ここから本文です
近野滋之Blog『民族主義者の警鐘』
反日勢力を根絶しなければ日本は滅びる! 美しき祖国・日本の国内外諸問題について良識のある日本国民の皆様と考えて行きたい!

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、韓国がKARAと少女時代が日本でセクハラにあっていると騒いでいるのはご存知だと考えます。

「一緒に寝てみないと…」KARA、またセクハラ受ける?日本の放送のレベルが論難に

16日、ポータルサイトのダウム(Daum)に11月中旬ぐらいの日本・毎日放送の「EXILE魂」にKARAが出演した映像を翻訳と共に上げた。彼は「KARAが日本でまたセクハラされた」と主張した。 

このネチズンが指摘するセクハラ発言は二種類だ。最初は司会者がク・ハラに好きな日本語を尋ねる過程だった。ク・ハラは司会者の質問に「あのさ〜、いいけどさ〜」という言葉を挙げた。すると司会者は妙なニュアンスを漂わせながら「その後の言葉がさらに聞きたい」と言った。するとク・ハラは「早く寝てね」という言葉を付け加えた。一人の司会者が「いろいろ考えちゃう」と言うとすぐにまた他の司会者は「一緒に寝てみないとよく分からない」と言った。 

このネチズンはKARAとブアガル(Brown Eyed Girls)が過去日本テレビ「しゃべくり007」にそれぞれ出演してセクハラにあったという論難が前にもあったとし、「少女時代も美脚アイドルだといってカメラワーキングの時に遠慮なく脚だけ捉えたりもする。自国の歌手にだけこういう行動をして我が国の歌手には自制してほしい」と記した。
(国民日報クッキーニュース:韓国語)より一部抜粋
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1292603422/

>司会者がク・ハラに好きな日本語を尋ねる過程だった。ク・ハラは司会者の質問に「あのさ〜、いいけどさ〜」という言葉を挙げた。すると司会者は妙なニュアンスを漂わせながら「その後の言葉がさらに聞きたい」と言った。するとク・ハラは「早く寝てね」という言葉を付け加えた。一人の司会者が「いろいろ考えちゃう」と言うとすぐにまた他の司会者は「一緒に寝てみないとよく分からない」と言った

イメージ 3


「TBS EXILE TAMASII 魂 KARA」(動画)http://www.tudou.com/programs/view/tM35fE4c77c/

私はTBSの放送した「EXILE 魂」の動画を見ましたが、バラエティにもドラマと同じで「台本」があり「KARAの所属事務所が許可」して出演しているのですし、「本番収録前」には「リハーサル」もするのですから「セクハラ」ではありませんが、「ク・ハラに好きな日本語を尋ねる」と「あのさ〜、いいけどさ〜」・「早く寝てね」の方が理解不明で、韓国芸能界の「枕営業」で「覚えた日本語」のようにも受け取れます。

歪んだ韓国芸能界未成年で枕営業まで?

日本の芸能界とは違う【韓国芸能界の闇】を民放関係者が語ってくれた。「数年前に韓流のドラマを買い付けに頻繁に行ってた時期があったけど、もうあっちの接待は異常。袖の下(賄賂)は当たり前・・ロレックスとか嫁さんがいる幹部とかは指輪とか宝飾品。当然夜の接待も当たり前で、一番驚いたのは連れてこられていたアイドルの女の子の数人をさして【好きなのをホテルに持ってけ】というんですよ(笑)。中には15歳の子とかもいるんですよ。さすがに誰も手出ししていなかったけど、あっちのマスコミ関係者とか事務所の幹部は【役得】だといってたから凄みを感じましたね。」

さらに驚くは、枕営業をする側の女の子の意識だ。「話を聞くと日本の女の子と違って、枕営業を自分から好んでしている子もいたね。いま韓国人の若い娘は【芸能人になる】が目標の子が多い。なので、過当競争でのし上がるために枕もOKという子も多い。日本のようにAV女優になるとかヌードになって一稼ぎっていうのが、韓国の芸能界ではないのも原因かもね。お国柄ポルノはNGな場合が多いから。日本人にだって、金稼ぎたくてAVに行く芸能人がいるわけでしょ?それと同じで、有力者とセックスして仕事を取っているという打算で枕をする。ある意味プロ意識が高いんだろうね。(同上)」
(9月29日 ライブドアニュース)より一部抜粋
http://news.livedoor.com/article/detail/5041558/

