ここから本文です
白汁”はくじゅう”を エロワードにしたのは 私です。

書庫全体表示

ナチスの独裁者アドルフ・ヒトラーが1945年4月にベルリンの防空壕で自殺せず、
南米に逃げたと仮定した場合は?ここで、疑問が生ずる。彼の遺体はどこに
眠っているのか?

ラボビアのリガ首都
© FOTOLIA/ MBONAPARTE
バルト三国ラトビアの議員 首都リガにナチス兵士の記念碑建立を提唱
アルゼンチンで最近出版された新著「亡命中のヒトラー」で歴史家アベル・
バスティ氏は、ナチスの指導者の第二次世界大戦後の生活について、
独自の説を展開している。

1945年、アドルフ・ヒトラーは、10年間住んでいアルゼンチンに避難を求めた
可能性がある。しかし、1955年、フアン・ドミンゴ・ペロン政権の打倒後、
新しい住み家を模索しなければならなくなった。他の多くのナチスと同じように、
ヒトラーはパラグアイに渡り、ドイツに出自を持っていた独裁者アルフレド・
ストロエスネルの後援の下に暮らした。バスティ氏がスプートニクの
独占インタビューで語った。

バスティ氏は著書の中で、ヒトラーや他のナチス高官がパラグアイで暮らしていた
ことを裏付ける諸々の証言を参照している。バスティ氏によると、ヒトラーは
1971年2月3日に死亡した。

「長年にわたって彼を助けた裕福な家族は、葬儀の執り行いを引き受けた。
ヒトラーはパラグアイ首都アスンシオンの地下壕に埋葬された。 1973年に
地下壕への入り口は密閉され、最後の別れには40人が駆けつけた。その後、
出席者の一人、ブラジルの軍人フェルナンド・ノゲイラ・デ・アラウージョが、
式典について新聞に語っている」

それはソ連軍によってベルリンの地下壕が制圧される数日前に始まった
長い旅のフィナーレであったかもしれない。本物のヒトラーは影武者の死体を
残して愛人エヴァ・ブラウンとともに地下通路から空港へ脱出し、スペインに、
次にはカナリア諸島へ飛んだ。そこから潜水艦でアルゼンチンの
コモドロリバダビアに向ったのだ。

「ヒトラーが逃げ延び、ソ連の手に落ちないということについては、米国との合意があった。それはまた、その後対ソ戦に参加した多くの科学者、軍人、スパイにも
関わることだ」と歴史家。

アルゼンチンから逃れた後、1955年にヒトラーはパラグアイのイパカライ湖の
ほとりにあるホテルに住んでいた。その後、パラグアイ独裁者の最初の妻
ストロエスネルに属する家に住んだ。アルゼンチンの歴史家によると、ナチス
指導者はまた、ブラジルとコロンビアを訪問した。

いずれにせよナチス・ドイツの独裁者の人生の物語は、まだ謎と曖昧さに
満ちている。

**********      

今更って記事だけど アップ。 この説、最初見たのは デイリーメールだったかな。


顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事