ここから本文です
きままなフォト・ダイアリー

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 12
    蓮ケ池駅宮崎神宮駅宮崎駅
(みやざきじんぐうえき)

 宮崎神宮駅(みやざきじんぐうえき)は宮崎県宮崎市花ヶ島町にある九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線の無人駅で、島式ホーム1面2線と留置線2線を有する地上駅です。跨線橋は無く、1番線のレールに構内踏切が有ります。出口は宮崎神宮寄りの片側のみです。1925年に竣工した2代目駅舎は、宮崎神宮を模した木造建築(赤の銅版屋根と朱色の柱)は宮崎神宮との調和を考慮された物でしたが、老朽化に寄り、2007年に解体され今の鳥居を模した駅名看板と自転車置き場、トイレのみになりました。ホーム内の待合室には自動券売機が設置されています。近くに短大があるので、学生さんの利用がほとんどです。
1913年 花ヶ島駅として宮崎県営鉄道が開設
1917年 宮崎県営鉄道が国有化され鉄道院妻軽便線所管
1945年 宮崎大空襲により駅本屋以外構内設備が全焼
1954年 宮崎神宮駅に駅名を変更
1987年 国鉄分割民営化により九州旅客鉄道が継承
訪問日:2018年10月2日(火曜日)

自宅からは1番近い駅です。この日はたまたま歩いて出かけていたので、
構内に787系電車を見つけ寄りました。

前回の宮崎神宮駅は↓下記をクリックしてね!

イメージ 2
宮崎神宮駅 鳥居を模した駅名看板、
右の平屋がトイレ施設、手前と左側が自転車置き場とタクシー乗り場
イメージ 3
宮崎神宮駅
イメージ 4
宮崎神宮駅 構内踏切
イメージ 5
宮崎神宮駅
島式ホーム1面2線
イメージ 1
宮崎神宮駅
イメージ 6
待合室 自動券売機
イメージ 7
宮崎神宮駅
イメージ 8
宮崎神宮駅 駅名標
イメージ 9
宮崎神宮駅
ホームから宮崎駅方面
イメージ 10
宮崎神宮駅
ホームから蓮ケ池駅方面
イメージ 13
宮崎神宮駅
787系電車は水戸岡鋭治主宰のドーンデザイン研究所がデザインを
手がけており、ステンレス製ではなく普通鋼製です。
愛称は「つばめ」で、「つばめレディ」の接客も人気です。
イメージ 14
宮崎神宮駅に停車中の交流特急形電車787系
イメージ 11
笹原踏切から宮崎神宮駅

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事