ヤクザのシノギ−荒稼ぎの手口

シノギの手口、伝説のヤクザ達、暴力団関連コラム、ヤクザ用語大辞典etc.

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

美人局の実態

HP【ヤクザのシノギ】 http://893893.jp/


 映画「ミンボーの女」を見た人は少なくはないと思うが、そこに描かれていたしのぎの方法は、やくざが行なわれているごく一般的なシノギの方法であると言われている。
 その方法が美人局であるという噂だ。けっして「びじんきょく」なんて読まないで下さいね。この美人局はホテルで行なわれる場合が多いようです。 それも限られたランクのホテルを利用しているらしいのです。一般的に一流ホテルを使用するのかな〜?なんて思ってしまいますが、一流のところは警戒心が強いので二流か三流くらいのホテルで美人局は行なわれるという話しなのです。狙われる相手はどんな人かというと主にそのホテルに働いている従業員さんが彼らの獲物になるという噂である。とくに狙われるのがルーム係りということらしい。
 まず、美人局の手口としてはめっぽう美人な女を一人でホテルに泊まらせるんですね。それもなにか訳ありそうな雰囲気をかもし出しているような演技をその美人の女性にしてもらうこともあるんですって。狙う相手の名札であらかじめ氏名をチェックしておくそうです。
 そしてお目当てのルーム係りを指名してルームサービスを頼みます。前もってルーム係りが何時までの勤務か尋ねておくとベストのようですよ。勤務終了間際にルームサービスを依頼してお目当ての彼を呼びます。
 そのときは何事もなく彼は仕事を果たすわけですが、やくざに使われていた美人客がルーム係りに「何時に終わるのか?」尋ねてその後、彼が仕事から解放されたら一緒に部屋で飲もうと誘うところから実行が移されると言われています。まんまとルーム係りの彼がノコノコ美人客の部屋に来た時にはほぼ成功したも同然だそうです!あとは獲物となる男と一緒に飲んで色気攻めで彼をその気にさせるらしい。
 その気になった彼をシャワーに浴びてもらう。獲物がシャワーを浴びている時にやくざに美人の女が電話を入れてアウト!になるらしいですよ。
 女の部屋に入ってその気になったルーム係り!そこに女からの電話連絡がやくざのもとへ入りやくざが室内に入って事を荒立てることとなるらしい。ホテル側におとしまいをつけてもらうということらしいのです。
 ホテルを管轄しているクレーム処理的な機関である「観光課に連絡する」!と述べればホテル側としてはすごく困ってしまうという噂です。観光課に連絡をしてことを大きくすることによってホテルの営業許可書が取り消されるとそのホテルの寿命は消えてしまうそうです。
 それはホテル側として絶対避けたいことである。なので表面化しないようにお金で事件を解決していく道をホテル側は選ぶということになるらしい。これで美人局側は大成功となるという話です。
 しかし、世の男すべてが簡単に女性の誘いに乗るわけではないのも事実ですよね!なかにはすごく真面目な男性従業員もいる。そんな真面目な従業員には違う手段で罠をしかけるそうである。
 要は、どんな人でも一人の女性の部屋の中に入るように仕向ければいいという話である。真面目な従業員の場合は、訳有り女を演じるそうである。たとえば「自殺願望」ありあり女を演じるのである。あえて部屋の予約時点で最上階のあたりを予約するらしい。荷物も少ないほうが効果的ということである。荷物を運んでくれたルーム係りに「この部屋は窓が開くの?」とかって一言尋ねておくのもベストなのだそうだ。
 そしてにくい演出としてはあえて薬が入っている瓶をカバンから落としてそれをあわてて拾うと、もう従業員は心配でいっぱいになるということらしい。従業員が部屋から出たあと、やくざに電話を入れて「実行に移すこと」を告げると言われている。
 その後、やくざは廊下で待機するという噂である。それから、フロントに電話を入れて「水(その他飲み物)をいっぱい持ってきて欲しい」と電話を入れるそうです。たくさんの薬を持っていた訳ありそうなお客のことが心配ということもありだいたいが最初に応対したルーム係りが様子見で水を持ってきてくれるということです。
 もちろんその際には小細工も済ませておくという話です。オートロックは、かからないようにしておくのは鉄則らしい。水を持って室内に入ってきた従業員の前で苦しそうにして待っている(それもベッドの上で)あわてて従業員は心配して女の傍に近寄る。そこを見計らってやくざが室内に入ってきてアウトとなるのである。
  室内のベッドで苦しみもがいている女性に従業員は心配して近づいてくるわけだけれどもこの際に、やくざが部屋に飛び込んでくるタイミングが以外にも難しいらしいとか!まだ女性のところに近づいていないのに部屋に行っても「なに?」ということになるそうだし、遅すぎてもまずいそうなのである。いかにもジャストなときに入るのがポイントだそうである。
 この美人局はホテル以外でも行なわれているという話しだが大事を嫌うホテルが一番、美人局の場面としてはやりやすいそうだとか。

