「医療」と「健康」の運動指導者ブログ

ご訪問ありがとうございます。健康運動指導士・健康科学アドバイザーとして「医療」と「健康」について発信していきます。

全体表示

[ リスト ]



イメージ 1

買い物等で、片手で荷物を持つ事ってありますよね?

今回はそんな時に役立つ方法をご紹介します♪

道具も使わないし、難しい方法でもありません。

しかし、理にかなった方法ですので最後までお付き合いくださいね。

【手首を反らす】

イメージ 2

手首(手関節)を動かすのには、主に曲げる筋肉(屈筋)伸ばす筋肉(伸筋)に分かれます。

握るという動作はほとんど屈筋が優位に働きます。

手首を反らす事で、伸筋を働かし屈筋の負担を軽減させるというものです。


【「キツネの手」にして手首を反らす】

イメージ 4
この方法は「古武術」でも紹介があるように、キツネの手にして荷物を持つと楽だというものです。

これも前述のように「伸筋(靭帯も含む)」の働きによるものといえます。

人差し指と小指を立て(伸展/しんてん)て、これも屈筋の負担を軽減し、肩〜腰、そして全身の負担を軽減させるという事になります(この事については、機会があればまた詳しく説明します)。


【テノデーシス作用】

イメージ 3

テノデーシスとは、一つの関節運動が他の関節筋の伸張を起こし、
その伸張された筋の運動を招く作用で、
手関節の背屈にしたがって
外在指屈筋(深指屈筋とか)が伸張され、手指が他動的に屈曲していく…



…つまり…


上の画像のように

手首を曲げると指が伸びて、

手首を反らすと指が曲がる。

という作用の事です。



是非、実践してみて下さい!

ご参考までに…

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事