ここから本文です
edgeのブログ
YZF-R1を4台乗り継いでいる男の生き様です。

書庫日常

記事検索
検索

SENDAI MOTOR SHOW 2014

今日は仙台モーターショーへ行ってきました。
 
今回で9回目の開催との事ですが、そんなに開催していたとは知りませんでした。
(私は今回で3回目です)
 
会場は 夢メッセみやぎ です。
 
イメージ 1
 
 
会場の横は直ぐ海なので、貨物船が見えます。
 
イメージ 2
 
 
展示車両は東京モーターショーで展示されたコンセプトカーや市販車と、東北の外車ディーラーの車両です。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
 
日産 ZERO RC 電力駆動レーシングカー
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
 
日産 R380 1967年に作られたレーシングカー
1967年に2000㏄(直6 NA)で220馬力とは驚きです。
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
 
日産 GT-R
 
イメージ 9
 
 
フロア下の処理が気になる連れのI。この姿に隣の子供がビックリしています(^_^;)
 
イメージ 10
 
 
ホンダ UNI-CUB β
セグウェイのホンダ版?
 
イメージ 11
 
 
ホンダ NSX
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
 
ホンダ S660
 
イメージ 14
 
 
ホンダ CB1300SBとCB1100EX
 
イメージ 15
 
 
ホンダ CBR650F
 
イメージ 16
 
どうせならRC213Vを展示して欲しかった^_^;
 
レクサス LF-LC
 
イメージ 17
 
イメージ 18
 
 
トヨタ クラウンアスリート
公道を走る姿は未だ見た事が有りませんが、圧倒的な存在感で目をヤラれます^_^;
 
イメージ 19
 
 
トヨタ FCV 
 
イメージ 20
 
 
トヨタ  FV2
何だコレ?
 
イメージ 21
 
 
あ 開いた
 
イメージ 22
 
 
スバル BRZ GT300(SUPER GT 参戦車)
 
イメージ 23
 
 
もはや市販車の面影はライトのみです^_^;
 
イメージ 24
 
 
三菱 i-MiEV EVOLUTION(電気自動車)
パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」2012年大会参戦車
 
イメージ 25
 
 
スズキ HUSTLER
私の世代だとハスラーと言えば、バイク(50㏄)のオフ車を思い出します。
 
イメージ 26
 
 
PORSCHE 911カレラ
ポルシェはブラックバードの影響もあり、憧れの車です。
 
イメージ 27
 
 
会場の外に『はらたくクルマ』も展示されていました。
 
96式装輪装甲車
無骨さが素敵です。
 
イメージ 28
 
イメージ 30
 
高機動車
自衛官の募集も怠りません。
 
イメージ 29
 
 
 
久々のモーターショーでしたが、入場料が当日でも500円と安い事もあり楽しめました(^^♪
 
 

潤いを下さい

今年もこの時期は例年通りに・・・
 
仕事を終えると、車がこんな状態になっていたり・・・
 
イメージ 1
 
 
−14℃になってみたり・・・
 
イメージ 2
 
 
ここまでは例年通りなのですが、今年は乾燥しっぱなしの毎日に肌が音を上げました。
 
おかげで顔(特に目の下のあたり)が、今まで経験した事が無いほど乾燥していて、まるでゾウに触った様な感じ(実際にゾウに触った事は有りませんが)です。
 
40歳を過ぎると至る所、カッサカサですよ。
 
流石にこれはマズいので、潤いを求め会社帰りにドラッグストアでOXYの化粧水を購入しました。
 
イメージ 3
 
 
まさか男の自分が化粧水を使う事になるとは・・・(^_^;)
 
人生何が起こるか分かりませんね。
 
とりあえず暫くこれを使って様子を見る事にします。
 
 
それにしても、この寒さと雪はもう勘弁して欲しいですよ(-_-;)
 
R1のフル加速が懐かしい・・・・
 
無性にこんな無駄に勢いが有る事をしたい気分です。
 
2000年10月1日の自分です。
イメージ 4
 
 
左手首の角度(向き)を完全に間違えていて、これでは上を見ろです。
イメージ 5
 
 
こんな季節が待ち遠しい・・・
 
イメージ 6
 
 
 

787B

最近、787Bの動画を見て勝手にテンションが上がっています。
 
787Bとは、1991年にル・マン24時間レースで総合優勝を果たした、マツダのロータリーエンジン搭載車です。
 
多分2000年に放送されたカーグラフィックTVで、マツダのテストコースを走行したもの。
 
 
 
美しいフォルムと、突き抜ける様な甲高い4ローターペリサウンドにジビれます(^^♪
 
アイドリング時のバラバラとした乾いた音も堪りません。
 
2012年9月に開催された鈴鹿サーキット50周年アニバーサリーデーでデモランした際に、自然と観客から拍手が沸き起こっています。
 
 
 