開く コメント(27)

開く トラックバック(17)

HP【ヤクザのシノギ】 http://893893.jp/


 ホテル側としてはたくさんのお客に利用してもらいたいものである。そしてホテる側の理想としては客室が満室になることを願っているのである。
  しかし現状は宿泊客だけでホテル経営が成り立っているわけでないということらしい。宿泊の充実も大事だがそれ以上に結婚式やディナーショーなどの運営のほうがお金になるらしい。結婚式自体も多大のお金が入ってくるわけだし、なによりも結婚式に招待されたお客たちが宿泊してくれるのがホテル側としてはありがたいのである。
  そこにやくざは付け込んでくるのである。にわか芸能プロダクションなるものを作って知り合いの本当に機能している芸能プロダクションにお願いして狙いを定めたホテルでそこの本当の芸能プロダクションの名の知れた有名な歌手を呼ぶのである。
  それで手はずはOKなのである。あとはディナーショーをホテルでとり行う訳であるが、ここで肝心なのがホテル側に支払う方法である。いっぱんに嫌われてる支払方法でもある手形支払いを用いるらしい。もちろん名前は信用のおける有名企業の名前を使わせてもらうという話しだ。あとは簡単である。支払い期日前に会社を倒産させてしまえば後の祭りとなってしまうから恐ろしい話である。
  でも、このシノギは思った以上にお金にはなっていないという噂である。本物の有名芸能人などへの支払いやらなんやらで手元にはあまり残らないそうだとか。
 地方のホテルで売れない歌手を呼びろくすっぽディナーショーの宣伝もしないでディナーショーを開催するそうだ。もちろんその際にはやくざ側もちゃんと支払いは現金でおこなっているという話しだ。
 そうすることによってホテル側はしっかりお金を払ってくれる大切な客として信用してくれるからである。
 しかし、最終的にはホテル側に支払われたお金は・・といういよりもそれ以上のお金がポケットに入るわけだからやくざ側としてはおいしいのである。いよいよディナーショーの始まり!結果はやくざが望んでいた通りになってしまうのである。お客がほとんど来なかったのである。お客がほとんど来なかったのを当然のことながらホテル側のせいにしてくるのである。困ったのはホテル側である。すぐにその場でお金の話に進めば事はここで終わってしまいやくざの懐が温かくなるのである。
 もし拒絶した場合いかにも右翼団体と分かる名刺を相手にちらつかせて脅すわけである。もしも右翼の宣伝カーで拡声器を使ってホテルの悪口でも言われるようなことでもあればホテル側としてはたまったものではないという事なのだ。
 それでも頑としてホテル側が強気の態度でい続けるのであれば、組の若い衆を毎日のようにホテルに出向かせロビーあたりでうろうろさせていればホテル側も参ってしまうそうだとか。落としまいについてだが相場100万からという噂である。
 売れない歌手を使ってディナーショーを行なう場合、もともと客の入りは良くないのである。
 しかしそこにサクラを使って偽物客を数十名入れておくそうだ。ディナーショーといえばホテルの飲食を頂くこともお客にしてみればたまらない楽しみの一つといえますね。その飲食中に一人・二人とサクラの客を帰らせていくのである。最終的にディナーショーが始まる頃には客はごくわずかと言うことになる。あとはこの結果について落としまいをつけてもらうという話である。
 ほかにもやくざの編み出した手口は普通の人がやらない手段をいっぱい使ってくるそうである。ある時にはたくさんのごきぶりを会場に放して大騒ぎを起こしたり、またあるときには多数のサクラに酢入り牛乳を飲ませてみないっせいに吐いてもらって保健所問題にまで発展させようとしたりいろいろな手口をつかってくるという噂である。
 要はホテル側に非があるように見せかければ良いのである。最後は狙われたホテル側がやくざにお金を支払うはめになるという話である。

開く コメント(2)

HP【ヤクザのシノギ】 http://893893.jp/ 


【待機】
 抗争が勃発し、事務所に詰めること。

【体をかわす】
 逃げるという行為がタブーのヤクザたちは、こういった言いかえを多用する。

【宅下げ】
 出所する際、刑務所から持ち出す私物。

【旅】
 逃亡。昔は凶状旅といった。

【タマポン】
 たまに「ポン」をいく。時々は覚せい剤を使うこと。

【チャイナ】
 不良中国人のこと。なんでこう呼ぶのか不明。

【懲役ボケ】
 ムショボケ。長い間独居に入ると、本当に言語障害になる。

【ちらし】
 義理回状。はがきなどを使って行われる冠婚葬祭の通知。または、破門・絶縁状。

【チンコロ】
 密告。

【手打ち】
 喧嘩の和解。以前は手打ち式をしたが、今はほとんどない。

【出入り】
 組織対組織の喧嘩。抗争。これに対して、「ゴロ」は個人的喧嘩というニュアンス。

【鉄砲玉】
 ヒットマンの意。相手をかき回すヤクネタ、乱暴者という意味もある。

【テラ】
 寺銭。博打場開帳者取る金。

【デコ】
 または「デコ助」。刑事、警察官のこと

開く コメント(1)

