ここから本文です
M∞file
全米民主主義基金(USAID:NED・SOROS)色の革命、SEALDS人工芝運動の動向調査。資料・自分用のまとめ☠

書庫全体表示


2007年2月7日(第一次安倍内閣、麻生太郎大臣の頃)
国連民主主義基金(UNDEF)へ12億拠出
イメージ 10

国連基金:日本政府が12億円拠出 民主化途上国支援で―毎日新聞抜粋
政府は民主化の途上にある国々の政治・社会制度整備を支援する「国連民主主義基金」に対し、1000万ドル(約12億円)を拠出することを決めた。同基金への拠出額は米国(1790万ドル)に次いで第2位となる。麻生太郎外相は東南アジアから中央アジア、旧東欧などの新興民主主義国に対し、民主主義や市場経済の定着を支援する「自由と繁栄の弧」構想を提唱しており、基金拠出には同構想の推進という狙いがある。
 同基金は04年の国連総会でブッシュ米大統領が提案し、05年7月にアナン事務総長(当時)が創設した。憲法起草や市民教育など、国際機関や非政府組織(NGO)が途上国の民主化定着のために行う活動に、1件5万〜50万ドルの範囲で資金援助する。
06年はスーダンでの女性の政治参加促進活動や、フィリピンのマスメディア育成活動などが対象になった。
 同基金には日本を含む27カ国が拠出または拠出を約束しており、総額は約6400万ドル。主な拠出国は米国、日本のほか、インドとカタール(各1000万ドル)、オーストラリア(730万ドル)−−など。【中田卓二】
21時19分
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20070208k0000m010103000c.html

イメージ 11
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%80%A3%E6%B0%91%E4%B8%BB%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E5%9F%BA%E9%87%91

イメージ 12

1.基調講演「国際的な民主化支援の価値」
(基調講演者:ローランド・リッチ国連民主主義基金(UNDEF)事務局長)

リッチUNDEF事務局長より、冷戦時にはタブーであった民主化支援が、2005年のUNDEFの設立によって確立されたように、現在では国際的な課題となっていること、独の政党財団から始まった民主化支援の歴史、民主化支援に深く関与している国際・地域機関や各国の民主化支援財団・基金(米国民主主義基金(NED)、独の政党財団(エーベルト財団、アデナウアー財団))等の紹介、民主化支援の諸相、民主化支援プロジェクトへ資金を提供するUNDEFの紹介、UNDEFと日本との関係について説明があり、UNDEF諮問委員会の主要メンバーである我が国のUNDEFへの支援及び我が国市民社会のUNDEFの活動への関与に対する期待が表明された(なお、UNDEF事務局長の訪日は今回が初めてである)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jinken/minshu/sy_080201_gai.html

このシンポジウムが開催されたあと、2007年2月6日(5日後)日本政府は
UNDEFに、1000万ドル(12億円)を拠出している。

イメージ 13

http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/19/rls_0206c.html

麻生太郎が12億円拠出したUNDFのRoland Rich 氏の略歴

UNDEF事務局長。UNDEF事務局長に就任する前は、Centre for Defense and Strategic Studies, Australian Defense Collegeのディレクター、National Endowment for Democracy(ワシントンD.C.)のリサーチフェローCentre for Democratic Institutions at the Australian National Universityのディレクターを歴任。1975年からオーストラリアの外交官として、フランス、ミャンマー、フィリピンの大使館に勤務し、1994-1997年まで、駐ラオス大使、国際機関担当次官補を務めた。編著書に“UN Role in Democracy Promotion”(United Nations University Press, 2004)、“Pacific Asia in Quest of Democracy” (Lynne Rienner Publishers, 2007)がある。
イメージ 14

「民主化支援とは何か」基調講演 「国際的な民主化支援の価値」
国連民主主義基金(UNDEF)事務局長 Roland Rich 氏

PDF:http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/shimin/oda_ngo/shien/19_minshuka/pdfs/j_03.pdf


