ここから本文です
白汁”はくじゅう”を エロワードにしたのは 私です。

書庫■ 考えてる事

日々 思ってたことなど・・・考えます!!´∀`

深く・・・掘り下げます!!

 http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/52/23/x1roo_com/folder/1517753/img_1517753_63166019_1?1326791554
記事検索
検索



イメージ 1


イメージ 2



現代もこのような事を 相も変わらずやっていると
認識しなくてはいけません。  ぅん。 

プロパガンダとは そういうものです。

愚か者達の生涯


人は 一生 なにかに 踊らされて生きる。

人・・・家族、愛人、知人、友人 企業に 国家に。


それに気がつかず それが世の中の常、常識、正しい事、 
と思いこみ 人は一生を終える。

それを 悟れずに死ぬ人間は ・・・とても哀れだ。



哀れだ。

悲しむべき事だ。


だから 

それは 君だよ。








BBA. = 666

これ 白ぃデヴィルだろ。

イメージ 1


Hillary Clinton 2016 - "We came we saw he died" Laughing About Gadhafi Libya

We came, we saw, he died!  
我々が 来た!…私達は 見た !! …彼”奴(カダフィー)” んだわ。







カダフィと同じ殺され方を 人もどきなBBAに望む人、  

・・・はぁい♡♥♡♥


イメージ 1 + アルカイダ、IS支援国♡♥♡♥ = 真実に近い事。



困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

【8月8日 AFP】ベルギー人のピエール・ピッチニン・ダプラタ(Pierre Piccinin da Prata)氏は、
自分のことを歴史家であり政治学者だというが、彼の仕事は戦場記者に近い。研究者である
彼はシリアを十回以上、訪れている。もう少しで帰れなくなりそうだったこともある。

 2013年、彼はシリア反体制派の自由シリア軍(Free Syrian Army、FSA)の一派に裏切られ、
人質犯のグループに引き渡された。「2か月おきに現地に行っていても、状況を正しく読むことが
できなかった」という。

 欧米ではFSAは、バッシャール・アサド(Bashar al-Assad)大統領とも、イスラム過激派組織
「イスラム国(Islamic State、IS)」とも反対の、穏健な反体制派とみられている。
だがFSAの一部のメンバーたちは今、欧米人につく「高値」を目当てに、人質をイスラム過激派に
売るようになっている。かつてはISに対抗する希望の光と仰がれていたFSAだが、
最近では、
目的がばらばらの全く異なる反体制派グループの寄せ集めとみなされつつある。

FSAの一部の派と過激派の怪しいつながりは、外国人にとって命取りになることがある。ピッチニン氏のようなジャーナリスト、研究者、支援関係者たちは、FSAに保護してもらえると頼りにしていたが、それどころか過激派に売り飛ばされてしまったのだ。

 ピッチニン氏はシリア訪問8度目となる2013年4月に人質にされた。
イタリア紙スタンパ(La Stampa)の記者、ドメニコ・キリコ(Domenico Quirico)氏も一緒に、
FSAの兵士たちについてシリア西部の都市クサイル(Qusayr)へ向かっていた途中、車が故障した。車列の中の別の車に移された際、ピッチニン氏たちの保護を担っていた司令官の姿を
見失ったが、警戒心は湧かなかった。「何とも思わなかった。FSAに無条件の信頼を置いていた」という。

 目的地に着くと、2人は見慣れない部隊を目にした。ピッチニン氏はFSAの幹部クラスの人物に電話し、何が起きているのか確認した。その幹部は「彼らもFSAだから行動を共にしろ」と言った。

 翌日、ピッチニン氏とキリコ氏は街を出ることを決めた。兵士たちは彼らを見送りながら
にやにや笑っていた。街の出口まで来ると、道路が封鎖されていた。
「運転手は引き返すのではなく、エンジンを切った。4、5人の男たちがカラシニコフ銃を空に
向けて発砲しながら車に押し掛けてきた。『バシャル警察、バシャル警察』と叫びながら」

 2人は引きずられるようにして、軽トラックに乗せられた。そこには、自分たちを保護してくれる
はずの運転手の姿があった。武装した男たちがかばんを車から車へ移すのを手伝っていたのだ。「後から思えば『明らかにだまされた』のに、あの時は、シリア政府に拘束されたのだと思った」。しかしすぐに、アブオマル旅団(Abu Omar Brigades)に捕まったのだと分かった。

ピッチニン氏いわく「イスラム主義を語る、負け犬と犯罪者の集まり」だ。さらに2人はファルーク旅団(Farouq Brigades)に売られたが、イタリアの情報当局の交渉の結果、151日後に解放された。



            
過激な反政府勢力 と 穏健派反政府勢力? 

FSA”過激派” の(元)親玉、”アルカイダ大使” Moaz al-Khatib ムアーズ アル ハティーブと
アメリカ ケリー国務長官


>ISに対抗する希望の光

これは 西側諸国が FSAを 過激派の集まりだとしっていながら 
シリア国の正式な政府と 認めようとしていたプロパガンダ。(㊤画像)
 
AFP(日本)は 過去の記事を プロパガンダだったとは 
認めてないようだ。

このニュースサイトが この期に及んで いかにいい加減か、というのがよく分かります。




>全く異なる反体制派グループの寄せ集め

FSAが できた頃から アルカイダなど過激派の巣でした。
ソース 2012年7月25日 ニューズウィーク(日本語)

最初から西側諸国も 知っていた事です。
 (...知らないわけがない!!)









人肉食らうとは …麻薬でかなり 頭にきてるのだろう。 (下動画参照)
FSAは 戦いの恐怖を紛わす為に 麻薬やってます。


この辺は 忘れず、過去の過ぎたことにしないで ちくちくいかないと。

正しい歴史認識ってね。 




困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。


・・じゃれてるように 見えるのは自分だけ?(ぢゃないよね??)


・・んか嘘っぽい。(兵士の目がね。w)
本当のイスラエル兵なのかな・・・。

妙に 狙ったようなアングルで カメラワークが良すぎだし。


しかし 妥協の余地ってさ、ww

イスラエルは 正しく定義すれば 国家ではありませんょ。

米の仕組んだ な・ら・ず・者、でしょが。

ろくでもないんだ、本当。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事