流石『神様の楽器』と評されるだけ有りますね。
 
一度で良いから生で聞いてみたいものです。
 
感動して涙が出るかも知れません(^_^;)
 
現在ロータリーエンジンは、2012年6月に唯一の搭載車であるRX-8の生産終了をもって生産されていませんが、是非とも復活して欲しいです。
 

今年も・・・

年末年始休暇での極度のダラけぶりのおかげで、今日ゴミ出しの往復だけで膝を軽く痛めました。
 
確か昨年もこんな出だしだった様な・・・(^_^;)
 
特に、12/30は午前8時〜午後6時までの10時間ぶっ続けで『あまちゃん』の総集編を見てました。
 
『あまちゃん』はリアルタイムで見ておらず、結構話題になった朝ドラ程度の知識しか有りませんでしたが、当日の朝、たまたまテレビを見ていたら始まり、何気なく見ているとその面白さに止まらなくなりました。
 
ロケ地の久慈市と私が住んでいる所は同じ岩手県でも約200キロ離れているので、かなり方言も違いますがイントネーションが近い事も有り、親しみを持つ事が出来たので余計に引き付けられたのかも知れません。
 
まさか基本的にドラマを見ない自分が、NHK連続テレビ小説にハマるとは思いませんでしたよ^_^;
 
 
そんな休暇中に、この時期恒例のSALE(ネット通販)で服を買いました。
 
◆NICOLE CLUB FOR MENのブルゾン
 
ボルドーも好きな色です。
イメージ 1
 
 
◆NICOLE CLUB FOR MENのコート
 
そしてカーキも外せません。
イメージ 2
 
このライナーのボアは取り外し可能なので、長い期間着る事が出来そうです。
イメージ 3
 
 
◆A.S.Mのカーディガン
 
初めて購入するブランドです。
好きなオレンジ色と、取り外し可能なファーが気に入りました。
イメージ 4
 
 
イメージではこうなる予定です(笑)
 
イメージ 5
 
 
バイクのシーズンオフ中は徹底的に節制するつもりだったのですが、欲望を抑える事が出来ずに調子に乗って買い過ぎました。
 
SALEの誘惑に負け、まさかの48,000円の出費です。
 
今年も欲望の塊です。
 
こんな私ですが、今年も宜しくお願いします(^_^)/
 
そして皆様にとって素晴らしい年でありますように。
 
 

YAMAHA THANKS DAY

懐かしい写真を見つけました。
 
2001年11月23日に菅生で行われた、ヤマハ サンクスデーの模様です。
 
このイベントは平 忠彦さんらヤマハの歴代ライダーにより、歴代GPマシンと翌年の2002年から新たな最高峰クラスとなるMoto GPに参戦する、YZR-M1のデモ走行が行われるファン感謝イベントです。
 
難波 恭司さん
 
イメージ 1
 
 
藤原 儀彦さん
 
イメージ 2
 
 
平 忠彦さん
 
イメージ 3
 
この1970年代前半の初代?YZR500らしき車輌も走行したのですが、2ストのエキゾーストノートが大好物な私でも大気を引き裂く様なバリバリした爆音はキツかったです(^_^メ)
 
 
中野 真矢さん
 
イメージ 4
 
 
 1979年 ケニー ロバーツのYZR500
 
イメージ 5
 
 
ドリフトキング  ギャリー マッコイのYZR500
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
 
この後ろからのアングルの美しさには心を奪われます。
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
 
ノリックのYZR500
 
イメージ 11
 
GP500のマシンに初めて跨ったのですが、まるで自分がリクエストしたかの様な理想としているポジションだったので、自分の感覚が肯定された様な気がして、余計にテンションが上がりました(^^♪
 
 
YZR-M1
 
イメージ 12
 
ずんぐりむっくりしていて、これが本当にヤマハ車?と思わせるスタイリングです^_^;
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
 
中野 真矢さんがデモ走行したのですが、2ストの様に回転馬力で加速するのでは無く、図太いトルクで加速している感じです。
 
その圧倒的な存在感と加速は、今まで最強だった2スト500が色褪せるほどで、新しい時代の幕開けを予感させました。
 
が、この時はまさか2004年にロッシが加入するまで、ヤマハが散々なシーズンを送る事になるとは誰も思いませんでしたね(^_^;)
(特に2003年は、表彰台獲得がバロスの3位が1回のみという、目も当てられないシーズン)
 
この日は高年式のYZR500の走行が無く残念でしたが、YZR-M1を見る事が出来たので大満足でした。
 
もてぎや鈴鹿ではバイクメーカー主催のファン感謝イベントが行われていますが、菅生ではこの2001年以降行われていないので、バイク市場活性化の為にも是非お願いしたいものです。
 
 
 
 
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事