(要所抜粋)※表向きの説明
❏政府と NGO との協 力の一つの表れですね。外務省が主催者でありま すし、JICA も場所を提供しています。そしてシャンティ国際ボランティア会がこのセミナーの ホストです。NGO と政府が協力していることは、 世界の様々な場所では異例のことなのです。 
※注目すべきは、政府とNGOが協力してる日本は異例の事だと発言している
❏NEDの成り立ちの紹介
1970 年代のポルトガルとスペインには全体主義的な体制が残っており、それに対して民主主義への道が求められる必要がありました。そのような時に、ドイツの政党の財団があったのです。その財団は、ドイツ政府からドイツにおける市民教育、民主主義を教育する役割を担っていました。財団としての組織・予算が既にあり、そういった能力を使ってスペインとポルトガルの民主主義を支援しなければならないと彼らは考えました。そして民主主義が確立した後のスペインとポルトガルのリーダーたちは、ドイツの助けを借りて民主主義を確立させることができたと強調しています。民主化支援は、このように偶然に始まったのです。この出来事を見たワシントンの政策立案者たちは、民主化支援の考え方を進展させました。レーガン大統領がイギリス議会で演説をし、その翌年に全米民主主義基金(NED)ができました。その初めの時期、中央ヨーロッパや東ヨーロッパにおいて民主化支援を隠密にやったことでアメリカは批判されました。さらに、全米民主主義基金(NED)が公然と民主化支援を行うようになったことに対しても批判が起こりました。以上のように、偶然に始まった民主化支援を、アメリカがより本格的に展開したのです。

2007年日本には民主主義専門の機関がないと     
元NEDフェロー、ローランド・リッチが発言していた  

その中で日本にはまだ民主主義を専門とする機関は生まれておりません。
だからといって日本が民主化支援に関わっていないとは言えません。
他の形で、例えば、UNDP や国連民主主義基金といった多国間機関、あるいはインターナショナル IDEA といった国際的機関、さらには二国間の形でも日本は貢献しています。しかし、民主主義を専門とする機構はまだ日本にはないのです。これは今後、議論することができると思います。他にも何か日本にできることはあるでしょうか。他の国にではなく、日本にしかできない特定の貢献の仕方があるのかについても
議論しなければならないと思います。



その翌年2008年3月26日一橋総合研究所で        
日本版NED提唱する人物がいた                          イメージ 15

イメージ 1


吉川圭一の「現代を斬る」
第十四回 日本版NEDは設立されるか?

要約一部
”NEDと類似の機関を日本でも作れないものか?例えば中国や(将来的には)北朝鮮とのビジネスで利益を得た日本の企業は、その利益の何パーセントかを、このNEDの様な機関に寄付しなければならない事にして、日本版NEDはその寄付金をチベットの自由化や北朝鮮の民主化、韓国や台湾の「政治的自由」を今後も守る事を目的としたNGO等に拠出する。”


日本版NEDをコラムで提唱していた吉川圭一

日本版NEDを提唱してる人物がどのような人物かTwitterアカウントがあったので
覗いてみた。

CSISと繋がる人物でありTPP推進者
     イメージ 3

イメージ 9

      イメージ 43

イメージ 29
 憲法9条廃止/緊急事態条項/道州制/改憲派 
     
     イメージ 7

イメージ 6
維新の党と共闘して、国民投票ではなく道州会議で憲法改正を提案。
NEDは表向きは「民主化のための財団」だが、
道州議会(議員に国民が白紙委任?)だとしたら、その思想は赤々としてる。イメージ 4
   
    緊急事態条項     
     イメージ 8


イメージ 23


トランプなら世界連邦になっていもいいという意味深だな
イメージ 24

イメージ 47

 世界連邦運動初代会長=尾崎行雄財団主催の講演 

保守の一部は嫌ってるけど、
自称・保守の自分は嫌ってませんというTweetのようだ。
 ヘリテージ財団 


日本版NED「民主化財団」提唱しながら政権の強行採決を応援
戦後日本の最高の政治家が中曽根と言っている。
日本で初めて原発予算を出し正力松太郎や渡邉恒雄と原発推進に邁進した、
風見鶏と言われた悪名高い政治家。
そういえば統一協会の機関紙に中曽根と安倍が載っていたね。

イメージ 34

イメージ 48
前回、解散時の指令 中曽根氏「一刻も早い解散を」 統一協会機関紙・
世界日報http://www.worldtimes.co.jp/today/kokunai/121002-3.html ;
https://twitter.com/x_pq_x/status/538635552040292353


