ヤクザのシノギ−荒稼ぎの手口

シノギの手口、伝説のヤクザ達、暴力団関連コラム、ヤクザ用語大辞典etc.

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

マルチ商法で稼ぐ

HP【ヤクザのシノギ】 http://893893.jp


 日本では、マルチまがいは違法とされていますが、マルチ商法自体を取り締まる法律はありません。
しかしヤクザは、違法とされていないマルチ商法を相手に稼ぎを行うこともあります。


  ある大手ヤクザ組織の下に属するAなどは、マルチ商法からお金を巻き上げることで数千万稼いだとも言われています。
Aのやり口は、女性を使ってマルチ商法に入会させるところから始められますが、その時に、末端会員からではなく、いきなり中堅どころとして女性を入会させます。


 マルチ商法は、末端会員は儲からないのが常識ですので、こちらは「もっと儲けたい」という欲のあることをアピールし、マルチに中堅どころから入ることを納得させます。


 すると相手は、こちらの欲につけ込み、中堅どころに入るための高い入会金をふっかけてきますので、言われるがまま数百万円を支払います。


  マルチ側としても、いきなり大金を支払ってくれる新会員を入会させると、勧誘者自身の収入にも反映されますから、喜んで入会させてくれます。
この時、ICレコーダーなどで「入会金の数百万は高いけれど、必ず元が取れるうえに絶対に儲かる」などといったマルチ側の勧誘のセリフを録音しておきます。


 入会後は、マルチ商法の活動は何も行わず、3か月程度経ってからマルチ商法の本部にA自らが乗り込んでいきます。
「必ず儲かると言ったから金を支払った。儲からないのは詐欺ではないか」
などと言ってお金を要求しますが、最初はマルチ側も相手にしません。

 
  しかし録音したものを聞かせると、勧誘時のセリフは違法スレスレですし、実際に後ろ暗いところもあり、脅しに来た相手は何をするかわからないヤクザ、更に裁判での手間やイメージダウン、捜査によって組織の全てをさらけ出すことなどの難を避けようとしますので、大抵は言い値の通りに支払うようです。


 Aによると、小さな組織よりも大手の組織の方が多くのお金を巻き上げることができるそうで、最近流行のインターネットを通じて会員を集めているマルチなどはいつの間にか消えていることも多いので、そういったところは収入にならないようです。

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

サ行

HP【ヤクザのシノギ】 http://893893.jp


【サテライト】
 常設のノミ屋。

【さらう】
 文字どおり拉致すること。ヤクザの常套手段。よく使う。

【シキ】
 博打の会場。

【シキテンをキル】
 見張る。覚せい剤の売り子たちは、見張り役を「シキバリ」という。

【仕事】
 賭場でいうときはいかさま。普段は恐喝。抗争時にはカチ込み、殺人。

【Gマーク】
 暴力団の認定を受けた人。警察用語。

【実子・実弟】
 血縁関係のある本当の子供、弟の意。ヤクザ社会では、子分がたくさんおり、弟分を「舎弟」と呼ぶため、紛らわしいのでこういう。テキヤでは、跡目候補を実子分ということもある。

【四方同席】
 上座も下座もなく、どの席も同じという意味。義理道には必ずこの言葉が書かれた紙が貼ってある。

【シマ】
 縄張り。勢力範囲。。

【社長】
 これからカモにしようとするカタギのこと。また、ヤクザと知れたらまずい場面で自分の親分をこう呼ぶことも。

【シャブ】
 覚せい剤。「S」や「クスリ」「ネタ」ともいう。広く認知された言葉。骨の髄までしゃぶられるから「シャブ」だというが、そんなに大げさなものではない。

【週刊誌】
 刑務所生活の楽しみだったから、活字メディア全般をこういう。マスコミ全般を指すこともある。

【ションベン刑】
 期間の短い懲役。1年未満から2年程度の刑期を指す。

【筋】
 定理、掟、理屈。最終的には暴力の強い側の言い方が筋となる。。

【スデゴロ】
 素手で行う喧嘩。いにしえの古き良きヤクザならともかく、暴力団が殴りあうことはほとんどない。

【外若】
 広島極道がよく使う。普段、普通の仕事をしている若い衆。通常、寄り合いにも出ず、会費も払わない。最近、この外若が禁止になった。

開く コメント(0)

カ行

HP【ヤクザのシノギ】 http://893893.jp


戒名
 逮捕状、起訴状の罪状。

返し
 仕返し。抗争でやられた際の反撃の意。

ガサ
 ガサ入れ。家宅捜索。

貸元
 賭場を仕切る責任者。客に金を貸すことが出来るため。今は名称だけ残っている。

ガジる
 恐喝する。

カタギさんを大事に
 自分の味方、スポンサーを大事にという意。

カタにはめる
 東西問わず、ヤクザがよく使う慣用句。計画どおりに陥れるという意味。

カチコミ
 喧嘩相手の事務所ドア、窓、壁などを銃撃すること。本来は事務所に殴りこみをかけ、誰もいないときにだけ行われるものだったが、今は最初から留守を狙う。

カマシ・クンロクを入れる
 恫喝、脅し。本気ならいきなり暴力がくるので、いわれても気にしなくていい。

貫目
 ヤクザとしての器量。一般的には肩書き。(貫目が合わない)とか(貫目が違う)というように使う。(座布団)ともいうが、この場合は同じ組織内での順列のこと。

切符
 逮捕状。

キス
 酒らしい。ほとんど死語。

ギャング(する)
 荒っぽいこと。一般的な恐喝ではなく、暴力性を前面に出し、強引に金を強奪すること。

侠客
 ヤクザに言わせれば、他人のために損の出来る人間。

義理
 義理道(葬儀や放免祝いなど)を指すが、会費を意味することもある。

金筋
 本格派の意。博徒として本物という意味。

金主、銀主
 たにまち。スポンサーのこと。

空気(を)入れる
 他人を煽動するという意味。

クロブタ
 条件なしの手打ち。

神戸
 ヤクザ社会では、本拠のある土地の名を組織、親分の隠語として使う。神戸には忠成会などもあるが、単に(神戸)といえば山口組と思って間違いない。

ゴチャ
 道理の通らないイチャモン。

ゴト師
 イカサマ師。仕事師。

殺すぞ
 九州ヤクザがいうと【撃ち殺すぞ)。一般的には(いい加減にしろ)の意味。

ゴンタ
 関西でいう不良。

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事