ここから本文です
白汁”はくじゅう”を エロワードにしたのは 私です。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]





イメージ 1



2017年6月21日 PRESSTV  イメージ 2

イラン ハッサン・ロウハーニ大統領は、イスラエルが テロ支援を支援しいると
指摘、中東地域を 襲う、 大方”おおかた”の危機に 関係する、と 主張した。

ロウハーニ大統領は 「こんにち シオニスト達が 地域の 諸国間の争いで
影から、 あるいは 公然と、関与しないことは 殆どない。」と議会で述べた。

傷ついたテロリストは イスラエルの病院で 治療を受ける。

テルアビブ政権は テロリストに武装させ、彼らに
有利な地域を 攻撃させていると 付け加える。


ロウハーニ大統領は、「彼ら(イスラエル人)が この地域のテロ支援を
支持していることは 明らかだ」 と述べた。 「イランと サウジアラビア、
カタールと サウジアラビア、 イエメンと サウジアラビア、 エジプトと
トルコの ような地域諸国と イスラム世界との 分裂は、 最終的に 
恩恵を受けるのは グローバル・シオニズム”ユダヤ主義”、イスラエルだ。」
と 語る。



イメージ 3



イラン最高行政官は また、イスラム世界が団結し、
暴力が 落ち着けば、 ユダヤ主義が その地域へ 
封じ込む事ができる 可能性がある、と 強調した。

彼はさらに、イスラム共和国界は テロリストと 
その指導者を イランに引き付けようとすることに対して 
警告し、テロが 広がることは許さない、と 述べた。

イメージ 4
彼は先月、リヤドが イランとの「戦い」を 進めるよう
働きかけると述べた、モハメド・ビン・サルマーン 
サウジ国防相の 発言を引用している。

ロウハーニは、最近の イランが反撃した ミサイル攻撃に言及し、
テロとの戦いは イラン全土の決定だと述べている。

日曜日、イスラム革命防衛隊(IRGC)は、首都テヘランで
最近起こった テロ攻撃に対する報復で、シリア、デリゾールにいる 
ダイーシュ(ISIS)に 6発の 中距離弾道ミサイルを 発射した。

ロウハーニ大統領は、イランのミサイルが 防衛目的であることを
再確認し、国が 防衛力を高める為、誰からも 許可は求めないと述べた。

先週、米国議員が通過した 反イラン制裁法案を 指摘、
ワシントンの新しい当局は、議会の措置でイランに圧力を
かけると考えるのは 誤算だ、と指摘しいる。

この法案は、イランに対する、 ミサイル計画の制裁を求めている。

ロウハーニは、米国は 過去40年間、イランに対する さまざまな事件を
煽っており、 新、米政権は 、イラン人全てが 黙っていないと悟るべきであり、
いかなる脅威に対しても、 適切な対応をとるべきだ。 と 語った。




イメージ 2

PRESSTVは イラン国営ニュースです。





イメージ 3


イメージ 1


シリアの 正当性 尊重する為、 ロシアが 米国に要請

2017年6月19日

(ロイター) ロシアの セルゲイ・ラブロフ外相は、
米国は シリアの領土保全を尊重し、
一方的行動を 慎むべきだ、と述べる。


ラブロフは、日曜日 ラッカ南部で 米軍機が 
イスラム過激派に対する 作戦中の 
シリア軍戦闘機を撃墜した、言った。


ラブロフは、 カザフスタンの首都、アスタナにある
シリアの 新たな和平協議が 7月10日に行われると述べた。

イメージ 3
イメージ 2



シリア戦闘機 米国 墜落後、オーストラリアは シリアで空爆を停止

2017年6月20日

(ロイター)オーストラリアは、米国のシリア軍機撃墜や 
シリア軍の 米連合軍が 脅威を受け、シリア空爆を 
延期したことを 明らかにした。

「オーストラリア国防軍(ADF)の シリアへの攻撃は、一時、中止した。」
オーストラリア国防総省は 声明の中で 述べている。

ロシアは シリア ユーフラテス川の西を 飛行する
米国主導の 連合軍航空機を 潜在的脅威として扱い、
ミサイルシステムと 軍用機で追跡する、と述べたが、
撃墜するとは 言わなかった。


2011年、紛争始まって以来の このような事件で、
シリア軍 戦闘機を 墜落した 米国に対し、
ロシアは、米国に対する、軍事姿勢を変えることを 明らかにしている。

「ADFは シリアでの状況を 注意深く監視しており、シリアで
ADF空軍の再開に関する決定は そのうち行われるだろう。」と、
国防総省は言い、イラクでの活動は 継続すると述べた。

「オーストラリア国防軍の保全は、 潜在的脅威の範囲に応じて
定期的に見直される」と 述べている。



全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事