ここから本文です
"歴代年無しの軌跡"〜人生は死ぬまでの夢〜

書庫全体表示

記事検索
検索

全39ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


右中間タイムリー2ベースHIT^^!

イメージ 1
イメージ 6
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5


12/5 迫間浦PART

イメージ 1
イメージ 2

 125日、晩秋から相性のいい迫間浦の日之出屋渡船さんへ単独釣行した。当日の天候は晴れ間はあるものの左右前後から吹きつける激風下でのTRYとなった。さすがに水温も低下しているので、エサ取りの活性を高めて本命をお招きする作戦で、今回はシラサエビを自前調達して現地へと向かった。そして筏に渡ってまずはシラサエビとオキアミをアンコにした団子をやや前方に、そして本命のサシエと踏んだサナギミンチに丸サナギを混ぜ込んだ団子を直下に投入してタックルをセットした。前半戦はオキアミとシラサエビメインで打ち返しながら数投毎に直下にサナギ団子を空打ちして時合いを待つ作戦とした。

 1時間ほどでオキアミとシラサエビのサシエはちびっ子ヘダイとコッパグレたちにかすめ取られる展開に数投に一回のテンポで直下サナギで様子をうかがってみるが、本命の気配はないままあっというまに10時を回った。じれったさと縦横無人に吹き付ける強風に筏が前後左右にねじれて移動するので終始手持ちでラインを出し入れするなんとも釣り辛い展開に大苦戦が続いたが、11時にエビ針にコーンを一粒さして直下に投入すると、いきなりゴンゴンと団子アタックが!少しラインを緩めて集中していると、団子が割れたと同時に穂先が突き刺さった!ガツンという手ごたえに半信半疑でやり取りしたが、魚は一気に筏の前方方向に突進、止まったところで2・3回竿をあおって反撃に転じた瞬間まさかのラインブレイク・・・。アタリ/締め込み方/ラインの切れ口からしておそらく良型真鯛の仕業だ、しかし顔だけは見たかった・・・。

 このあと吹き付ける強風にアタリがとれず苦戦が続いたが、一瞬ピタッと風が止んだ瞬間にようやく丸サナギで32㌢の本命を仕留めることができた。やはりアタリサシエはサナギと踏んで、オキアミとシラサエビでエサ取りを交わし、サナギ1本勝負での打ち返しモードを続ける展開が続いた。すると14時を回ってだんだんと風がおさまってくるとようやく本命の気配を感じることができるようになってきた。丸サナギを1ヒロほど這わして集中、穂先が僅かに揺れたところでスタンディングショットを放つとガツンという良型の手ごたえが!これは本命間違いなしと慎重に応戦、23度と強烈な締め込みダンスを交わして44㌢のシルバースターが登場、“やっとかよ〜!”とこれまでの厳しい展開が吹き飛んだ瞬間となった。このあとやはり丸サナギで35㌢と31㌢を連釣、一気にムードは最高潮に!そしてこの10分後にまたまた丸サナギを這わせているといきなり穂先がズボーンと海面に突き刺さった!先手を取られて防戦一方・・・筏の前後左右縦横無尽に走りまくる猛烈な締め込みに、こちらも負けじと立ち上がって“お〜っと・と・とッ!”と筏の上で縦横無尽に走りまくっての応戦が続いた・・・。最後の足掻きで左手のロープ方向に走り出したので、“そうはさせんッ!”と筏の右端までダッシュ!辛うじてロープ攻撃を交わしてやっとのことで海面に44㌢のガンバリ屋さんが浮上した。これを最後に再び激風コーナーに突入したので、やむなく15時に早上がりENDINGとした。当日は、水温低下と激風で前半戦は苦戦を強いられたが、午後からの風のおさまった時合いを捉え、“44マグナム”2発を含む本命5発を射止めることができた。

 

当日のタックル)

