ここから本文です
きままなフォト・ダイアリー

書庫JR九州 日豊本線

記事検索
検索
イメージ 13

    日向沓掛駅田野駅青井岳駅
(たのえき)

生まれ故郷の田野は2才まで過ごした場所です。先祖の墓が有るので、今でも月1の割で墓参りに訪れます。この日は霧島に向かう途中、どこかのポイントで「ななつ星」を撮影したかったので国道269号を走る事にしたのですが、なんと! 田野駅に「ななつ星」が停車中です。あわてて車を止めホームで撮影です。(※カメラはいつでも即撮影出来る状態にして持ち歩いています)
田野駅(たのえき)は宮崎県宮崎市田野町甲にある九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線の無人駅です。赤い屋根が目立つ木造駅舎側に新しく単式ホーム1面1線が増設して、従来の島式ホーム1面2線と合計2面3線を有する地上駅で、ホーム間は跨線橋で連絡します。この跨線橋は駅舎と反対側出口にも連絡しています。駅舎待合室には近距離自動切符券売機と切符回収箱が設置されています。
1916年(大正5年)鉄道院が開設
1971年(昭和46年)貨物取扱廃止
1978年(昭和53年)自動信号化
1979年(昭和54年)南宮崎ー鹿児島駅間CTC化に伴い業務委託化
1987年(昭和62年)国鉄分割民営化で九州旅客鉄道が継承
2012年(平成24年)駅改良工事で1番線ホームが増設、従来の島式ホームが2・3番線ホームになる。
(※wikipediaから引用)

訪問日:2013年11月13日(水曜日)

イメージ 1

イメージ 2
田野駅
イメージ 3
田野駅
イメージ 10
田野駅
イメージ 12
田野駅
イメージ 4
田野駅
途中「きりしま」が通過です。
787系電車で、九州旅客鉄道(JR九州)の交流特急形電車。
つばめ型車両と呼ばれています。
イメージ 5
田野駅
地元の多くの幼稚園児に見送られて出発です。
僕が着いた時にはホームに園児が溢れていましたが、
撮影には支障がなかったです。
手前の未舗装のホーム部分は新たに追加された箇所です。
もともとは島式ホーム1面2線でした。
イメージ 6
田野駅
霧島・鹿児島方面へ出発です。
イメージ 11
田野駅
イメージ 7
田野駅
イメージ 8
田野駅
イメージ 9
田野駅

いつも見慣れた「田野駅」の駅舎ですが、この日は誇らしげでした。

今度から月1の墓参りは水曜日にしようかと思っています。(笑い)
まぁ!これは冗談ですが・・・。

開くトラックバック(0)

          豊前長洲駅柳ケ浦駅豊前善光寺
(やなぎがうらえき)
柳ケ浦駅(やなぎがうらえき)は大分県宇佐市住吉町一丁目にある九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線の有人駅です。単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の合計2面3線を有する地上駅です。ホーム間は跨線橋で連絡します。1番ホームは下り特急、2番ホームは普通列車そして3番ホームが上り特急が停車もしくは通過することが多いです。車両待機線が多く、かつては蒸気機関車時代の立石峠越えの補助機関車等の連結・切り離し作業や燃料積み込みの拠点でした。直営駅で、みどりの窓口やICカードSUGOCAの購入も可能です。地元宮崎では見られない「883系青いソニック」が頻繁に往来して30分撮影予定が1時間近く滞在です。(笑い)撮り鉄さんの気持ちがわかります。まだまだ我慢・我慢・我慢して九州管内の駅舎撮影を頑張りたいと思っています。「883系青いソニック」カッコいいなぁ〜! ポツリ!
1897年(明治30年)長洲駅(ながすえき)として初代豊州鉄道が開設。
1898年(明治31年)宇佐駅(うさえき)に改称。
1901年(明治34年)豊州鉄道を初代九州鉄道が買収。
1907年(明治40年)九州鉄道が国有化、帝国鉄道庁所管。
1909年(明治42年)柳ケ浦駅に再改称。
1987年(昭和62年)国鉄分割民営化により九州旅客鉄道が継承。
2012年(平成24年)ICカードSUGOCAの利用を開始
撮影データ:
カメラ:CANON EOS 1D X
記録媒体:DIGITAL JPEG DATA  撮影日:27(sun).OCT.2013
イメージ 1
柳ケ浦駅
イメージ 2
柳ケ浦駅
ホーム側からの駅舎
イメージ 4
柳ケ浦駅
跨線橋から小倉方面
883系(リニューアル車)が通過
イメージ 5
柳ケ浦駅
跨線橋から別府・大分方面
883系(リニューアル車)が通過
イメージ 6
柳ケ浦駅 駅名標
ここからは「青いソニック」のオンパレードです!
イメージ 7
柳ケ浦駅
883系(リニューアル車)
イメージ 8
柳ケ浦駅
883系(リニューアル車)
イメージ 12
柳ケ浦駅
883系(リニューアル車)
イメージ 13
柳ケ浦駅
883系(リニューアル車)
イメージ 9
柳ケ浦駅
883系(リニューアル車)
イメージ 10
柳ケ浦駅
883系(リニューアル車)
イメージ 11
柳ケ浦駅
883系(リニューアル車)
イメージ 3
柳ケ浦駅
待機線には宮崎でもおなじみの787系が停車していました。

開くトラックバック(0)

