ここから本文です
白汁”はくじゅう”を エロワードにしたのは 私です。

書庫全体表示

困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 
 
 
【11月16日 AFP】新作主演映画『Bullet to the Head』のプレミア上映会のために伊ローマ(Rome)を
訪れた米俳優シルヴェスター・スタローン(Sylvester Stallone)が14日、人気アクション映画『ランボー
(Rambo)』シリーズ続編制作の可能性について発言した。
 
 記者会見でスタローンは「私がまだ引退しないのはランボーのせいさ。あいつには帰る家がない。
だから戦場が必要なんだ。そこが、あいつの死に場所になる」と述べ、シリーズの続編制作をにおわせた。
 だが1982年から2008年の間に制作されたシリーズ4作品の中で、ベトナム戦争帰りの屈強な
主人公ランボーを演じたスタローンもすでに66歳。「体が(アクションに)持ちこたえれば良いのだが。
でなけりゃ、リウマチと戦うランボーになってしまうからね」とも語った。
 
 ウォルター・ヒル(Walter Hill)監督の新作『Bullet to the Head』は、1980年代テイストのアクション映画で、
共にパートナーを殺された雇われ者の殺し屋ジミー・ボボ(スタローン)とIT通の堅物警官が復讐のために
タッグを組むというストーリーだ。警官役はサン・カン(Sung Kang)が演じる。
 
 この作品で主人公を演じたスタローンは、若い世代のためにボクサーのロッキー(Rocky)や戦士ランボーに
続く新しいヒーロー像を創造できたと思うと述べ、「ランボーは陰のある人間。一方、ロッキーは常に前向きな
人間で2人とも両極端な人物だ。(新作映画の)ジミーは陰と陽の両面を持ち合わせた人間で、今の時代には
彼のようなキャラクターが合うんじゃないかな」と続けた。
 
 またイタリア系米国人であるスタローンは、同国の由緒ある映画撮影所であるチネチッタ(Cinecitta)を
「映画界における象徴的な撮影所」と称え、直面する財政危機からの救済を訴えた。「イタリア政府、
そして映画を愛する全ての人たちならば(チネチッタを)救えるはずだ。あなたたちならできる。そうすれば
(チネチッタは)さらに強力なものとなるはずだ」
 
 
イメージ 1
 
 
 イメージ 2
 
 
 < だから戦場が必要なんだ。そこが、あいつの死に場所になる」
 
 
 
・・・これって ちょぃネタバレ?w  イメージ 3
 
 
 
 
…ランボーの時代は もぉ終わってる!! 
 
 
かつての アメリカンヒーローに 大衆は 今、なにも 求めてないのさ…。
 
 
 
アメリカ国家は そこまで魂を 悪魔に売ってることを 
 
…世界中が 気づいている…。
 
そんな 見え透いた 幻想なんて いらないのさ・・・・
 
 
 
 
…なんてな。ww ´∀`
 
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事