★エロまんが家*☆*★*1ROOのお部屋*☆*★*

白汁”はくじゅう”を エロワードにしたのは 私です。

全体表示

[ リスト ]

困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

【8月8日 AFP】ベルギー人のピエール・ピッチニン・ダプラタ(Pierre Piccinin da Prata)氏は、
自分のことを歴史家であり政治学者だというが、彼の仕事は戦場記者に近い。研究者である
彼はシリアを十回以上、訪れている。もう少しで帰れなくなりそうだったこともある。

 2013年、彼はシリア反体制派の自由シリア軍(Free Syrian Army、FSA)の一派に裏切られ、
人質犯のグループに引き渡された。「2か月おきに現地に行っていても、状況を正しく読むことが
できなかった」という。

 欧米ではFSAは、バッシャール・アサド(Bashar al-Assad)大統領とも、イスラム過激派組織
「イスラム国(Islamic State、IS)」とも反対の、穏健な反体制派とみられている。
だがFSAの一部のメンバーたちは今、欧米人につく「高値」を目当てに、人質をイスラム過激派に
売るようになっている。かつてはISに対抗する希望の光と仰がれていたFSAだが、
最近では、
目的がばらばらの全く異なる反体制派グループの寄せ集めとみなされつつある。

FSAの一部の派と過激派の怪しいつながりは、外国人にとって命取りになることがある。ピッチニン氏のようなジャーナリスト、研究者、支援関係者たちは、FSAに保護してもらえると頼りにしていたが、それどころか過激派に売り飛ばされてしまったのだ。

 ピッチニン氏はシリア訪問8度目となる2013年4月に人質にされた。
イタリア紙スタンパ(La Stampa)の記者、ドメニコ・キリコ(Domenico Quirico)氏も一緒に、
FSAの兵士たちについてシリア西部の都市クサイル(Qusayr)へ向かっていた途中、車が故障した。車列の中の別の車に移された際、ピッチニン氏たちの保護を担っていた司令官の姿を
見失ったが、警戒心は湧かなかった。「何とも思わなかった。FSAに無条件の信頼を置いていた」という。

 目的地に着くと、2人は見慣れない部隊を目にした。ピッチニン氏はFSAの幹部クラスの人物に電話し、何が起きているのか確認した。その幹部は「彼らもFSAだから行動を共にしろ」と言った。

 翌日、ピッチニン氏とキリコ氏は街を出ることを決めた。兵士たちは彼らを見送りながら
にやにや笑っていた。街の出口まで来ると、道路が封鎖されていた。
「運転手は引き返すのではなく、エンジンを切った。4、5人の男たちがカラシニコフ銃を空に
向けて発砲しながら車に押し掛けてきた。『バシャル警察、バシャル警察』と叫びながら」

 2人は引きずられるようにして、軽トラックに乗せられた。そこには、自分たちを保護してくれる
はずの運転手の姿があった。武装した男たちがかばんを車から車へ移すのを手伝っていたのだ。「後から思えば『明らかにだまされた』のに、あの時は、シリア政府に拘束されたのだと思った」。しかしすぐに、アブオマル旅団(Abu Omar Brigades)に捕まったのだと分かった。

ピッチニン氏いわく「イスラム主義を語る、負け犬と犯罪者の集まり」だ。さらに2人はファルーク旅団(Farouq Brigades)に売られたが、イタリアの情報当局の交渉の結果、151日後に解放された。



            
過激な反政府勢力 と 穏健派反政府勢力? 

FSA”過激派” の(元)親玉、”アルカイダ大使” Moaz al-Khatib ムアーズ アル ハティーブと
アメリカ ケリー国務長官


>ISに対抗する希望の光

これは 西側諸国が FSAを 過激派の集まりだとしっていながら 
シリア国の正式な政府と 認めようとしていたプロパガンダ。(㊤画像)
 
AFP(日本)は 過去の記事を プロパガンダだったとは 
認めてないようだ。

このニュースサイトが この期に及んで いかにいい加減か、というのがよく分かります。




>全く異なる反体制派グループの寄せ集め

FSAが できた頃から アルカイダなど過激派の巣でした。
ソース 2012年7月25日 ニューズウィーク(日本語)

最初から西側諸国も 知っていた事です。
 (...知らないわけがない!!)









人肉食らうとは …麻薬でかなり 頭にきてるのだろう。 (下動画参照)
FSAは 戦いの恐怖を紛わす為に 麻薬やってます。


この辺は 忘れず、過去の過ぎたことにしないで ちくちくいかないと。

正しい歴史認識ってね。 




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事