        柳ケ浦駅豊前善光寺駅天津
(ぶぜんぜんこうじえき)
豊前善光寺駅(ぶぜんぜんこうじえき)は大分県宇佐市大字東高家にある九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線の有人駅です。単式ホーム1面1線と島式ホーム1面1線の合計2面2線を有する地上駅です。島式ホームの駅舎側の中線が撤去されていますので、単式ホーム2面2線になっています。ホーム間は跨線橋で連絡します。九州交通企画が駅業務を行う業務委託駅で、マルスは無くPOS端末が設置されています。ICカードSUGOCAは出入場とチャージのみ対応しています。駅名になっている豊前善光寺は芝原善光寺ともいい、日本三大善光寺の一つと称しています。入場券で構内へ駅長さんから「この時間、特急が通過するので黄色い線から出ないよう注意してください!」と言われました。そのとおり上下線の白と青のソニック凄い勢いで通過して行きました。(笑い)
1897年(明治30年)四日市駅として初代豊州鉄道が開設。
1901年(明治34年)豊州鉄道を初代九州鉄道が買収。
1907年(明治40年)九州鉄道が国有化、帝国鉄道庁所管。
1914年(大正3年)日出生鉄道四日市 - 三又川間開通。
1919年(大正8年)鉄道院より6月1日から高家郷駅(たけのごうえき)に改称すると告示される
1919年(大正8年)鉄道院告示第25号で4月に出された四日市駅改称に関する告示が取り消される
1919年(大正8年)豊前善光寺駅に駅名改称
1924年(大正13年)日出生鉄道四日市駅を豊前善光寺駅に改称
1929年(昭和4年)日出生鉄道が豊州鉄道(2代)に社名変更。
1935年(昭和10年)2代目駅舎竣功。
1945年(昭和20年)豊州鉄道(2代)が大同合同により大分交通豊州線所属。
1953年(昭和28年)大分交通豊州線全線廃止。
1987年(昭和62年)国鉄分割民営化により九州旅客鉄道が継承。
2006年(平成18年)駅舎改築に伴い仮駅舎営業開始。
2006年(平成18年)現3代目駅本屋完工。
2012年(平成24年)ICカードSUGOCAの利用を開始
撮影データ:
カメラ:CANON EOS 1D X
記録媒体:DIGITAL JPEG DATA  撮影日:27(sun).OCT.2013
イメージ 1
豊前善光寺駅
イメージ 2
豊前善光寺駅
ホーム側からの駅舎
イメージ 3
豊前善光寺駅
イメージ 4
豊前善光寺駅 駅名標
イメージ 5
豊前善光寺駅 短冊型駅名プレート
イメージ 6
豊前善光寺駅
凄い勢いで上りの885系白いソニック通過
長崎本線で良く見かける「かもめ」と同型です。
イメージ 7
豊前善光寺駅
凄い勢いで上りの白いソニック通過
イメージ 8
豊前善光寺駅
凄い勢いで下りの883系青いソニック通過
イメージ 9
豊前善光寺駅
普通列車を見送って駅を後にしました。

開くトラックバック(0)

           別府駅別府大学駅亀川
(べっぷだいがくえき)
別府大学駅(べっぷだうがくえき)は大分県別府市上人ヶ浜町にある九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線の有人駅です。相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、ホーム間は跨線橋で連絡します。別府市国際交流会館との合築の駅本屋です。九州交通機飼うが駅業務を行う業務委託駅で、マルスは無くPOS端末が設置されています。ICカードSUGOCAは出入場とチャージ対応のみになっています。国道10号からは西に約150m入り込んでいます。駅名になっている別府大学は西へ約800m行った所に有ります。
1987年(昭和62年)3月 日本国有鉄道が開設 4月 国鉄分割民営化で九州旅客鉄道が継承
2003年(平成15年)POS端末機導入
2012年(平成24年)ICカードSUGOCAの利用開始
撮影データ:
カメラ:CANON EOS 1D X
記録媒体:DIGITAL JPEG DATA  撮影日:27(sun).OCT.2013
イメージ 1
別府大学駅
イメージ 2
別府大学駅
イメージ 3
別府大学駅
別府駅方面
イメージ 4
別府大学駅
亀川・杵築方面
イメージ 5
別府大学駅 駅名標
イメージ 6
別府大学駅 駅名標

開くトラックバック(0)

           大分駅西大分駅別府
(にしおおいたえき)
西大分駅(ひがしべっぷえき)は大分県大分市大字生石にある九州旅客鉄道(JR九州)・日本貨物鉄道(JR貨物)・日豊本線の有人駅です。島式ホーム1面2線と貨物用1面1線を有する地上駅で、駅舎とホーム間は跨線橋で連絡します。ホームの無い側線が下り2本、上り3本も有り貨物施設を併設しているので、広い構内になっています。九州交通企画が駅業務を行う業務委託駅でマルスは無くPOS端末と近距離切符自動券売機が設置されています。駅本屋での出札業務は無くホーム内のプレハブ・ハウスで行われています。ICカードSUGOCAの利用は出入場とチャージのみ対応しています。貨物取扱については省略します。朝、車からこの木造駅舎が見えたので気になっていて帰りに急遽寄ってみました。
1911年(明治44年)国有鉄道の駅として開業
1955年(昭和30年)大分港駅までの貨物支線が開通
1984年(昭和59年)貨物の取扱廃止 西大分駅ー大分港駅間が廃止
1987年(昭和62年)国鉄分割民営化で九州旅客鉄道が継承
2003年(平成15年)POS端末機導入
2012年(平成24年)ICカードSUGOCAの利用開始
撮影データ:
カメラ:CANON EOS 1D X
記録媒体:DIGITAL JPEG DATA  撮影日:27(sun).OCT.2013
イメージ 1
西大分駅
イメージ 2
西大分駅
イメージ 3
西大分駅
イメージ 4
西大分駅
別府方面
イメージ 5
西大分駅
大分方面
イメージ 9
西大分駅
ホーム内にある改札口
イメージ 6
西大分駅 駅名標
イメージ 7
西大分駅
下り青いソニック
イメージ 8
西大分駅
上り青いソニック

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事