ここから本文です
edgeのブログ
YZF-R1を4台乗り継いでいる男の生き様です。

書庫日常

記事検索
検索

Ninja 250とYZF-R1

今日は先週納車したS君のNinja 250を見てきました。
 
本当だったら慣らしを兼ねて、こちらへ来て欲しかったのですが・・・
 
なんとS君は交通量が多い道路は怖いらしく、高速と国道はNGなので県道以下(町道メイン)しか走れないという驚愕の縛りが有る為、私がR1で自宅から50km離れたS君宅付近まで高速を使って行く事にしました。
 
R1にオイル/タイヤ交換、給油、サーキット走行以外の用途で乗るのは、いつ以来か分からないほど久々です(^_^;)
 
待ち合わせの高速のICから、適当な駐車場まで移動する際、S君が前を走りましたが意外と普通に乗れていて、もっと決定的にダメかと思ったのですが拍子抜けです。
 
ただ、交差点で曲がる度に100%の確率でウインカーを消し忘れます。
 
その為、いつ曲がるのか分からないし、ウインカーを点滅させたまま交差点を直進する様はスリリングでした^_^;
 
目的の場所に着いてNinjaの観賞です。
 
カウルにS君が映り込んでいます。
 
イメージ 1
 
 
ホイールのデザインは今どきで良いです。
 
イメージ 2
 
 
まだ69kmしか走っていません。
マニュアルでは800kmまで4,000回転以下、1,600kmまで6,000回転以下の慣らしを推奨しています。
 
イメージ 3
 
 
NinjaとR1とS君。
 
イメージ 4
 
 
Ninjaに跨るS君。
デイトナのフェンダーレスを注文済みで、7月に交換予定との事。
 
イメージ 5
 
 
Ninjaを借りて乗ってみましたが、250㏄に乗るのは1998年まで乗っていた`93TZR250RS以来16年ぶりです。
 
これがその`93TZR250RS。
 
イメージ 6
 
 
 
まだ慣らし中なので本来は4,000回転以下で走る必要が有りますが、S君はこれでは全然走らないので、既に5,000回転まで回しているという事なので、私も5,000回転まで回す事にします。
 
先ず気になったのは、ブレーキのアタリがついていないので、スカスカで全然効かない事です。
(バイク屋からも注意する様にと説明されたそうです)
 
31PSのエンジンは慣らし中の為、5,000回転までしか使えないので何とも言えませんが、思ったよりもパワー感が有りました。
 
やはりバイクはギャンギャン回さないと何も分かりません。
 
ちなみに6速4,000回転で56キロしか出ないので、マニュアル通りに慣らしを行うと結構キツそうです。
 
軽さと足つきの良さから気軽に乗る事が出来るし、スタイリングの良さからも売れている理由が分かります。
 
とても良いバイクでした。
 
この綺麗な状態をいつまで維持出来るかな(笑)
 
イメージ 7
 
 
 

Ninja 250 納車

噂のキテる男 S君ですが、6/14(土)にNinja 250を納車したそうです。
 
私もこの納車に立ち会うつもりでしたが、残念ながら都合が合いませんでした。
 
初めて所有するバイクの納車なので、否が応にもとんでもないハプニングを期待してしまいます(笑)
 
仕事ではあまり可能性を感じませんが、ことハプニングの発生率については無限の可能性を感じます。
 
が、残念ながら、とんでもハプニングは何も無かったそうです。
 
納車の前々日に痛恨の任意保険加入忘れに気が付いて(当然、私が指摘)、軽くバタバタした位でしょうかね。
(なんとか納車までには間に合いました)
 
これが、納車当日の写真だそうです。
 
イメージ 1
 
 
あれほど、
『シールドは濃いスモークと薄いスモークが有るから気を付けろ。買うのは濃いスモークだぞ』
と言っておいたのですが、まんまと間違って薄いスモークを買ってしまい、おかげで二ヤついた顔が丸見えです。
 