イメージ 49
イメージ 52
【日韓協力委員会】日韓協力委員会 中曽根康弘会長から麻生麻生太郎へ... 太郎動く!!http://ameblo.jp/segei55/entry-11693452025.html
イメージ 53

全米民主政治のための基金(NED)は、1983年、ロナルド・レーガン政権によって設立された。ちょうど写真の年にNEDができてたわけね中曽根も知っていたかもね。

イメージ 54


イメージ 50


  イメージ 32

 肩書には書いてないが、国連関係者?!

         イメージ 39
   イメージ 36
イメージ 37
 FEMA アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁 

(英語:Federal Emergency Management Agency、略称:FEMA(フィーマ))は、大災害に対応するアメリカ合衆国政府の政府機関である。

FEMA高官と友逹のノリと書いている。9条廃止・憲法改正・緊急事態条項
ゴリ推しも此処からきてそうだね。
イメージ 46




※FEMAはローマ・クラブが設立日本のメンバーは
池田大作(創価学会会長)・緒方貞子(JAICA会長)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96


吉川圭一は、ペマ・ギャルポ事務所の特別秘書であり大学の後輩  

イメージ 16

吉川圭一の経歴には、尾崎行雄財団の講演や、
ペマ・ギャルポの事務所特別秘書と書かれている。

イメージ 2
イメージ 20

ペマ・ギャルポについて、統一協会の世界日報に寄稿していること
オウムの麻原彰晃にダライ・ラマを紹介したことがかかれている。
チャンネル桜の常連、北朝鮮にコメ支援をおこなった
グローバルレインボーシップの会員。

 しばき隊と連動している新右翼「一水会」最高顧問鈴木邦男 
(有田芳生・しばき隊・SEALDs・オウムの上祐等とも親しい)

鈴木邦男は、NEDから支援・資金提供されるダライ・ラマにも
ペマ・ギャルポ氏を通してダライ・ラマとも会ったことがあるそうですが
一体、何の目的でしょうかね?
イメージ 5



イメージ 59

イメージ 18
イメージ 44

日本版CIAの話も浮上してたが、日本版NEDも既に稼働してるかもしないし
日本は米国のNEDやその動きについては十分知っているはずだ。
日本版提唱者をみるとCSIS、ヘリテージ、米共和党など
米ネオコンと連携している人物だった。
NEDは民主化というのは表向きであり、
目的は米主導の内政干渉のCIA作戦なんだと見ている。
日本の人工芝運動学生団体もSEALDSも一千万円の朝日新聞の広告費と
海外渡航費や宣伝など多額の資金提供されていたのは周知の事実。
政治資金規正法違反とカンパの収支報告をしてないがお咎め無し。

香港雨傘運動×台湾ひまわり運動×SEALDS×studentfreeTibet
とマニラで国際会議を開きイエズス会の大学で、今後とも東アジアで
連帯していくことを話し合っている場面をNHKがドキュメンタリーとして撮っていた

主催者はNGO VOICE(NEDから資金提供されているとHRWに書かれている)
確実にNEDが日本の学生運動に暗躍している。

CIAのフロント組織がNEDは「民主化」はオモテムキ、
新党をつくったり、各国の選挙や政治に介入して
国家を不安定化、転覆させる、
今の目的は、2030年Globalgoals、Agenda2030に向けて
経団連の予定表にあるようにTPPから2030WTO、改憲に向けての国民投票誘導
あたりかと思う。SEALDSが、以前ロフトから音響機材をかりていたが
その人物は元オウムのひかりの輪と巡礼している平野悠であり
ロシアではオウムを壊滅させたが日本は偽旗テロにも警戒必要である。
これは政党や団体と無関係な一般の学生がやっている運動ではない。
これまで追ってきたように、幹部は育成されたメンバーで動員されている
民主化という詐欺である、SEALDSは解散していないで「元SEALDS」など
名前を変えていまだ活動しているが、人工芝運動を使って反対運動、
選挙活動、日本への政治へ介入は続くので奴らのことは
今後も紛糾しなければいけない。

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事