ここから本文です
白汁”はくじゅう”を エロワードにしたのは 私です。

書庫全体表示




どもっ!!   オペレーターの 偵察大隊所属 エミル軍曹と 申します。



イメージ 1



今回は 幻の計画で終わった ナチスドイツ軍 E計画の全貌を お伝えします。


ポルシェ博士を 中心とする ティーガーマウス計画が スタートした後、
パンツァーコミッション委員長 クニープカンプ博士によって
1942年5月 ナチスドイツ陸軍は 徹底的な合理化した戦車を作るプロジェクトが スタートします。


計画は E (Entwicklungstypen:エントヴィックルングスティへン=開発タイプ) 計画と 呼ばれ

部品の共用化によって コストを抑え、生産性、整備のスピードアップも 考えた計画でした。
1943年に 各車両の開発が 決定されます。





イメージ 8


下が 立案した Eシリーズ車種一覧

E-5 

5〜10トン 小型車両

E-10

10〜25トン 軽戦車

E-25

25〜50トン 戦車

E-50

50〜75トン 中戦車 (パンターの後継車両)

E-75

75〜100トン 重戦車 (ティーガー兇慮綏兌嵶)

E-100 

100〜トン 超重戦車


E-10 KHD社(クレックナー・フンドルト・ドイッツ社)、 E-25 アルグス(Argus) 
E-50 アルグス(Argus) or アウトウニオン社(Auto Union) が関る。


イメージ 9


イメージ 2


E-5
軽車両。2人乗り小型軽戦車、火炎放射戦車、小型無線車両、小型駆逐戦車、小型兵員輸送車など。

E-10
駆逐戦車タイプ モックアップ(木型模型)のみで 38式軽駆逐戦車ヘッツァーの開発優先の為、 
計画は 途中で中止となります。
本車両は 駆逐戦車ヘッツァーより先に 計画されていたもので ヘッツァーの名は 
この車両に 与えられるはずでした。

E-25
駆逐戦車タイプ モックアップのみ完成。  

E-50
E-75との 部品の共有化によって 生産性向上が 目的。 E-75より 防御力、装甲は劣りますが
機動性重視の車両でありました。 

E-75
ティーガー兇痢仝綢骸屬砲覆襦〕縦蠅世辰燭里如.謄ーガー兇販匹似ています。

E-100

1943年中ごろ 陸軍兵器局は ヒトラーから E-100の 開発許可をとって 
作業は スタートしますが 設計や 部品の供給の遅れなど 作業は難航し
人員の不足から 組立て要員 わずか3名しか 充当されないという有様でした。

また 戦局の悪化にともない1944末 ヒトラーから 作業の中止命令がでますが  
作業自体は 終戦まで 細々と続けれます。< これは 職人魂、意地?でしょうか。

・・・ただの趣味とも ぃうかもしれません。


1945年5月  連合軍の捕獲となりますが サスペンション部品の不足で
キャタピラさえない 車体だけが 工場に 放置されていました。 


終戦までに完成した車両はなく 唯一、形になったものは E-100重戦車の サス、キャタピラもない車体のみ。


イメージ 4




 …重戦車マウス、E-100ともに完成し 最後に一花、・・・伝説を 咲かせて 欲しかったものです。




イメージ 3




参考資料:PANTER増刊 第2次世界大戦のドイツ戦車(昭和58年3月25日発行)

ガリレオ出版 グランドパワー 超重戦車マウス/E-100(2010年5月号)


ウィキペディア

音楽使用素材サイト

イメージ 5



イメージ 6










顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事