小口の闇金融で稼ぐ 

HP【ヤクザのシノギ】 http://893893.jp/ 


 たくさんの元手が必要な大金狙いではなく、少ない元手から始められる小口の高利貸しによって稼ぐこともあります。
例えば、もしヤクザの本部にお金があれば、それを2分で借りてもお客に5分で貸せば、その差が儲けとなりますので損はしません。
 現在では少数ですが、少し前まで流行っていたのが、パチンコ好きで生活費を使い込んでいると思われる主婦をターゲットとした小口の闇金融です。
あらかじめ、担保となりそうなものを持っているお客の情報を、パチンコ店の店員にお金を渡して聞いておきます。
 ターゲットの主婦が決まると、手始めに1万、2万の少額から貸し付けますが、利息は1日1割とかなり高めに設定します。
借りる側の返済の根拠はパチンコの儲けですので、もしパチンコで負けて翌日に全て返せなければ、利息だけの返済を受けます。
 しかし、元金はそのまま残り、パチンコで必ず勝てるとは決まっていませんので、日が経つと利息ともにたちまち膨らんで、数10万円から100万円まではあっという間となります。
 そうなれば貸し出しストップで、ヤクザは今までの返済を迫ります。
パチンコ狂いとなっている主婦は、大半が夫に内緒にしていますので、夫に知られないためには、保険や積立の解約、家の担保、果ては売春などをしてもお金を返そうとします。
 売春でも、ヤクザが無理に押し付けるのではなく、主婦本人がそうするように仕向けていくそうです。
 また、小口の闇金融には宅配金融というものもあります。
宅配金融とは、ポストなどにチラシを入れておき、それを見た人が連絡してくると手始めに5万円、追い貸しで30万円程度までのお金を自宅まで持っていき、高利で貸すことです。
 ヤクザだけがやっているわけではありませんが、ヤクザの稼ぎの1つの方法でもあります。
貸金は少額ですが、利息で儲けはありますし、返済の遅れやお金が返せないときには、軟禁したり本人にバイトをさせたりして返済させます。
 また、自宅を押さえられていますので、本人の返済意志も頼りになりますが、もし本人が返済できない場合でも、借主の友人や親せきに返済を迫れば、小額ゆえに支払いやすいため、取りっぱぐれることはありません。
返済させるためのコツは、借主にこまめに連絡し、一度に返済を迫らず、小口の返済に応じて追い貸しを行い、相手を追い詰めないようにすることだそうです。
 小口の闇金融のメリットは、小額なので回収しやすいこと、また、取り立てに失敗しても少額の損で済ませられることとなっていますので、最近ではこのような方法の稼ぎが増えているようです。

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

マルチ商法で稼ぐ

HP【ヤクザのシノギ】 http://893893.jp


 日本では、マルチまがいは違法とされていますが、マルチ商法自体を取り締まる法律はありません。
しかしヤクザは、違法とされていないマルチ商法を相手に稼ぎを行うこともあります。


  ある大手ヤクザ組織の下に属するAなどは、マルチ商法からお金を巻き上げることで数千万稼いだとも言われています。
Aのやり口は、女性を使ってマルチ商法に入会させるところから始められますが、その時に、末端会員からではなく、いきなり中堅どころとして女性を入会させます。


 マルチ商法は、末端会員は儲からないのが常識ですので、こちらは「もっと儲けたい」という欲のあることをアピールし、マルチに中堅どころから入ることを納得させます。


 すると相手は、こちらの欲につけ込み、中堅どころに入るための高い入会金をふっかけてきますので、言われるがまま数百万円を支払います。


  マルチ側としても、いきなり大金を支払ってくれる新会員を入会させると、勧誘者自身の収入にも反映されますから、喜んで入会させてくれます。
この時、ICレコーダーなどで「入会金の数百万は高いけれど、必ず元が取れるうえに絶対に儲かる」などといったマルチ側の勧誘のセリフを録音しておきます。


 入会後は、マルチ商法の活動は何も行わず、3か月程度経ってからマルチ商法の本部にA自らが乗り込んでいきます。
「必ず儲かると言ったから金を支払った。儲からないのは詐欺ではないか」
などと言ってお金を要求しますが、最初はマルチ側も相手にしません。

 
  しかし録音したものを聞かせると、勧誘時のセリフは違法スレスレですし、実際に後ろ暗いところもあり、脅しに来た相手は何をするかわからないヤクザ、更に裁判での手間やイメージダウン、捜査によって組織の全てをさらけ出すことなどの難を避けようとしますので、大抵は言い値の通りに支払うようです。


 Aによると、小さな組織よりも大手の組織の方が多くのお金を巻き上げることができるそうで、最近流行のインターネットを通じて会員を集めているマルチなどはいつの間にか消えていることも多いので、そういったところは収入にならないようです。

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事