竿  :黒鯛工房アスリート競技145RX

穂先 :岡田工房NMスペシャル

   リール:黒鯛工房THEヘチLIMITED88W-TS  

   ライン:ザイト筏かかり1.5

   針  :がまかつ一刀チヌ13

      錘  :完全フカセ   

No.251 迫間浦にてPart

イメージ 2
イメージ 1
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 3

1117日、2週間前に運よく年無含みの二桁釣果で楽しんだ迫間浦の日の出屋渡船さんに単独セカンドTRYした。当日の天候は北西風はそこそこ吹いているが、終日秋晴れのまずまずの釣り日和となった。早朝6時過ぎに出船、前回と同じ湾奥に設置されている弁天筏に陣取った。

 まずは団子づくりから取り掛かり、オキアミ/コーン/サナギミンチをアンコにした団子をやや前方に数個打ち込んで、景色を楽しみながらゆっくりとタックルをセットした。

 そしてワクワクの第1投目はエサ取りの状況を確認するためにオキアミを刺して実釣開始。団子への反応はなかったが、サシエが出るとコッパグレのようなアタリでオキアミはあっと言う間にかすめ取られた。海況はまずまずだ・・・次からはエサ取りをちらすためにオキアミを一つまみアンコにして、サシエをコーンとサナギのローテーションで打ち返していると、僅かに団子への反応が出始めた。団子が割れるとエサ取りのアタリに混じって本命っぽいアタリも出始めたが、食いが立ってないようで、合わせどころがつかめず何度も素針を引く展開が続いた。確かなに気配をかんじとることができてもなかなか針に乗らないもどかしい時間が2時間ほど続いたが、8時過ぎにようやくヒット!30㌢弱の小学生サイズが浮上した。“よし、これからやでっ!”と気合いを入れて集中したが、思いとは裏腹に大苦戦・・・結局正午までは小学生サイズを3枚獲ったところでランチタイムで場を休めることにした。

 そして午後からも黙々と打ち返していると、13時頃からようやく学童給食タイムに突入した。サナギメインでモタレアタリと居食いモードを次々に合わせまくり14時までの1時間で30㌢〜28㌢を8枚追釣して二桁に到達できた。このあとも空振り覚悟の盲目合わせで掛けまくり16時には18枚まで釣果を伸ばすことができた。ここまできたら20枚のダブルスコア狙いかと息巻いていると、突然サシエが残り始めた。前回釣行時も最終このパターンで年無しを仕留めていたので、もしかして・・・!?と直感、ダブルスコアを捨ててサナギの3粒掛けでゆっくりと落とし込んでみた。着底したら二ヒロほどラインを引き出し穂先に集中していると、モゾモゾアタリが30秒ほど続いた次の瞬間、穂先が海面に突き刺さった!待ってましたとばかり渾身の合わせを入れるとズッシリとした手ごたえで右腕がロックされ、筏の後方に猛烈な締め込みダンスが!ライトタックルの限界を意識しながら、防戦一方のやり取りが続いた。それでもなんとか反撃に転じたと思ったら今度は前方に猛スピードで突進、正しくコワリの大真鯛を思わせる猛ダッシュに耐えきれず筏の中央に立ち上がっての応戦だ!竿がU字形にひん曲がって悲鳴をあげる展開に無理をせずラインを出して突進が止まるのを待ってニーアクションを駆使しながらゆっくりゆっくりと巻き上げてくると、10㍍くらい前の海面に黒武士を彷彿させる銀影がユラリと翻った!思わず“デ・デ・デカいッ!あせるな〜、あせるな〜!”と発声、最後の足掻きを慎重にクリアして無事フィニッシュ!採寸すると52㌢!前回を上回るサイズに大海原に“獲ったでぞーッ!”と大声が響き渡るラストシーンとなった。当日の釣果は納竿土壇場で52㌢の正しく“秋桜”を咲かせるTOTAL19枚、大満足の釣行となった。

 

当日のタックル)

竿  :黒鯛工房アスリート競技145RX

穂先 :岡田工房NMスペシャル

   リール:黒鯛工房THEヘチLIMITED88W-SR

   ライン:ザイト筏かかり1.5

   針  :がまかつ一刀チヌ2/3

      錘  :なし

No.250 迫間浦にて

イメージ 4
イメージ 1
イメージ 2


51㌢から二桁いきました^^)

