全体表示

[ リスト ]

BLHELコンパイル

マイクロヘリをブラシレス化する場合、XP7A互換のESCにBlHeliソフトに書換えて使っているひとが多いと思います。

SuperCPで使う場合は、モータ出力信号にノイズが乗るため動作しないことがをあるようですが、抵抗とコンデンサをアンプと基盤の間に入れると問題なく動くという情報を見つけたので、ソフトで対応できないかやってみました。

まずは、BLHELIのソースコード入手
https://github.com/bitdump/BLHeli
コンパイルで必要なファイルは4つのみ
BlHeli.asm        メインのコード
BlHeliTxPgm.inc        プロポで設定を変える部分のコード
C8051F330.inc
XP_7A.inc

SiLabsで無料で開発されているツールでは、作成できるHEXが4Kに制限されておりBLHELIをコンパイルするとコンパイルは通るのですが、リンクのところでサイズエラーとなり製品版を購入しない限りHEXは作成できなそうです。
開発者Steffen SkaugのツールはRIDE7だと思われるますがとても趣味で買える金額ではないですね。
必要なのは8051用のアセンブラのみなので、無料のツールがないか探したところW.W. Heinzが作成されたASEM-51を使っているひとが多かったのでこれをダウンロード 
http://plit.de/asem-51/
BlHeli.asmをコンパイルすると書式エラーがでますが、フェールが出るところ書式を変更するとHEXファイルが作成できます。

出来たHEXはBLHELIの設置ツールを使いUSB ToolStick 経由でESCに書き込むことができます。
変更点 
1. 定義文の "==" を "EQ" に置換 
2. 定義文の IF xxx を IFDEF xxxx に置換 
3. マクロの MACRO xxxx を xxxx MACRO に順番入替え
出来上がったソースコード;
http://yahoo.jp/box/ZDNcpx

お役立ちリンク 
CPU(SiLabs データシートC8051F330 8051互換の8ビット)
http://www.silabs.com/products/mcu/smallmcu/Pages/C8051F33x.aspx 
SiLabs 開発ツール
http://www.silabs.com/products/mcu/Pages/8-bit-microcontroller-software.aspx

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事