ただこれは仙台のライコランドでヘルメット(SHOEI Z-7)を購入した時、店員に
『この店で一番濃いスモークシールドを』
と言って(かなりエラそう)、渡されたのがこのシールドだそうです。
 
後日、品番照合してみても明らかに薄いスモークですが、このタイミングで店に濃いスモークの在庫が無ければ、次に濃いのがこの薄いスモークなので、店側も間違いじゃありませんからね。
 
やはりやらかしました。
 
お互い何やってんのやという感じです(^_^;)
 
ちなみに納車時、緊張の余りバイク屋から目の前の道路に出るまで5分掛かったというS君の鋭い走りを、近日中に見てみようと思います。
 
とりあえずS君 納車おめでとう。
 
 
 

Ninja 250

先ほどS君からNinja 250の黒(新車)を購入したと連絡がきました。
 
コレ↓
イメージ 1
 
 
昨年末からYZF-R25の発売を心待ちにしていたのですが、先週発表されたスタイリングではS君を満足させる事は出来なかった様です。
 
納車は6月中の予定との事。
 
やっと買ったかという感じですが、R25を日本で一番早く一発廃車にした男の称号を得る可能性が有っただけに、その権利を失った事は少し残念です(^_^;)
 
 
こんなS君ですが、最近ちょっと怖いんですよね。
 
先日の出来事ですが、掛かってきた外線電話を受け、誰かに取り次ぐべく内線電話に転送する際、何故かじっと卓上カレンダーを見ていました。
 
どうやら2〜3桁の内線電話の番号表と見間違っていた様で、約5秒後に自分が犯した過ちに気が付いて、なんとも言えない表情をしていました。
 
内線電話の番号表と卓上カレンダーは、全く似ていないので、何がどうなってこうなったのか常人には理解不能です。
 
そしてその数時間後、今度は2年間同じ部署で働いている先輩(30代女性)を大きな声で、おもいっきり違う人の名前を呼びました。
 
事務所内は皆、いきなりの出来事にどうリアクションして良いか分からず失笑ですよ。
 
これらを至近距離で見ていた私は、ついにS君がなにかしらの病名がつく症状が出たのかと思って不安になりました。
 
もうなにもかもがキテます。
 
誰かS君をどうにかして下さい。
 
 
話が逸れました。
 
とりあえず、S君 新車購入おめでとう。
 
 
 

YZF-R25

今日発表されたYZF-R25
 
詳細↓
 
イメージ 1
 
 
 
昨年東京モーターショーに出展されたYZF-R25
イメージ 2
 
これを見るなり全然違うと、うなだれるS君。
 
期待が大きかっただけにダメージも大。
 
さあどうする?
 
3/6にFacebookから、仙台ハイランド閉鎖の情報が入ってきました。
 
今まで幾度となく噂に上がっていただけに、今回も噂であって欲しいと未だ何の発表も無いHPでの公式発表を待っていましたが、仙台ハイランドを運営する㈱青葉ゴルフが、3/4日付けで仙台ハイランドレースウェイが2014年9月15日をもって営業を終了すると発表したとの事。
 
 
レースウェイ跡地の利用についてまだ正式な発表は無いのですが、メガソーラー建設を予定している模様。
 
時代の変化・要求(エネルギー問題、施設の老朽化等による修復コストや維持費の問題)だから仕方が無いと自分に言い聞かせるも、ここまで深刻に自分の趣味に影響を及ぼす事が今まで無かったので、余りの衝撃に気持ちの整理がなかなかつきません。
 
ハイランドは自分のホームコースであり、コースの面白さと料金を含む敷居の低さが魅力のサーキットです。
 
ハイランドが無くなる事は、東北のモータースポーツ衰退を意味すると思います。
 
東日本大震災と翌年の爆弾低気圧で甚大な被害を受けるも、数ヵ月で復旧してきただけに残念でなりません。
 
サーキット走行の楽しさを教えてくれた仙台ハイランドへ恩返しの為にも、走れなくなるその日まで感謝の気持ちを込め、楽しんで走ろうと思います。
 
イメージ 1
 
 
 
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事