ここから本文です
きままなフォト・ダイアリー

書庫JR九州 日豊本線

記事検索
検索
イメージ 13

      宮崎神宮駅宮崎駅南宮崎駅
(みやざきえき)

 宮崎駅(みやざきえき)は宮崎県宮崎市錦町にある九州旅客鉄道(JR九州)のJR直営駅で駅長と副駅長が配置されています。島式ホーム2面4線を有する高架駅で、各ホームの階段下に改札口が有る。日本では当駅と帯広駅の2カ所です。県庁所在地の中心駅としてはJR九州では唯一自動改札機が導入されていません。また宮崎県内ではどの駅も存在しません。また同様にICカード「SUGOCA」の利用も出来ません。みどりの窓口は設置されています。ホーム内にあったKIOSKは1階の改札横に移されたが、現在撤去されています。以前はホーム内に立ち食いそばのお店も有りました。今は撤去されています。構内にコンビニが入っているが、24時間営業では有りません。高架化以前は貨物の取扱も有り大規模な駅で東西を分断していました。当時駅北側に有る高架橋で東西は迂回していました。路線名称上は日豊本線の単独駅ですが、南宮崎を起点とする日南線の約半数と日南線田吉駅を起点とする宮崎空港線の列車が大半乗り入れており、実質的な接続駅の機能を持っています。
  • 1913年(大正2年)駅舎完成。
  • 1913年(大正2年)宮崎県営鉄道の駅として開業。
  • 1915年(大正4年)清武駅 - 宮崎駅間の国鉄線を借り受けて宮崎県営鉄道として運行開始。
  • 1916年(大正5年)国鉄宮崎線が全通し、宮崎県営鉄道による清武駅 - 宮崎駅間の借受解消、国鉄と宮崎県営鉄道の駅となる。
  • 1917年(大正6年)宮崎県営鉄道が国有化。
  • 1945年(昭和20年)宮崎大空襲で駅本屋構内被災焼失。
  • 1946年(昭和21年)RTO(鉄道司令部)事務所が構内に設置される。
  • 1950年(昭和25年)駅本屋第1期復旧工事完成。
  • 1951年(昭和26年)駅本屋第2期復旧工事完成。
  • 1986年(昭和61年)貨物取扱が廃止され、宮崎コンテナセンターが構内に設置される。延岡駅 - 宮崎コンテナセンター間でトラック便を運行。
  • 1987年(昭和62年)国鉄分割民営化により九州旅客鉄道の駅となる。        宮崎コンテナセンターは日本貨物鉄道が継承。
  • 1988年(昭和63年)駅高架化起工。
  • 1991年(平成3年)高架化準備のため宮崎コンテナセンターを廃止。佐土原駅に貨物業務を移管。
  • 1993年(平成5年) 高架化により新駅舎完成。(※wikipediaから引用)
撮影日:2013年8月21日(水曜日)

イメージ 1
宮崎駅
イメージ 2
宮崎駅
隣接するJR九州ホテル宮崎
イメージ 3
宮崎駅 西口
イメージ 4
宮崎駅
イメージ 12
宮崎駅 東口
イメージ 11
宮崎駅
デザインの都合上ということで開業後暫く、漢字表記の「宮崎駅」は
掲げられませんでした。
イメージ 5
宮崎駅 切符売り場
イメージ 6
宮崎駅
左右に改札口が有り、ホーム間は連絡していません。
イメージ 7
宮崎駅
日向・延岡・大分方面
イメージ 8
宮崎駅
南宮崎・空港・都城・日南方面
イメージ 9
宮崎駅 駅名標
イメージ 10
宮崎駅
特急「きりしま」「海幸山幸」の全列車、「にちりん」「ひゅうが」の一部が停車

開くトラックバック(0)

イメージ 12

日向新富駅佐土原駅日向住吉
(さどわらえき)

 佐土原駅(さどわらえき)は宮崎県宮崎市佐土原町下田島にある九州旅客鉄道(JR九州)・日本貨物(JR貨物)日豊本線の有人駅です。単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線を有する地上駅で、ホーム間は跨線橋で連絡します。駅舎側の単式ホーム(1番線)は当駅始発・終着の気動車列車が使用していてかつて妻線(廃線)に使用されていました。現在は車止めが設置され、日向・延岡方面には行く事が出来ません。主に島式ホーム(2・3番線)が使用されています。JR九州鉄道営業が駅業務を行う業務委託駅で、マルスは無くPOS端末は設置されています。駅舎にはJR貨物宮崎営業所が入っていて、貨物列車代替のトラック便がここと延岡駅との間を1日22往復運行しています。駅舎北側にコンテナ基地が有り、コンテナ貨物を取り扱っているJR貨物宮崎営業所所属の佐土原オフレールステーション(通称、佐土原ORS)と呼ばれています。
1920年(大正9年)国有鉄道日豊本線の広瀬駅(ひろせえき)として開業
1965年(昭和40年)佐土原駅(さどわらえき)に改称、妻線の佐土原駅(初代)が西佐土原駅に改称
1984年(昭和43年)貨物取扱廃止
1984年(昭和59年)妻線廃止
1985年(昭和60年)荷物取扱廃止
1987年(昭和62年)国鉄分割民営化で九州旅客鉄道が継承
1991年(平成3年)JR貨物の駅が開業
1998年(平成10年)貨物列車の設定廃止
2006年(平成18年)JR貨物の駅がオフレールステーションとなる
(※wikipediaから引用)
訪問日:2013年8月16日(金曜日)

