ここから本文です
週末楽園くらし
都心から80分の南国 “Tateyama” の魅力をお届けします。

書庫全体表示

新店舗になって進化した『新都』。



読み返してみたら、以前 『うなぎ 新都」を紹介したのは、
もう6年も前のこと。
若旦那さんの代になって店舗も新しくなったとのことだったので、
ずっと行かなくてはと思いつつ、先日やっと伺ってきました。

イメージ 1

新しくなった『新都』


すっかり高級店の店構えに生まれ変わっていてびっくりしました。
太平洋側から館山に戻るときは、297には入らず、
ショートカットの外房黒潮ラインに入ってしまうので、
新店舗にも気づかずにいました。




イメージ 2

新店舗になって2年ほどとのことですが、
まだ新築の香りが残る真新しい店内でした。




イメージ 3

「うなぎの骨せんべい」


ビールを頼んだらサービスでいただいた骨せんべい。
これをパリポリしながら、うなぎの焼き上がりを心躍らせつつ待ちます。




イメージ 4

「うな重 上」(\3,500)


醤油の香りが立ったたれをまぶしたごはんに、
ふっくら艶々のうなぎが鎮座。
肉厚で脂ののったうなぎも、驚くほどさっぱりといただけます。

今回は、うなぎの名店を食べ歩くほどの愛鰻家たちと伺ったのですが、
皆が口を揃えて絶賛したのが、この肝吸い

ほんのりとした香ばしさがあるのは、
肝を炙ってから吸い物にしているのでしょうか、
臭みが一切なく素晴らしいおいしさでした。

うなぎで感動したことはあっても、肝吸いで驚かされたのは初めてだ!
という話で大いに盛り上がりました。




イメージ 5


地元のお米と天然水、うなぎは国産、そして焼き上げる炭は備長炭、
山椒は飛騨高山からの取り寄せというこだわりぶり。
セットにつく「くじらの刺身」などの一品料理は、
若旦那さん作のプロ顔負けの陶器で供されます。

そんな、若旦那さんのセンスと、こだわり、
そして研究熱心な直向きさが伝わってくる、
外観だけでなくクオリティーまでも進化した新店舗になっていました。



去年は2回の「土用の丑の日」がありましたが、
今年は、7月30日のみ。

南房総は美味しいうなぎ屋が点在しているところでもあるので、
ぜひ、土用の丑の日だけでなく、
うなぎの食べ歩きもしてみてはいかがでしょうか。





新鮮でおいしい食材の宝庫 【千葉グルメ】 情報はこちら。
https://gourmet.blogmura.com/chibagourmet/img/chibagourmet88_31_femgreen_3.gif
にほんブログ村 千葉食べ歩きへ(←この文字をクリックしてください。)





うなぎ 新都

千葉県南房総市和田町海発1591-17
0470—47—2131

営業時間: 11:30〜15:00(L.O.14:00)/17:00〜22:00(L.O.20:00)
定休日:  毎週火曜日



この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事