ここから本文です
週末楽園くらし
都心から80分の南国 “Tateyama” の魅力をお届けします。

書庫全体表示

和・洋・中・エスニックと、バリエーションに富んだ料理がどれも絶品の居酒屋。




以前、ブロ友さんから教えてもらったお気に入りの居酒屋。

イメージ 1

『ぼーのぼーの』


僕にとって、館山の夜が楽しくなる、
とっておきの店のひとつです。

とにかく、料理に創意工夫があって美味しい!

しかも、「酒飲みの気持ちがわかってらっしゃる!」と思わず唸るほど
細部にまで抜かりの無いメニュー構成。

大勢で伺っても、
全員の飲みたいものと食べたいものの要望が完璧に満たされてしまう、
という懐の深さがこの居酒屋のスゴイところ。

だと僕は思っています。



そんな『ぼーのぼーの』の、
僕のお気に入り料理をご紹介したいと思います。
ちなみに、★印はお店で注文の多い人気メニューです。



イメージ 2

「ツブ貝と木の子のアーモンドソース」(¥700)★


フランス料理のシェフだったご主人考案の、
『ぼーのぼーの』の名物料理。
行ったなら絶対注文すべき、Mustメニューです。
ツブ貝がまるでエスカルゴのよう。
乾杯が、ビールでもワインでも、日本酒だとしても
不思議と合っちゃうんです。




イメージ 3

「刺身の盛り合わせ(3品)」(¥980)


せっかく館山に来たんだから、刺身は行っときたい!
という気持ちにも応えてくれます。
その日に上がった、おすすめの魚をササッとさばいて出してくれます。
しかも、魚が安い館山でもかなり良心的な価格設定だと思います。




イメージ 4

「ジャーマンポテト」(\480)


ビールのつまみにたのんだ「ジャーマンポテト」
本格的な、ちゃんとしたお味です。
もちろんビールとの相性も抜群で、ぐいぐいジョッキが空になっていきます。




イメージ 5

「気まぐれサラダ」(\580)


シャキシャキ野菜に卵も生ハムもたっぷり。
この価格で、生ハムのこの量! 大盤振る舞いです。
居酒屋にありがちな大味なサラダじゃなく、
レストランのランチに出てきてもおかしくないくらい、
ドレッシングもちゃんとしています。




イメージ 6

「サキイカの天ぷら」(\500)★


これまた、『ぼーのぼーの』のオリジナルメニュー。
おそらくサキイカを戻してからカラッとフリットのように揚げたのでしょうか。
衣はサクサク、中のサキイカはふっくらジューシーでおいしいんです。
この創作料理も、どんな酒にも合う逸品だと思います。




イメージ 7

「海老マヨネーズ」(\580)★


中華なメニューもハイレベル。
ぷりっぷりの海老に、ほんのり甘いマヨネーズソース。
リーズナブルで人気の中華店でも、ここまでのクオリティーを
この値段で出しているところは見たことがありません。




イメージ 8

「タコス風春巻」(\580)★


この創作料理も、メニュー名を見た瞬間からそそられます。
カラッと揚がった春巻きにかぶりつくと、
口の中は、もうメヒコ〜!って感じです。

驚きと、飽きさせない工夫が随所に散りばめられていて、
ほんと、こころニクイです。

このメニューが成り立つのなら、
本場のTEXMEXやMEXICO料理でも、
ソフトシェルタコスやブリトーのフライなんてのが、
あっても良いのではと思ってしまいました。




そろそろおなかも落ち着いてきたので、
お酒メインに、軽いアテをたのしむモードに突入。
そんな時におすすめなのがこちら。

イメージ 9

「ささみ梅ジソ焼き」(\380)


380円だから、きっとこじんまりしたものかと思いきや、
この存在感。しっかり大きめのささみが2本!
ささみがパサパサにならず、ジューシーに仕上がっています。




イメージ 10

「ギラ」(\450)★


そして南房総の酒のアテと言えば、こちら。
小魚の干物をカリカリに焼いてあります。
パリポリとスナック感覚で食べられる、
カルシウム満点のヘルシーなアテですよね。




さぁ、そろそろシメと行きましょう。

イメージ 11

「納豆オムレツ」(\500)


ホールを担当する奥さんが一生懸命ケチャップをかけてくれました!
いままで食べたことがある納豆オムレスの中でNo.1を付けたいおいしさでした。
やっぱり、フレンチのシェフだったご主人だからこその、
絶妙な味付けがポイントなんだと思います。
納豆が主張すぎず、ふわふわの卵とのバランスが素晴らしかったです。




イメージ 12

「ガーリックライス」(\450)


そして、こちらの味にも驚かされました。
脂ギトギトじゃない、ふっくらと上品なタイプの
「ガーリックライス」は、シメにふさわしい一皿。
和食のシメに出てきても納得してしまうくらい優しい味なんです。




この『ぼーのぼーの』で心もおなかも幸せになって、
斜め向かいのSHIDAXでご機嫌に熱唱する…
ていうのが、すっかりおきまりのコースになってしまっています。

『ぼーのぼーの』は、地元にも観光客にも人気の店ですので、
訪れる際は予約することをおすすめします。

最後になりましたが、店内やトイレに貼られた、
奥さんが達筆な字でしたためた週替わりの金言も必見です。

ほんと、館山の夜がたのしくなる店だと思いますよ。





新鮮でおいしい食材の宝庫 【千葉グルメ】 情報はこちら。
https://gourmet.blogmura.com/chibagourmet/img/chibagourmet88_31.gif
にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ(文字をクリック)





ぼーのぼーの

千葉県館山市北条2635-22
0470-23-4095

営業時間: 17:00〜00:00 (L.O.23:30)
定休日:  毎週日曜日


この記事に

  • MAHALOさん、お久しぶりです✨
    ぼーのぼーののつぶ貝とキノコのアーモンドソースはワタシも大大大好き😆💕
    ホテル時代は良く行ったけど、ホテルやめてからは行ってないなぁ。すごーく懐かしかった。ありがとうm(__)m

    ♪Pretty Mikitty♪

    2017/4/28(金) 午後 2:24

    返信する
  • 顔アイコン

    ミキティさん本当にご無沙汰しております。

    ブログ拝見しましたが、館山を離れたみたいですね。
    こちらにいらした際には、
    ぼーのぼーのでお会いするかもですね。

    MAHALO!

    2017/5/15(月) 午前 0:26

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事