イメージ 3
佐土原駅
1時間近く粘りましたが、自販機の作業が終わらず、
駅舎撮影は次回再撮です。
イメージ 4
佐土原駅
写真右側駅舎側が1番線、通過線、島式ホームが2番線、
反対側が3番線になります
イメージ 5
佐土原駅
跨線橋から日向・延岡方面
イメージ 6
佐土原駅
跨線橋から
高鍋・宮崎方面
イメージ 7
佐土原駅
跨線橋内
イメージ 8
佐土原駅
ホーム側から改札口
イメージ 9
佐土原駅 駅名標
イメージ 10
佐土原駅
3番線に宮崎空港行列車
イメージ 1
佐土原駅
イメージ 2
佐土原駅
イメージ 11
佐土原オフレールステーション

開くトラックバック(0)

                               高鍋駅日向新富駅佐土原
(ひゅうがしんとみえき)

 日向新富駅(ひゅうがしんとみえき)は宮崎県児湯郡新富町大字三納代にある九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線の簡易委託駅です。島式ホーム1面2線を有する地上駅で、ホーム間は跨線橋で連絡します。児湯鉄道サービス(地元企業)が駅業務を行う簡易委託駅です。マルス及びPOS端末は設置されていない。
1920年(大正9年)三納代駅(みなしろえき))として鉄道省が開設
1961年(昭和36年)日向新富駅(ひゅうがしんとみえき)に駅名改称
1968年(昭和43年)貨物営業を廃止
1984年(昭和59年)簡易委託駅化
1987年(昭和62年)国鉄分割民営化で九州旅客鉄道が継承
撮影データ:
カメラ:CANON PowerShot G11  CANON EOS 1D X(電車撮影)
記録媒体:DIGITAL JPEG DATA  撮影日:16(fri).AUG.2013

イメージ 1
日向新富駅
イメージ 2
日向新富駅
跨線橋から駅舎
イメージ 3
日向新富駅
跨線橋から佐土原・宮崎方面
イメージ 4
日向新富駅
跨線橋から高鍋・日向方面
イメージ 5
日向新富駅
跨線橋
イメージ 6
日向新富駅
イメージ 7
日向新富駅
イメージ 8
日向新富駅 駅名標
イメージ 10
日向新富駅 駅看板
イメージ 9
日向新富駅
駅に隣接する公園に展示されている「T - 33A ジェット練習機」
近くにある新田原基地で昭和32年開設後初めて配備された航空機です。

 

開くトラックバック(0)

イメージ 9

                熊崎駅上臼杵駅臼杵駅
(かみうすきえき)

 この上臼杵駅は木造駅舎を撮影し始めた頃から良く訪れる駅です。今回も駅長さんにお願いして駅舎を撮影です。到着列車はこの時間帯は無く待合所にも誰もいませんでした。改札口の上に飾ってある風鈴の音が夏の風情を感じます。それにしても外は暑い!
 一応目的の(熊崎駅を除く)駅舎と下ノ江造船所が撮れたので、今回はこの駅で撮影は終了です。今週末は長崎県の松浦鉄道に行ってきます。福井川3連橋梁等撮影してきたいと思っています。暑いのであまり無理しない程度で撮影予定です。
今回の駅舎ガールは綾(MINEプロダクション)ちゃんです。
訪問日:2013年8月3日

イメージ 1
上臼杵駅
イメージ 2
上臼杵駅
いつも駅前にタクシーが待機していてなかなか撮れないカットです。
この日もすぐ左側には数台のタクシーが待機です。(笑い)
イメージ 3
上臼杵駅
いつも整理整頓されて綺麗な駅です。
イメージ 4
上臼杵駅
タイムスリップしたような時間が・・・.
イメージ 5
上臼杵駅
イメージ 6
上臼杵駅
駅前にはタクシーが戻ってきたみたいです。早めに撮って正解!
切符回収箱が新しくてちょっと残念かな!
イメージ 7
上臼杵駅
駅舎待合所の天井
イメージ 8
上臼杵駅

開くトラックバック(0)

北川駅
(きたがわえき)
宮崎県延岡市北川町川内名字小畑にある九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線の無人駅です。島式ホーム1面2線を有する地上駅でホームへは跨線橋で連絡します。駅舎は無く、ホームに簡易待合所が設置してあります。駅前には綺麗なトイレ施設が有りました。前回は5月の早朝の撮影だったので、再撮で寄りました。ホームを撮影しているといい天気だったのに急に雨が降り始めました。待合所に数人いらっしゃったので電車が到着するみたいです。撮影して帰りたいと思います。
1949年(昭和24年)運輸省が開設
1984年(昭和59年)無人化
1987年(昭和62年)国鉄分割民営化で九州旅客鉄道が継承
撮影データ:
カメラ:CANON PowerShot G11  記録媒体:DIGITAL JPEG DATA  撮影日:27(fru).JUL.2013
イメージ 1
北川駅
イメージ 2
北川駅
跨線橋でホームへ連絡します。ここが駅入り口になります。
切符回収箱も設置されています。
イメージ 3
北川駅
跨線橋から延岡・宮崎方面
イメージ 4
北川駅
跨線橋から大分・小倉方面
イメージ 5
北川駅
ホームに待合所が設置してあります。
イメージ 6
北川駅 駅名標
イメージ 7
北川駅 駅前にトイレ施設が有ります。
イメージ 8
北川駅
雨の中、電車が到着です。
イメージ 9
北川駅
電車を見送って駅を離れました。
空を見上げると雨雲がきれて晴れそうです。

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事