ここから本文です
きままなフォト・ダイアリー

書庫全体表示

イメージ 15

参考・番外
1/2復元

大乗院橋
(だいじょういんばし)
鹿児島県鹿児島市

若宮公園に復元された石橋
橋長:7.25m
橋幅:  -  m
径間: -  m
拱矢: -  m
復元架橋:1998年(平成10年)
石工:岩永 三五郎 氏(オリジナル)
単眼アーチ橋

1988年(昭和63年)夏の豪雨により、輪石等が一部破損・流失して
稲荷川のオリジナル・アーチ橋は現大乗院橋(コンクリート造)に
架け替えられました。オリジナルは1842年(天保13年)肥後の
名石工・岩永 三五郎 氏によって薩摩藩の祈願所であった宝成就寺
(ほうじょうじゅじ)大乗院(現在の清水中学校のところにあった寺)
参道に架けられた橋でした。若宮公園に1/2サイズに縮小されて
復元されていますが、原型とは異なり、番外・参考として紹介します。

訪問日:2016年10月22日(土曜日)

イメージ 14
大乗院橋(若宮公園内)周辺
イメージ 1
大乗院橋

=====案内看板=====

案内板

 大乗院橋は、薩摩藩の祈願所であった宝成就寺(ほうじょうじゅじ)大乗院(現在の清水中学校のところにあった寺)の参道に架けられた橋で、もともと板橋でしたが、天保13年(1842年)岩永三五郎により石橋につくりかえられました。
 大乗院橋は長さ14.5m、幅4.2mで、橋の中央が道路の両側より大きくせりあがり、アーチの丸みが強く美しい石橋でした。
 しかし、昭和63年(1988年)夏の大雨により、大乗院橋のアーチを形作る輪石などの一部が破損・流失しました。
 平成10年(1998年)3月、旧大乗院橋の残された石材を主に使用し、当公園に2分の1に小型化した石橋が完成しました。その姿は、往時の面影を残しています。
鹿児島市

イメージ 2
大乗院橋
イメージ 3
大乗院橋 橋上
立入り禁止になっています。(柵有り)
イメージ 4
大乗院橋
イメージ 5
大乗院橋
イメージ 6
大乗院橋
イメージ 7
大乗院橋 拱頂部
イメージ 8
大乗院橋
イメージ 9
大乗院橋
壁石は扇積みのようですが、オリジナル時は分りません。
イメージ 10
大乗院橋
イメージ 11
大乗院橋 高欄部
橋上と高欄部はコンクリート造です。
イメージ 12
大乗院橋
イメージ 13
大乗院橋
若宮公園、この日は雨だったので誰もいませんでした。
晴天時に再訪したいと思います。


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事