イメージ 3
114日、筏チヌ初挑戦のCさんと迫間浦の日の出屋渡船さんに釣行した。当日の天気予報は終日曇りだったが、出船時刻から風が吹き出し、午前中一杯雨模様という厳しい条件となった。当日のテーマは、「初心者になんとしても一枚釣ってもらうこと!」、自分が釣れても楽しいが、最近は人に釣ってもらうことに快感を覚えるようになってきている・・・特に今回は筏チヌ初挑戦者に釣らせることを“大義”として臨んだ。そこで季節も晩秋を向かえ数釣りも終盤戦の時期となったが、この時期過去から実績が高く、潮の流れも緩やかな迫間浦をチョイス、振り付ける雨の中意気揚々と船に乗り込んだ。筏に到着した時点で二人ともすっかりびしょ濡れになってしまったので、まずは傘の設置から手早く済ませ、次は団子を作って、オキアミ/コーン/サナギミンチをアンコにした団子を数個打ち込んでからタックルを準備した。とりあえずCさんのタックルを組んで、サシエの刺し方/団子の握り具合/団子が着底してからの動作・・・等々一通りレクチャーしてから、私もタックルを準備した。すでにエサ取りの反応はある様子なので、期待感満々で第1投・・・微かに団子に反応があったのでラインを少しづつ緩めながら穂先に集中していると、団子が割れて15秒ほどでフワフワアタリが・・・“これはもう居る!”と直感、ゆっくりとラインをリリースしていき僅かなモタレアタリを見逃さず合わせを入れると竿が綺麗なカーブを描いた!思わず“キターッ!”と絶叫、心地よいチヌダンスの締め込みを楽しんで海面に30㌢の本命が浮上した。最高のスタートを切り、素早くスカリINして二枚目を狙い集中していると、今度はCさんが“キターッ!Ⅱ”と連叫!!良型チヌらしくやり取りがままならず悪戦苦闘の展開・・・、見るに見かねて選手交代・バトンタッチ、竿を渡してもらって応戦したが、時すでに遅し、ロープに擦れて痛恨のラインブレイク!“今のはデカかったのになぁ・・・”と苦笑するシーンとなった。このあと気配が消え失せて降りしきる雨の中、業が続いたが、正午前に雨が上がると本命の気配が漂いだし、サナギメインで30㌢〜27㌢を5連釣!そろそろCさんにも来るかなと思った矢先、サナギのラインダラダラ放置プレイに穂先が!“グググーッ!“と押さえ込まれ、半信半疑の合わせで戦闘開始!竿をゴンゴンと叩く様子に”本命やでぇ〜!今度は絶対逃がすなよーッ!“と興奮の坩堝状態・・・海面に浮上した29㌢の本命に二人して”やったなあ〜ッ!と歓喜に包まれるシーンとなった。とりあえずこれで今日のテーマは達成、あとは釣り切るのみとばかり気配が消え失せないうちに30㌢弱サイズを次々に撃破・・・“まだまだいくでぇ〜!“と息巻いていると突然静かな様想に・・・おかしい。これは大型がきてると直感、サシエのサナギを団子の外出しに着底したら1ヒロほどラインを出して集中していると、20秒ほどのタイムラグでフワフワと穂先が揺れたところで”どりゃーッ!“と渾身の大合わせをブチ込むと数釣りロッドが悲鳴を上げて大きく撓った!1.5号ラインの限界域を感じながら出しては巻いての必死の格闘が続き、ようやくボンワリと浮かんできたその顔は南洋人のような真っ白い唇、最後のあがきをクリアして無事フィニッシュして採寸すると51㌢の綺麗な年無しチヌだった。土壇場でのまさかの展開に胸のバクバク感がしばらく止まないシーンとなった。これを最後に本命の気配は消え去り納竿とした。当日の釣果は、51㌢の年無しを含む二桁とCさんも1枚GET、がんばる人には幸ありの満面笑み釣行となった。

当日のタックル)
竿  :黒鯛工房アスリート競技145RX
穂先 :岡田工房NMスペシャルV
   リール:黒鯛工房THEヘチLIMITED88W-SR
   ライン:ザイト筏かかり1.5
   針  :ささめヤイバチヌ3
     錘     :完全フカセ                 

全39ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事