>「少女時代も美脚アイドルだといってカメラワーキングの時に遠慮なく脚だけ捉えたりもする。自国の歌手にだけこういう行動をして我が国の歌手には自制してほしい」

韓国の出稼ぎアイドルグループの「少女時代」は「美脚」を売り物にして、「KARA」は「ケツ振りダンス」を売り物にしているのですから「カメラワーキング」がこれらを中心にするのは当然で、「我が国の歌手には自制してほしい」なら「韓国のアイドルが日本へ出稼ぎに出さない」ように「韓国の芸能界」へ自制を要求すべきであり、「整形=工事」の「韓国の出稼ぎアイドル」を見せられる「日本人」の方が「気分不快」です。

イメージ 4


↑ 「KARA」ク・ハラの「顔工事」

イメージ 5


↑ 「少女時代」」ジェシカの「美脚工事」の脂肪溶解の注射痕

私は本ブログで再三再四、「韓国政府が国策」として自国の宣伝と不都合な報道をさせない為に「日本に莫大な予算投入」をして「韓流ブーム」を作り上げていると書き記しましたが、本ブログには投稿文字数に制限がありますので「AKB48」プロデューサー「秋元康」氏も「韓国の国策」との発言・「韓国芸能人の整形手術」の実態・「日本最大の広告代理店の電通」に逆らえない「民放テレビ局」や「NHK関連団体」などの問題は本ブログ以下の記事をご覧下さい。

「NHKは大河ドラマ「龍馬伝」最終回の見せ場だけではなく再放送までテロップを流したのはDVD販売での金儲け目的の可能性は大だ、韓国の国策で儲ける電通と深い関係のNHKは反日テレビ局だ」http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/33872709.html

「反日マスコミと売国広告代理店は韓流ブーム再来と捏造するな、整形アイドルの少女時代を日本で人気にさせるのは怪しい韓国資本のマネーロンダリングと同じだ」http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/33480369.html

韓国のアイドルが日本へ出稼ぎに来るのは「松浦勝人」エイベックス社長も発言したように、韓国ではCDが「違法ダウンロード」で売れないからで「日本と韓国の音楽市場を比較」すれば分かります。

「相次ぐ韓国アイドル日本進出のワケ」http://geinou045.seesaa.net/article/167729515.html

イメージ 6


↑ (右下クリックで拡大!)「世界の音楽市場規模比較」(2008年度IFPI資料)では「日本を除く全アジア諸国の市場規模を合わせても、日本市場の半分にも満たない」実態
http://www.riaj.or.jp/issue/record/2009/200908.pdf

イメージ 7


↑ 「日本」と「韓国」の「音楽市場規模比較」では「人口で日本は韓国の約2.5倍なので、日本人一人当たりで韓国人の約12倍の音楽市場」実態

テレビや雑誌などマスコミは韓国の国策で儲けるために「KARA」や「少女時代」を起用しているのであり、韓国がセクハラだと言うなら脚や尻を売り物にする出稼ぎ工事(整形)アイドルは日本に来なければ良いだけです。

良識ある日本国民の皆様、韓国の工事アイドルを起用するマスコミについてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 https://blog.with2.net/in.php?646336

この記事に

  • 顔アイコン

    日本に来てほしくないですね。

    傑作・ランクリ。

    saku

    2010/12/19(日) 午前 10:32

    返信する
  • 「KARA」と「少女時代」の動画をYOU-TUBEで見ましたが、
    アメリカ映画に出てくる路上のコールガールを集めて歌っているような…(爆笑)。
    まぁ、そういう売りなんでしょう。


    ランクリ

    seijin

    2010/12/19(日) 午前 10:46

    返信する
  • 顔アイコン

    後向いて「べ〜」ってやってるんでしょうね。傑作らんくり

    マシュマロマン

    2010/12/19(日) 午前 10:53

    返信する
  • 顔アイコン

    遅くなりましたが転載します

    傑作

    らんくり

    [ - ]

    2010/12/19(日) 午前 11:01

    返信する
  • 顔アイコン

    本日のランクリ☆

    たけし

    2010/12/19(日) 午前 11:34

    返信する
  • 顔アイコン

    韓流ブームとやらは全く関係ありませんでした。人好き好きですからとやかく言いませんが、日本のフアンも何かストレスがたまっているのでしょうか。何でもアリ、の韓国芸能人、日本のマスコミも馬鹿みたい。

    [ 白い蓮 ]

    2010/12/19(日) 午前 11:47

    返信する
  • 顔アイコン

    韓国芸人は入国禁止、日本の寄生虫在日は国外追放 ! !

