全体表示

[ リスト ]

ユーロの利点は、他の加盟国よりドイツのためになります。

ユーロは、ドイツには非常に適しています。 また、他の加盟国メンバーは善戦していません。
1999年のユーロの導入以来、欧州中央銀行は、ドイツが他の主要工業国に対してだけではなく、ユーロ圏の他のすべてのメンバーに対しても競争力を獲得したと見込みます。

同じ期間、ドイツの国際収支はわずかな赤字から強い黒字になっていますが、ユーロ圏全体では、国際収支はわずかに悪化しました。 貿易収支は支払差額の最大の部分ですが、また、他の転送(それらの投資からの国際投資と利益を含んでいない)は含まれています。

競争力の損失は、ユーロ圏のいくつかのメンバーにとって、特にそれぞれヨーロッパによって救済されたギリシアおよびアイルランドにとって重大な問題です。ポルトガル(助けを求めるもう片方の国)は、競争力をわずかな損失を受けました。

アイルランドの問題は、主にバンキングシステムの崩壊によって引き起こされました。(バンキングシステムは低利金融と税制上の優遇措置で推進された不動産ブームの崩壊によりました)。 競争力の損失は、アイルランドには大きな問題として、ギリシアとポルトガルにはそれがあった時と同じではありませんでした。
崩壊の後に、アイルランドは、賃下げなど厳格さの厳しいプログラムに着手して、競争力とその支払差額を向上させ始めました。

競争力測定は、主要工業国の単位労働コストにおける通貨運動と変化に基づいています。 他の国々に対するドイツの競争力は、たぶんユーロ圏の他のメンバーの比較的不十分な実績が他の通貨に対してユーロの上昇を押さえたという事実に助けられました。

イメージ 1

この記事に伴う上図一番右は、競争力におけるドイツの性能を示しています。下段の図は同様に、GDPに対する国際収支の割合を示している。 真ん中はユーロ圏、フランス、イタリア、およびスペインの他の主要国に同様の測定を案内しています。 一番左の図は、やむを得ずヨーロッパの助けを求めた3つの国の性能を示しています。

欧州中央銀行が単位労働コストに基づくポルトガルの競争力インデックスを発行しないので、経済における全面的インフレーションに基づく同様の代わりに使用されます。 支払いデータのギリシアのバランスは1999に利用可能ではありません。

ご覧のとおり、それぞれ国のドイツへの競争力を失いました。単位労働コストがそれらの国で、より急速に上昇したので、競争力を失いました。 ユーロがなければ、多くの国でたぶんそれらの自国通貨の価値を減したでしょうが、ユーロ圏に残っている限りそれは可能ではありません。

財政危機が2008年中頃に激化して以来、ドイツを含む国のすべてがそれらのグローバルな競争力がある姿勢を改良しています。 アイルランドはユーロ圏のいかなる他の国よりも位置を改良しましたが、ギリシアとポルトガルの両方が、ドイツに負け続けていました。

フロイド・ノリスはnytimes.com/norrisで彼のブログの財政と経済を批評します。

http://www.nytimes.com/2011/04/23/business/global/23charts.html?_r=1

機械翻訳

ニューヨークタイムズに面白いグラフを見つけたので、記事に取り上げる。

>ユーロは、ドイツには非常に適しています。 また、他の加盟国メンバーは善戦していません。

いきなりユーロの致命的な欠点を指摘していて笑えるぞwww

なんと、ユーロ導入以後ドイツのみが国際間の貿易競争力を高めているのに、PⅡGSだけでなくフランスまで競争力が落ちてしまったということだ・・・

>崩壊の後に、アイルランドは、賃下げなど厳格さの厳しいプログラムに着手して、競争力とその国際収支を向上させ始めました。

しかし、アイルランドは緊縮プログラムの成功で回復しているらしい・・・

まあ、アイルランドも国民の怒りでこのまま緊縮プログラムが進むか疑問ではあるのだが。

>他の国々に対するドイツの競争力は、たぶんユーロ圏の他のメンバーの比較的不十分な実績が他の通貨に対してユーロの上昇を押さえたという事実に助けられました。

たぶんというより、絶対他国の財務悪化に伴うユーロ安のおかげで、ドイツの競争力は急上昇している。

そして、負け組みはユーロに残る限り、永遠に負け続けるのと違いますかね?

通貨発行権の手放す事の怖さが、よくわかる記事ですw

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事