ここから本文です
きままなフォト・ダイアリー

書庫全体表示

記事検索
検索

全342ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


長い間 気ままな独り言にお付き合いいただきありがとうございました。

下記ブログ先に移行させていただきます。

しばらくの間は、移行作業に集中したいと思っています。

これからもよろしくお願いします。



イメージ 1


by  Takashi's



 1965
 銅山の石橋(かなやまのいしばし)
 熊本県葦北郡芦北町大岩 銅山

 谷川に架かる石橋
 橋長:  -   m
 橋幅:  -   m
 径間:  -   m
 拱矢:  -   m
 架橋:不明
 石工:不明
 型式:単径間桁橋

以前、県道60号を走行した時に吉尾川沿いの気になっていた場所に
今回寄ってみました。地元の方がまだ電柵には通電してないとので
近くまで行けるということなので、確認してきました。

訪問日:2019年5月25日(土曜日)

イメージ 2
銅山地区
イメージ 3
吉尾川
ここで作業されている方に電柵の件は教えていただきました。
イメージ 4
銅山の石橋
イメージ 8
銅山の石橋
イメージ 1
銅山の石橋
イメージ 5
銅山の石橋
イメージ 6
銅山の石橋
車は県道沿いの広くなった場所に止めて、歩いて来ました。
田畠の山側のこの周辺は果樹畑になっています。
イメージ 7
銅山の石橋
イメージ 12
銅山の石橋
イメージ 9
銅山の石橋
イメージ 10
銅山の石橋
イメージ 11
銅山の石橋

開くトラックバック(0)


0100 再訪
芦北町指定文化財
橋本橋(はしもとばし)
熊本県葦北郡芦北町湯浦 橋本

湯浦川支流橋本川に架かる石橋
橋長:3.80m
橋幅:1.90m
径間:3.60m
拱矢:1.90m
石工:小山 惣一 氏(水俣出身)
竣工:1888年(明治21年)2月
型式:単眼アーチ橋
壁石:乱積み
指定:1999年(平成11年)8月31日

ここも2014年1月26日(日曜日)以来5年4ヶ月ぶりの再訪です。
国道3号から肥薩おれんじ鉄道線「湯浦駅」の反対側に入り込み、
美術館の有る交差点手前を小川沿いに進みます。
曲がりきった現橋傍の下流側に架かっています。

訪問日:2019年5月25日(土曜日)

イメージ 2
橋本橋
イメージ 1
橋本橋
イメージ 6
橋本橋
イメージ 3
橋本橋 橋上
イメージ 4
橋本橋 橋上
イメージ 5
橋本橋
イメージ 7
橋本橋
イメージ 8
橋本橋
イメージ 9
橋本橋 拱頂部
イメージ 10
橋本橋
輪石上の石に刻印が残っています。

5年前に訪れた時に、この刻印は地元の方に教えてもらいましたが、
当時は草に覆われていたような! 今回は少し草刈りをして撮影です。

開くトラックバック(0)


0101  再訪
芦北町指定文化財
瀬戸橋(せとはし)
熊本県葦北郡芦北町丸山

田川川に架かる石橋
橋長:10.60m
橋幅:3.20m
径間:7.30m
拱矢:4.40m
石工:田中 三作 氏(天草出身)
竣工:1920年(大正9年)11月
型式:単眼アーチ橋
壁石:布積み
指定:1999年(平成11年)8月31日

ここも2014年1月26日(日曜日)以来5年4ヶ月ぶりの再訪です。
個人所有の石橋ということですが、裏付けは未確認です。
上流の梅木鶴橋を架けた後に、この瀬戸橋の工事に入ったようです。
石工は天草出身の田中 三作 氏が2基の石橋に関わったそうです。

訪問日:2019年5月25日(土曜日)

イメージ 2
瀬戸橋
イメージ 3
瀬戸橋
イメージ 4
瀬戸橋 橋上
イメージ 5
瀬戸橋
イメージ 6
瀬戸橋
イメージ 7
瀬戸橋
イメージ 1
瀬戸橋
イメージ 8
瀬戸橋
イメージ 9
瀬戸橋
イメージ 10
瀬戸橋
イメージ 11
瀬戸橋
イメージ 12
瀬戸橋 拱頂部
イメージ 13
瀬戸橋 記念碑

開くトラックバック(0)


鹿児島県日置市日吉町から吹上町へ

6月2日(日曜日)