    *PP

    2010/12/19(日) 午後 1:20

    返信する
  • 顔アイコン

    本日のランクリとツイットです。

    [ JJ太郎 ]

    2010/12/19(日) 午後 2:07

    返信する
  • 顔アイコン

    韓流洪水・・・、日本のメディアはアメリカの日本支局だけでなく、韓流に飲み込まれようとしている・・・

    かいざぁー

    2010/12/19(日) 午後 3:07

    返信する
  • 顔アイコン

    ホント来て欲しくないですね〜
    注射痕笑えます。

    傑作&ランクリ

    [ wwwwww ]

    2010/12/19(日) 午後 3:11

    返信する
  • 顔アイコン

    韓流を受け入れるマスコミが大っ嫌い!
    私は、TVで見掛けるとぶち壊したくなる衝動に駆られ、TV等も見ない事が増えてます。
    しかし、反日教育されてきているのに日本に稼ぎにくる時点でおかしいと思わない思考がキチガイの証でもありますね。

    ◎ポチです!

    ジョウジ

    2010/12/19(日) 午後 7:07

    返信する
  • 顔アイコン

    ( ´ー`)y─┛チァーパーボェー
    日本の音楽市場大きいですね 日本を締め出す国にただで市場をくれてやるのは反対です〜

    傑作&ランクリ

    にっぽに屋にっぽん

    2010/12/20(月) 午前 0:40

    返信する
  • 顔アイコン

    韓国のKポップって一昔前の日本の音楽に感じます
    あのジュリアナのころの感じにそっくりです
    おくれている国です

    [ 道後 ]

    2010/12/20(月) 午前 1:10

    返信する
  • 顔アイコン

    無理やりブームを作り出すマスコミは嫌いです。
    傑作+ランクリ

    [ 愛芝 ]

    2010/12/20(月) 午前 3:19

    返信する
  • 顔アイコン

    今日のランクリ ポチ凸

    御自愛下さい。

    hito

    2010/12/20(月) 午前 3:20

    返信する
  • 顔アイコン

    Kの国の音楽全部パクリですから
    反日朝鮮人と中国人追い出しほしいです
    永久追法早くしてほしいです

    [ - ]

    2010/12/20(月) 午前 6:59

    返信する
  • 顔アイコン

    枕営業は民族の生業です。

    傑作・くり

    [ 敬天愛人 ]

    2010/12/20(月) 午前 9:38

    返信する
  • 皆々様、ご来訪に感謝を申し上げます。

    コメント拝見させて頂きました。

    傑作・ランクリ有難うございます。

    今後も宜しくお願い致します。

    近野

    近野滋之

    2010/12/20(月) 午後 0:46

    返信する
  • 顔アイコン

    不細工なので、よほどの突貫工事か手抜き工事なんでしょうな。

    kitaguniharuo

    2010/12/21(火) 午前 10:03

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめまして、最近K−POPアイドルが良くテレビに出ているとは思っていましたが・・・。
    裏ではこんなことがあったんですね。
    個人的に少女時代は「少女」と言うわりに足の露出が激しかったりと全く「少女」らしさが無いと思っていました。
    恐ろしいことに韓国では親が整形させるらしいですよ。
    特に女性は綺麗じゃないとお嫁にいけないらしいです。
    韓国では舌の整形等もするそうですよ。
    英語の発音が良くなるからと根拠の無い手術を幼い子供に無理やりさせるそうです。
    とんでもない話ですよね・・・。

    真実を暴いていって欲しいです。
    また拝見させていただきます。

    [ - ]

    2011/1/8(土) 午後 11:03

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(4)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事