ここから本文です
白汁”はくじゅう”を エロワードにしたのは 私です。

書庫全体表示








イメージ 1




カナダの ガールズガイドが アメリカ旅行を キャンセルしたので、
トランプの旅行禁止の 影響を受けた国の スカウトを見てみましょう!





Meagan Campbell  2017年3月15日
What it’s like to be a Girl Scout in Syria
As Canada’s Girl Scouts decide to avoid trips to America, here’s a look at the guides in a country affected by Trump’s travel ban

イメージ 2



3月13日、カナダのガール・ガイド団員は、女の子を6カ国から派遣していて、
その女の子の一部が、 米国の 旅行禁止の影響を受けているので、
その子達だけを残してしまう危険があるとして、解除が あるまでは 
米国には 向かわないと 発表しました。


彼女らは また、これらの国だけでなく実際に 
そこに住んでいるガールガイドと スカウトで連携しています。

イエメン、リビア、スーダンすべてに ガイドグループがあり、昔ながらの
クッキー募金活動を はるかに超えた、独自の経験が あります。


シリアのガールスカウトの 様子を見てみましょう。

ダマスカス 土曜日の午後、Mashrou Dummarの近所で
女の子の スカウトが来ます。

彼女達は ミーティングがある為、学校へ行き、バッジを貼った袖と、 
覆われていない髪の毛に、そして 膝まであるスカート。 

巡回は 何も言わないが、彼らの顔はすべてを語っている、と 
グループの リーダー、21歳の Ola Quaiterは そう言います。 

「でも、これが 私たちの制服だから 気にしない。」

シリアのスカウトは 1,020人強の 女の子で ハマ、ラタキア、
アレッポに 分散する 十数人の隊に 分かれています。

今、内戦中であり、男女不平等が 根底にある国の為に 
ガールスカウトは 偏見で見られます。


イスラム教徒と キリスト教徒の女の子、時に 男の子を組み合わせ、スカウトは 
砂漠のサマーキャンプに行き、酷い貧困を抱えたコミュニティーで 掃除をしたり、
トランペットを 演奏したり、救急処置をすることや、爆撃中の避難所を見つけると
いった -毎月、(USドル)3ドルに相当した 料金で 提供しています。


イメージ 3


サバイバルスキルは 荒廃した土地だけでなく、戦争にも焦点をあて、 
彼らは7歳から18歳までの 年齢に基づいて 分隊に分かれています。

女の子たちは、木の棒や、板のような武器で 
攻撃者から 身を守ることを 学びます。

空爆の場合、 最も近い 地下壕まで 走ることを 彼女らは学びます。

Quaiterは 「爆破事件が 起こっていると聞けば、
私たちは ミーティングをキャンセルします。」と 言います。


幸いな事に、彼女の地域 ダマスカスは 最も 安全な場所です。
中東郊外で、母親と父親、教師やエンジニアと 一緒に住んでいます。

進行中のミーティングでは、一部の隊が 楽器を演奏し、
貧しい地区を訪問して ごみを拾いをし、他の子供たちに踊りを 教えます。



シリアの法律は 全国の都市の女性が 立ち上がっている
にも かかわらず、男女の不公平さは 根強いです。

女子の結婚の 法定年齢は 17歳ですが、例外は 
13歳の女の子の結婚を 許可します。 

一方、内戦は 地方の強制的に 未成年者の 結婚を
増やしたが、男性が家族である女性を 殺したという、
稀ではありますが、悪名の高い「名誉殺人」が 続いています。 

都市でさえ、女性は 彼女らは 髪や手足を
覆わないために 口頭で 嫌がらせを される事もあります。

「私は 男性が望んでる格好をするのが 好きではありません。」と、
夏のショーツを 好むQuaiterは 言います。

「私の着こなしで 誰かを 傷つける わけではないし、そんなの、
気にしてられないわ。」



イメージ 4


女の子のスカウトは、すべての困難の下で 笑みを 浮かべています。

各会議で、彼女らは 注意喚起し、 肩の高さに 3本の指を持ち、宣誓を暗唱する。



"私の 名誉で、

私は 神と、私の国への、

私の 義務を果たし、

他人を 助け、

ガールスカウト/ガールガイドの規律に 従うよう最善を尽くすことを誓います。”



彼女らは Eid al-Adha※1に Eid al-Fitr※2と クリスマスを祝い、 4月には
土曜日の午後に イースターエッグを 塗っていますが、一部の女の子たちは
定期的に祈ると言います。
※1 Eid al-Adha (イード・アル=アドハー) = イスラム教で定められた宗教的な祝日。
※2 Eid al-Fitr (イド・アル=フィトル) = イスラム教の祝日で、ラマダーンの終了を祝う大祭である。

ガールスカウトのキャンプは、ダマスカスの境界内の農民が
所有する土地で、Quaiterの グループの為に砂漠で 開催されます。


彼女らは 火を 起こし、レンズ豆、エンドウ豆、米で 料理を作ります。


エジプトに ビザを申請後、 彼女らはカイロ北にあるキャンプで
スカウトと会う為に、 飛行機とバスで24時間の 旅をしました。

彼女らは 泊まって スキューバダイビング、パラセーリング、ラクダに 乗りました。

「落ちたら 首を折るような気がする・・」と 彼女は 言っています。 

ごちそうするのに、 彼女達は 手作りのバターピスタチオ”ナッツ”と 
ゴマのクッキーを 持ってきます。

シリアの スカウトは クッキーの販売※は しませんが、
ブレスレットやネックレスを作って 募金を 集めます。
※募金を 集めるためにクッキーを 売る。

彼女達は 政府から定期的な資金は 受け取っていませんが、
チャリティーイベントで 旅する為の補助金を もらっています。

1980年代と1990年代には、 支配的な アラブ社会主義バース党が 
すべての青年団を 禁止しましたが、 2000年、バシャール・アサド大統領が
大統領に選出され、 西洋化することを 目指した時に 女の子は 青年団へ
戻る事が 許されました。


Quaiterは、 いつの日か、米国への旅行を 計画しています。

「トランプが 私達の代表ではない 少数の者達により、アメリカに入国する 
すべてのイスラム教徒を 禁止したので、言うまでも無く、私も それに
驚いています。


アラブ人すべてが、攻撃しているわけではないのに・・。」

たとえ、ガイドではなくても、彼女は 入国禁止が解除された後、 
アメリカへ旅行する事を 楽しみにしています。

彼女は まだ運転免許証を 持っていませんが、ニューヨークに
行き、車を買って 自由に 運転することを 夢見ています。

「とても 古いアメ車で、 屋根の ないやつ !」





Maclean's は カナダ唯一の 週刊時事雑誌です。


MACLEAN’Sは 国際問題、社会問題、国家政治、ビジネスおよび文化の
分野における有能な ジャーナリストからの 調査報告、 独占的なインタビューで 
240万人の読者を魅了し、楽しませます。



イメージ 1



イメージ 5





本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事