ここから本文です
きままなフォト・ダイアリー

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

        柿下温泉口駅勾金駅上伊田駅
(まがりかねえき)
勾金駅(まがりかねえき)は大分県田川郡香春町字中津原にある平成筑豊鉄道田川線の無人駅です。当駅の約500m西側にある福岡県立田川高等学校がネーミングライツを取得し、2009年(平成21年)4月1日より愛称付きの駅名「田川高校前 勾金駅」となっています。相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、列車行き違い(交換)が可能な駅です。ホームへは構内踏切で連絡します。駅舎は以前はラーメン店が入っていましたが、現在はヘアーサロンになっています。1989年(平成元年)まで日本セメント(現太平洋セメント)の専用線が接続されていた関係で広い構内になっています。全盛期には20両の貨車が索引されるほどの形態で運転されていたそうです。

1885年(明治18年)豊州鉄道の香春駅(かわらえき・初代)として開業、旅客・貨物営業を開始
1899年(明治32年)当駅 - 夏吉駅間の支線が開業
1901年(明治34年)九州鉄道が豊州鉄道を合併
1905年(明治38年)当駅 - 夏吉駅間の旅客営業を廃止
1907年(明治40年)九州鉄道の国有化により国有鉄道の駅となる
1909年(明治42年)線路名称制定、当駅を通る路線を田川線と命名
1943年(昭和18年)勾金駅に改称。なお、旧・小倉鉄道の上香春駅が2代目香春駅に改称した。
1973年(昭和48年)当駅 - 夏吉駅間の貨物支線を廃止
1980年(昭和55年)貨物の取り扱い範囲を、専用線発着の車扱貨物のみに縮小
1984年(昭和59年)荷物の取り扱いを廃止
1987年(昭和62年)国鉄分割民営化により、九州旅客鉄道(JR九州)・日本貨物鉄道(JR貨物)が継承
1989年(平成元年)JR九州から平成筑豊鉄道に転換、同社田川線の駅に。JR貨物勾金駅は廃止
2009年(平成21年)ネーミングライツにより「田川高校前」の愛称が付く。
(wikipediaから引用)
撮影データ:
カメラ:CANON EOS 1D X  記録媒体:DIGITAL JPEG DATA  
撮影日:2014年5月10日

イメージ 3
勾金駅
イメージ 1
勾金駅
イメージ 2
勾金駅
イメージ 4
勾金駅
イメージ 5
勾金駅 駅名標
イメージ 6
勾金駅
上伊田駅方面
イメージ 7
勾金駅
柿下温泉口駅方面
イメージ 8
勾金駅
イメージ 9
勾金駅
イメージ 10
勾金駅
駅舎跡は現在「ヘアーサロン」になっています。

開くトラックバック(0)

イメージ 14

       中津駅東中津駅今津駅
(ひがしなかつえき)

 東中津駅(ひがしなかつえき)は大分県中津市大字是則字古開にある九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線の業務委託駅です。単式ホーム2面2線を有する地上駅で、ホーム間は跨線橋で連絡します。古い木造駅舎が残っています。自動券売機そしてICカードSUGOCAでの乗降とチャージのみ対応が設置されています。
1901年(明治34年)大貞駅(おおさだえき)として初代豊州鉄道が開設
1901年(明治34年)豊州鉄道を初代九州鉄道が買収
1907年(明治40年)九州鉄道が国有化、帝国鉄道省が所管
1952年(昭和27年)東中野駅(ひがしなかのえき)に駅名改称
1987年(昭和62年)国鉄分割民営化により九州旅客鉄道が継承
2012年(平成24年)ICカードSUGOCAの利用開始
(wikipediaから引用)

撮影日:2014年5月10日

イメージ 1
東中津駅
木造駅舎:大正4年5月30日(建物財産標)
イメージ 13
東中津駅 駅名標
イメージ 2
東中津駅 改札口
イメージ 3
東中津駅
イメージ 4
東中津駅
イメージ 5
東中津駅
短冊形駅名標
イメージ 6
東中津駅
イメージ 7
東中津駅 跨線橋 橋上
イメージ 8
東中津駅
跨線橋から今津・大分駅方面
イメージ 9
東中津駅
跨線橋から中津・小倉駅方面
イメージ 10
東中津駅
イメージ 11
東中津駅
イメージ 12
東中津駅
駅名標

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事