先月は鹿児島市でのパン講習がなかったので、約1ヶ月半ぶりに
運転手で鹿児島に出かけました。
雨が降っていて交通量も少なく、予定より30分以上早く到着です。
雨予報だったので、石橋散策はせず、天文館をブラブラして
過ごそうかと思いましたが、早く着いたのでロケハンも兼ねて
近場の日置市吹上町〜南さつま市を周ってみたいと思います。

小雨決行でしょうか? 運動会のようです。
途中の小学校前が少し渋滞です。

日置市日吉町の県道37号から吉利地区へ入ると、
手書きの「イベント開催中」の看板が立っていました。

イメージ 2
鬼丸神社

お田植え祭り「せっぺとべ」が開催されていました。
この鬼丸神社に到着した時に、丁度ここ周辺でのイベントが
終了したようです。商工会青年部の方達が
次の会場に向かわれるみたいで、見学者も移動です。
あっと言う間に人がいなくなり、降っていた雨も小雨になったので、
鬼丸神社を見学します。

イメージ 3
鬼丸神社境内橋

祭りに合わせて草刈りが施されたのでしょうか?
鳥居前の門前に2径間の円弧橋が架かっていました。空池のようです。
第一鳥居から拝殿までを参道と
言うらしいので、ここでは境内橋としました。

次はなぜか撮り忘れていた、すぐ近くにあるアーチ橋です。

イメージ 4
第二吉利橋 橋上

まだ残っているか不安でしたが、中を覗くとアーチが見えます。
小雨なので、長靴に履き替えて川床へ下ります。

イメージ 5
第二吉利橋

1921年(大正10年)架橋です。かなりアーチ内は傷んでいます。
チョークでチェックが数カ所書き込まれています。

日吉町から吹上町に南下します。

イメージ 1
浜田橋

2014年1月4日(土曜日)以来5年5ヶ月ぶりの再訪です。
当時は枕崎線を優先していたので、石橋もまたゆっくり周りたいですね!
ここで少し雨が強くなりました。すぐ下流側に廃線・枕崎線の橋梁橋台も
残っていてこの周辺は好きな場所の一つになっています。

吹上町ももう少し周りたいところがあるのですが、今回は
時間制限もあるので、先を急ぎます。

いよいよ南さつま市金峰町に入りました。

イメージ 6
南原地区

以前あった民家や垣根が無くなって更地になっていました。
3基の桁橋が確認出来ますが、全て桁石の下はコンクリートBOXが
設置されていました。以前来た時とかなり景観が変わっていました。

イメージ 7
亀ヶ城神社

鳥居の下に階段があるので、下りてみます。

イメージ 8
亀ヶ城神社門前橋

2径間桁橋が階段下に架かっていました。第一鳥居から拝殿までを参道と
言うらしいので、ここは門前橋としました。

南九州市川辺町へ

前回イベント開催中で周れなかった川辺町の2ヶ所に寄ってみます。
雨は何とか小雨で持ちこたえています。

イメージ 9
田ノ神

二反田橋の架かる場所の目印と聞いていた田ノ神ですが、
この周辺が整備作業された時の1993年(平成5年)造になります。

イメージ 10
二反田橋
イメージ 11
二反田橋

明治9年架橋ですが、中央の桁石はコンクリートになっています。
親柱には「明治九年 子 二月 ・・・・」の刻印がありますが、
解読は出來ませんでした。

イメージ 12
光徳寺境内橋

門柱の先の参道脇の境内池に架かっています。
残念ながら下に潜り込めないので
参道下の構造は分かりませんが、両脇は桁橋でした。
ここも前回はイベントと道路が通行止になっていた場所です。

ここでタイムアップ

鹿児島市街地に戻ります。

峠を越える頃から激しい雨になりましたが、
今回も運良く、一応予定して石橋散策は終了です。ラッキー!

午後2時30分駐車場に車を止め、合流です。
今日は天文館でお昼はうなぎを食べたいと思います。

イメージ 13
天文館・はいから通り うなぎの末よし

ここは料金がかなりリーズナブルなので、大人気店です。
いつもは店頭まで大勢のお客さんなのですが、
今日は雨の影響か待たずに入店です。

満足! 満足! 美味しかった〜!

やっぱ鰻いいわぁ〜

さぁ エネルギー補給ということで 宮崎市へ戻ります。

今週はYahoo!ブログからの移行ツールが発表されるようです。
これがYahoo!ブログでの最後の日記になるのかな・・・?

全342ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事