ここから本文です
きままなフォト・ダイアリー

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 11

     別府大学駅別府駅東別府駅
(べっぷえき)

 別府駅(べっぷえき)は、大分県別府市駅前町にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線の駅です。別府温泉として全国的に知られる別府市の代表駅で全列車が停車する。特急「ゆふ」、「ゆふいんの森」、「九州横断特急」が当駅始発・終着で運転されている。みどりの窓口が設置されており、中央口に自動改札機が導入されていて、自動放送・楽チャリ設置駅です。駅構内に別府外国人観光客案内所(ビジット・ジャパン案内所)があります。ICカードSUGOCAの発売も行っており、各ホーム1か所ずつにICカードチャージ機とICカード専用自由席特急券売機が設置されています。島式ホーム2面4線と留置線2線を有する高架駅です。駅本屋は1966年(昭和41年)に高架化とともに完工した2代目のものです。
 その他の別府駅の呼称 - 福岡県の福岡市営地下鉄七隈線と兵庫県の山陽電気鉄道本線にあるが、いずれも「べっぷ」ではなく「べふ」と読みます。
  • 1911年(明治44年)7月16日 - 鉄道院が開設。
  • 1966年(昭和41年)  8月9日 - 日豊本線の亀川駅 - 東別府駅間の複線化が完成。 別府駅付近高架化工事完工。9月 - 別府民衆駅開業。 (現駅舎)10月1日 - 別府ステーションセンター(現在の別府駅商業施設)が開業
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により九州旅客鉄道が継承が山陽新幹線以外の九州地区の旅客鉄道業務を継承。
  • 1995年(平成7年)春 - 駅舎改装
  • 2007年(平成19年)3月 - 改札口からホームまでを結ぶエレベーターが計3機設置される。
  • 2010年(平成21年)3月13日 - 自動改札機が設置される。
  • 2012年(平成24年)12月1日 - SUGOCA対応となる。
(※wikipediaから一部引用)
訪問日:2016年10月15日(土曜日)

イメージ 2
別府駅
子どもたちをあいしたピカピカのおじさん像と湧き出る日本一の豊かな温泉をイメージしたモニュメント(中に手湯があります。)
イメージ 1
別府駅
イメージ 3
別府駅
イメージ 4
別府駅
ホームから中津・小倉駅方面
イメージ 5
別府駅
ホームから大分・佐伯駅方面
イメージ 6
別府駅
ICカードチャージ機とICカード専用自由席特急券売機が設置。
イメージ 7
別府駅
イメージ 8
別府駅
以前はオオムラサキ・鶴見岳をイメージしたイラストが描かれていたが、
温泉駅をイメージした温泉マークが駅名標になっています。
イメージ 9
別府駅
イメージ 10
別府駅
改札口を入った場所にある顔出し記念写真看板

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事