なので持ち去った人も、おそらくそーゆー犯行に及ぶのは年配の男性だと思うが『こんだけ大きな鉢で今咲いてるのだから来年以降も綺麗に咲くに違いない』と思っていることだろう。

――――――…今年から咲かぬ藤と闘うがいい(爆)

藤は咲いてる時以外は基本、邪魔なだけなんだ(笑)特に見ごたえがあるような大きな鉢になればなるほど。

ちゅー訳で、鉢は盗まれはしましたが、咲かぬ藤と闘った11年のノウハウ?は頭の中にある。

また来年、小さな鉢を買ってきて、樹形に気を付けながら大きく育てていこうと思いますわ。

ちなみに今回盗まれた鉢は11年前に500円で買った鉢。

犯罪に手を染めてまで見染めてくれる人がいるほどの鉢に育って、そりゃ盗まれはしたが若干悪い気のしないワタクシ。

でも『盗んだ鉢』を傍らに置いて、その人幸せなんだろうか。

…てゆーかさー、この鉢の存在に気が付いて窃盗にまで及ぶとなると、普段からうちの前を歩いていて、どの時間帯が人通りがないかを知ってる地元民なわけですよ。

その人はもちろん今後もうちの前を歩いているのだろうから、うちの前通るたびになんだか常にビクビクするんではないのか。

人生の黄昏時にそんなことすると、あの世での裁きがきつくなるんでは?(笑)

なんだか犯人が気の毒になって来たのでございました。

―――――まあ、犯人には咲かぬ藤と闘うという罰が来年から待っている(笑)


さて、記事本文です。

イメージ 1

桜コーデを撮りに今年は良く通ったが、今度は菜の花コーデを撮りに再び行った、『見晴公園』前の菜の花畑です。

もう背後の桜並木はほぼ散っており、そして菜の花もどんどん育って間延びした感があります。

イメージ 2

もうかなり種が付いてるので花も終盤。

イメージ 3

アングル次第ではこのように綺麗ですが。

イメージ 4

イメージ 5

…えーっと今まで菜の花コーデには黄色の入った着物を合わせてきましたが、この着物ほど菜の花の黄色と負けてないものはないような気が。

負けてないけど同化もしてない。だけど喧嘩するわけでもない。

今までの歴代の菜の花コーデの中で一番しっくり来るかも〜(笑)

実物の着物はかなりの強烈な色なのですが、不思議なこともあるものよ。

イメージ 6

横溝…ってほどでもないか。でも何か企んでる感じの画像が(笑)

イメージ 7

足元はからし色ベースの矢羽根柄足袋靴下&3cm踵カレンブロッソ。

イメージ 8

髪飾りは自作の菜の花つまみ細工。

イメージ 9

ソメイヨシノは終わって、八重桜が満開でした。

イメージ 9

 にほんブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ ←アンティーク着物



――――――考えたらば、端午の節句も間近だったのでした…大急ぎでひめ吉さんちの新作『兜柄』を注文したですよ、奥さん。


さて、今年は異様なまでに桜の開花時期が長くて、おかげさまで予定外に桜コーデが増えてしまいましたが、それすらも余裕で着終われたのでした。…梅コーデは終わってないのに(しつこい)。

イメージ 1

向かった先は、桜コーデで今年は通いっぱなし、のさいたま市の『市民の森』なり。

ソメイヨシノも散りかけともなると、花見客もぐっと減る平日。

常連の散歩人とかしかいない様子でした。

で、この画像の不思議。

お分かりになります?

イメージ 2

隣り合ってる木なのに、一方はほぼ散ってるのに対し、もう1本は満開。同じソメイヨシノです。

たかが5mくらいしか樹間は離れてないんですよ。

特にその差で日当たりが違うと云うわけでもなさそうなのに。

まあ一斉に咲いて一斉に散るよりは、日をずらして満開になって撮影スポットを長く提供してくれる方がありがたいですが(笑)

イメージ 3

枝が割と低くなってて大変撮影向きと申せましょう。…まあ、この着物だと見事に同化しておりますがね、桜と。

イメージ 4

イメージ 5

先日も撮ったしだれ桜の方が、まだ色が濃いピンクなのでギリギリ同化は免れております。

で、このコーデってば、遠目だとどこが桜コーデなんだかさっぱりですが、やはり今回も帯揚げがいい仕事をして、帯揚げのピンクで『ああ、桜のイメージなのね』とわかります。

―――――今年の桜コーデによる発見。『帯揚げは偉大だ』に尽きますな。

イメージ 6

足元は、再び来年まで封印される桜柄足袋&カレンブロッソばっかり履いてる場合じゃないよ、の桜柄鼻緒のウレタン草履。

イメージ 7

髪飾りはとことんヘビロテな自作の桜つまみ細工。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

ソメイヨシノは終わっても、遅れて咲くしだれ桜やヤマザクラ。

八重桜もこれから見頃になりそうです。

ああ、桜コーデが終わって残念。―――――着終わってない梅コーデでも桜の前で撮ってやろうかしら(笑)


で、桜が終われば息つく間もなく藤コーデ、牡丹コーデが次々襲ってくる5月の頭がやって来るのでありました…

イメージ 9

 にほんブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ ←アンティーク着物


――――――さすがにもう桜も終わりでございますかね。本当に今年の桜は長うございました。

おかげさまで梅コーデが着終わっていない(しつこい)ワタクシですが、その4まであった桜コーデ、無事に着終わりました。

…で、油断してる隙に既にうちの庭の藤は咲いてるんだけど

イメージ 1

1週前にはまだ奥のソメイヨシノは6分咲きでしたが、この日には既に満開になってました。…そしてどんどん菜の花が育ってるような気がする…

イメージ 2

毎年撮ってる橋のとこの桜、ここは日陰なのでようやく満開になった感じでした。

イメージ 3

ここは本当にいつ撮っても絵になります。…って桜の時にしか来やしないんだけど。

しかしこのコーデはしだれ桜なのでねえ。

イメージ 4

先週はまだほとんど咲いてなかった八重のしだれ桜の前で撮りたいと思います。

イメージ 5

イメージ 6

こちらはソメイヨシノが終わりかけの頃に満開になるので、花見客も減っててちょうどいいんですのよ。

イメージ 7

イメージ 8

この土日までなら綺麗な状態だと思われます。

イメージ 9

足元はかれこれ10年以上ヘビロテしてるのでいい加減生地が擦り切れてきた桜柄足袋&3cm踵カレンブロッソ。

イメージ 10

髪飾りは、手が込んでて絶対自分じゃ作れないよ、なヤフオクで入手の桜のつまみ細工。

イメージ 9

 にほんブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ ←アンティーク着物





全159ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事