ここから本文です
両毛野糞のつれづれ学習野糞
愛なんていう言葉はうんこと一緒に便所に流すのさ

書庫全体表示

浅間神社(佐野市奈良淵町)



3月8日(日)はさのたんけん隊の活動で、浅間神社に行ってきた。


浅間神社は「浅間の火祭り」で有名な神社である。夏の佐野の風景の1つだ。


私はいつも遅れて行くので、皆さんどこに行ってしまったのか分からなく、とりあえず登るかいなという気持ちで登った。

念のため地図を載せておこう。

イメージ 1






小松神社の裏に入り口がある。入り口には詳しいことが書いてあるので分かり易かった。



イメージ 2


正直、けっこうきつい登り坂だった。なかなか頂上に辿り着けなかった。運動不足だったので息が切れた。


イメージ 3


頂上らしきところにさのたんけん隊の人がいたから安心した。
しかし、ここは頂上ではなかった。

まだ半分くらいしか行ってないことがわかった。さのたんけん隊の人はここにある祠を調査していたので、私は1人で頂上まで登ってみることにした。




イメージ 4


それにしても、景色が素晴らしい。ここの浅間様のことは全く知らなかった。

遠くには唐沢山が見える。唐沢山からもこの辺りが見えるのだろうが、気づかないでいた。


イメージ 5


しばらく登ると祠があった。この浅間神社は、女浅間というところがあって、それがさっきの場所だというのがよく分かった。

頂上までもう少しだ。頑張ろう。



イメージ 6



鳥居も見えた。まあまあ息切れてたので、かなりホッとしたのである。

頂上に行く前に、さのたんけん隊の人に、「田沼町を忘れない」のことについて意見があったが、もっと深く史跡を掘り下げて調査して欲しいと言われた。

「田沼町を忘れない」は史跡巡りだけのブログではないからなという気持ちと、「田沼神社仏閣巡り隊」では史跡巡りを中心に活動しようとしているので、本当に掘り下げて史跡調査をしなければならないなという気持ちが交錯しながら歩いていた。


イメージ 7



さらにはてしなく登って行く。野糞の職場の山登りコースの後沢コースよりもきつかった。

史跡巡りは奥が深いのは痛感しているが、俺はこれから奥深くできるだろうかなという気持ちなのと、何よりも調査している人たちは皆高齢で、若い人たちが佐野の史跡を詳しく調査してくれないと途絶えてしまうと、さのたんけん隊の人が言っていたのが、気になっていたのである。


イメージ 8



この地域は、関東平野の片隅だと言うのがよく分かる景色だな。
昔はどんな生活をしていたのだろうかと気になってくる。



イメージ 9



大きな岩があった。さあ、もう少しで頂上だ。富士山信仰の奥深さがよく分かる。

富士山信仰は昔から根強く、この佐野地域でも盛んだったのが分かってくる。


イメージ 10


現代の炊き出しの釜のようだ。何か興ざめしてしまう感じもした。しかし、ここから火を炊くと、かなり遠くの方まで煙が見えると感じる。
見晴らしの良い尾根だからであり、岩舟や佐野、田沼の人々が煙を見ることができたであろう。



イメージ 11


頂上に着いた。一人でたたずんでいた人もいた。心霊写真ではない。
もっと大きな祠かと思ったが、小さな祠であった。



イメージ 12


まさしく山の神様だなという気持ちになって来る。


イメージ 13



祠は新しいから、歴史を感じることはできない。しかし、歴史や見栄えよりもこの山の頂上の神様という存在感をとてつもなく感じる。




イメージ 14



糞ヤンキーらしき者がらくがきをしたあともあった。不謹慎なやつらだなと思ったが、不謹慎なやつはここにもいた(^.^)


イメージ 15



しっかり、舗装改築されているので、信仰心の強さを感じる。何よりもかなり見晴らしが良い場所で、変な悩みが消えてしまいそうな気持ちだ。

だんだん気持ちが快適になってきた。なりすぎた(^.^)

イメージ 16


岩舟方面のきれいな山々やその集落の風景。本当に田舎だな(^.^)

イメージ 17


わずかに見えるゴルフ場もここからは良い按配に感じる。


イメージ 18


風景を見ていたら、急激に小便をしたくなったので、誰も見ていないのでしてしまったよ(^.^)

浅間様の近くで(^.^)


イメージ 19


休憩所らしきところに、「浅間山元気だより」というのが置いてあったので、何か書くことにした(^.^)



イメージ 20


あんまり真面目に書いていないようで、真面目に書いておいた(^.^)

これ書いた後に、「立ち小便してすいませんせした。」と付け足して置いたよ(^.^)




イメージ 21



おさらいで地図を載せておこう。

イメージ 22



小松神社と一緒に巡るのが良いと思う。近くには「荒澤不動尊」もある。
この周辺を歩くだけで、いろいろな史跡を見ることができる。


イメージ 23

この記事に

  • 顔アイコン

    随分近くに、景色のよい山が有るんですね。
    佐野の大平山や桐生の吾妻山には登りました
    この山も登ってみたい山ですね ポチ

    oyazi

    2009/3/26(木) 午後 8:47

    返信する
  • 頑張りましたね!
    御苦労さま。
    他の探検隊の皆様も今度ご紹介して下さいね。

    玉ちゃん

    2009/3/26(木) 午後 9:15

    返信する
  • 顔アイコン

    お〜、頑張ってますね。
    興味あるなぁ〜。浅間神社って結構あるように思いますが・・・。
    皆関連があるのでしょうか?

    群馬のマタギ

    2009/3/30(月) 午前 11:02

    返信する
  • 顔アイコン

    修験道っていうと、すごい山奥という感じですが、
    両毛の低山でもかつては盛んだったという事実を最近知りました。
    ここもそんな感じでしょうか? 削除

    [ uokazu ]

    2009/3/30(月) 午前 11:21

    返信する
  • 顔アイコン

    おやじさんへ
    太平山は太平町にありまっせー(^.^)みかも山かも知れないですね(^.^)
    吾妻山はかなりたくさんの人が登る山で有名ですね(^.^)

    両毛野糞

    2009/3/30(月) 午後 0:32

    返信する
  • 顔アイコン

    金たまちゃんへ

    皆じいさんばあさんで20代一人、30代一人という感じなので、おもしろいというか大変ですわな(^.^)

    両毛野糞

    2009/3/30(月) 午後 0:33

    返信する
  • 顔アイコン

    またぎさんへ

    昔、富士講というのがはやっていて、修験道の人たちが日本全国で富士山信仰を流行らせてたようです(^.^)その影響で各地に浅間神社や浅間様があるみたいですわな(^.^)

    両毛野糞

    2009/3/30(月) 午後 0:38

    返信する
  • 顔アイコン

    uokazu さんへ

    佐野や田沼にはたくさんの浅間様があります。昔から富士講がはやっていたようです。ここの史跡も修験道の人が立てた石碑がたくさんありますので、時間があったらページを作成しようと思います(^.^)

    両毛野糞

    2009/3/30(月) 午後 1:01

    返信する
  • 長崎の対馬では山そのものがご神体という考えがあり、鳥居もほこらもない麓に石が積んであるだけの神社ってのがあります。

    …ああ立ちションしましたか…腫れますよ

    イヌ☆ヨメ

    2009/3/31(火) 午前 8:39

    返信する
  • 顔アイコン

    犬嫁さんへ

    ちんちんが腫れて大きくなりたいですわな(^.^)みんなに自慢したいもんですわな(^.^)

    両毛野糞

    2009/3/31(火) 午前 11:38

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事