ここから本文です
白汁”はくじゅう”を エロワードにしたのは 私です。

書庫全体表示

イメージ 1
 
 
Krupp Raumer S
 
戦後発見された 奇妙なドイツ車両といえば 一つは 
クルップ社によって 作られた巨大な4輪車両… それはクルップ ラウマーSです。
1944年頃、クルップ社では この重地雷除去車両の プロトタイプを製造しました。
 
重量は 130トン、 直径2.7メートルのスチールホィールによって 車両はサポートされ、
車両の誘導は 車両の中間を維持しつつ、 合理的な道のりで旋回しました。
 
クルップラウマーSの 動力は 各車体半分に搭載された 
12気筒マイバッハHL90エンジンによって 動きます。
 
 
 
イメージ 2
 
この車の目的についての 議論は 色々あるのですが、
装甲で 厚く保護された キャビンと ゆとりある高さの シャーシーから 
地雷原を 突破する目的のために 使用される事が考えられます。
 
フロントと リアのホィールは 地雷原を除去する為に 異なった間隔でした。 
もし 車両が地雷原を 通って逆に 反転する目的であったと仮定します。 
ぐるりと 車両が反転しなくても 進行方向の逆側車両のドライバーが 操縦してバックします。
 
 
イメージ 3
 
この車両には 欠点もあり、 センターの 露出した連結部分は \¤\᡼\¸ 3
地雷の爆発したダメージを 受けやすいと考えられます。
 
戦争が終結した1945年、クルップラウマーSは アメリカの掃海艇によって 
ドイツのHillersleben"ヒーラスリィーヴェン"で 鹵獲されました。
 
\¤\᡼\¸ 3グーグルマップ
 イメージ 5
 

 
 
 
 
Krupp Raumer S テクニカルデータ
 
長さ10.58メートル
幅3.15メートル
高さ3.18メートル
ホイール直径2.7メートル
重量:130トン
乗員:8
武装:-
装甲:25ミリメートル
エンジン:350馬力 Maybach HL 90 P 20-K 
ガソリンエンジン×2
速度: 整地道路 時速22km / オフロード 
時速4〜8Km
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
参考資料:
 

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事