ここから本文です
白汁”はくじゅう”を エロワードにしたのは 私です。

書庫全体表示


2012/11/26 掲載した 記事です。








 
 
※ これは 架空戦記です。

 
 
BGM ▼
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
西暦:20XX… シリア ダマスカス
 
 
 
 






ついに FSA”自由シリア軍”と イスラム過激派による
 国家乗っ取り計画、最終局面に入る!!
 





イメージ 1






 
彼らのスローガンは 自由 と 正義。 



しかし、それは 彼らの為の 身勝手な自由であり、正義であって、

けして シリアに住む 国民の為のものではない事を  
ここに 付け加えておく…。    
 
 
 




 



 
主要メディアでは 一切、報じられない… 
 
 
 






 
血生臭い真実が ここ、ダマスカスで 繰り広げられるのだ…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

国民連合(旧:自由シリア軍) イスラム過激派
 
 






 
 
"Allah akbar!" アッラーは 偉大なり!
 
 
 
いいか 兄弟!! これは アッラーの名の下に行われる、聖戦だ!!  

容赦はいらぬ、女は 強姦しろ!! …子は殺せ!! 
 
 



政府に 加担する者アラウィー派を 
一人残らず、体を引き裂き、肉片にし、
 
不浄の生き物、 …犬 の エサ に してやれ!!
 
 
 
 

お前たちは 正しい・・・、

常に 正しいことを行っている !! 




 ここにイスラム国家建設 目的と
アッラーの名の下に !! …奴らを 駆除せよ!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アッラー ファックバル !!
"Allah akbar!"
 
アッラー ファックバル !!
"Allah akbar!"
 
 







 
"Allah akbar!" 
 
 
 


"Allah akbar!" 「アッラーは 偉大だっ!!」
 
 
 
 
 
 
 …Shabiha”シャビーハ”は すべて殺せっっ!!
 
 


 
 "Allah akbar!"
 


 
 皆殺しだ、
 
 
 殺せ・・・
 
 
 
"Allah akbar!"
 
 



 
 
 
 
 殺せ・・・っ!!
 
 





 
 
 
 
 
 

 
  ・・・解き放たれた 人の形をした 獣”ケダモノ”は 
 
強姦、略奪、虐殺を 繰り返し、 それは 果てしなく続いた・・・ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武装勢力は 虫でも殺すように ・・人々を 殺していく・・・。
 
 
 
 
 



 
 
これは 虚構なのか・・・ または 現実なのか・・・??
 
 
 
 
 
この状態に 相応しい言葉は・・・ そう、
 













  
Chaos”カオス”
 
 
 
 
 
 
 
 
 ここは 生ける者にとって 

・・形容するなら まさにあの、地獄のようだ…。
 
 
 






 
 
 



 
NATO軍による 理不尽な理由によって空爆が 実施され、
シリアは 多くの民間人犠牲者を出した・・・。




西側の言う 民主主義や人道、という、言葉とは 程遠い世界が 
ここシリアで 繰り広げられる・・・。     
 
 
 

 ・・これは誰の為の 民主主義であり、 
何の為の 人道的介入なのだろうか・・・。
 
 
 
 
 



・・つけ入るように 流れ込む、”生ける屍”のような 
過激派の群れによって 歴史ある都市、首都ダマスカスは 

破壊され、今 陥落寸前だった・・・。 
  
 

 
 
 




…駄目だ、市内に 突入されてるっ!!   
・・・連合の奴ら、西の最新装備だけでなく 

また 過激派と 手を組みやがった…   こんなでたらめな戦い… 
 








 
 
 …うゎーっっ!! 
 
 










 
 
 
 
 
勝てな…ぃ…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 








神様…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私達が 一体、何をしたというのだ……
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

人の形をして 人にあらず、 罪深き愚か者へ。
 
 
この 我が命、 ここで絶たれても 必ずこの思いは 親から 子へ受け継がれ、 
私は お前達に 復讐するだろう…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もし、 我が一族、 また民族が すべて葬り去られても  その無念の魂は 
他の民族へ受け継がれ、 必ず 悪行の報いを受ける…。 
 
 
 
 
 

 
 

 



 
 
それが 魂”人間”だ。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 


目先の強欲に 魅入られた シオニスト、 

人もどきな すべての愚か者よ、
よく憶えておけ。
 
 
 

…その罪の深さを。 
 








 
 
 
 
 




 
Asama ”アスマ”、すまない… 私は 先に逝く。 
 
 
 
 
 …後の事は 宜しく頼む。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
子供達を…頼んだぞ。 
 



 
 





いい子に…育ててくれ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 






 
 
 
 
 


・・・妻、アスマと その家族は 秘密裏にロシアへ 

手厚く保護されながら、政治亡命した・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 


 
 
 
これは 2012/11/26 掲載した 記事です。 ほぼ変更は 無しです。

FSAは 2013前から 反体制派は 過激派ばかりなんですけどね、 
ただ、当時の情報で 頭フル回転で、書いた シナリオなので、 

なんか 懐かしく・・変更したくないので、
そのまま いき にしました。 


日本は マスコミ効果で 当時、アサド政権 打倒、とかいう空気が 強かったので 
真相は かなり違うのに・・・ この空気は いけない、と思い、

また、このような結末に させたくない、という思いを込めて、
気持ちが 入ってる時に 殴り書きしました。 


外国が 転覆させて いい国なんて ありません。 
ましてや、何もしてない国を 潰していいはずがありません。 

 日本政府も もう少し、賢く 振舞って欲しかった・・・。

シリア友人の会、”要は しめ付け” なんて 完全な 汚点です。


・・・大体 いじめだよ、大人が 子供に やっちゃいけない、といってるヤツ・・・。








 
BGM : Click here !!
 
甘茶の音楽工房 
  
 
※ Shabiha とは 亡霊、幽霊の意味。 

当時、FSAに アサド民兵組織と 言われてました。 正義の独立記者、
チェリメッサンの報告では 存在しないという見解です。
 
2013年以降、たしか聞いてないので 恐らく 傭兵、過激派の嘘、でしょう。
 
 



 
 
 
 
  
 

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事