全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

雨の中、鹿児島市に行く。

山口さんと12時丁度に構内の僕の車の駐車場で待ち合わせて

同乗し、市内中郷町にある山口さんとは古い付き合いで、

数ヶ月前に僕も将来的に力を借りるのを見越して紹介して貰った

メカニック阿久根氏のショップへ。

在ったあった!ダイヤモンドブラック塗装の日産シーマ4.1LVIP!

先日、輸送直後の夜に二人して見に来ていた。今回は雨中とはいえ

真昼間なので、細かいところまで確認出来る。

流石は高級車だけあって押し出し感が強く迫力がある。エクステリア

(外装)もそうだが、インテリア(内装)も最高級グレードのVIPだけ

あって、全席電動の総皮シート、GPS、TV、オーデイオが一体となった

純正マルチシステム等々を装備。後席に座ってシートを稼動させてみた

ら感動ものだった。運転席に乗り込む時に自動でハンドルは上部に移動

し同時に運転席シートは後端まで移動する。エンジンを切って降りる時

も同じ動作をして乗降性を高めている。何もかも新鮮だった。

今まで余り興味がなかった高級車に対してのイメージが180度変化した

ことを白状しなければならない。何ゆえ高級なのか?贅を尽くすのか・・

それはパッセンジャーの快適性と同時に安全確保の為だ。無駄に思え

る高額な維持費にしても、少しでも「余裕のある」車での移動とその

時間を確保する為だ。真意と価値もわからず無駄なものだと考えていた

自分が少し恥ずかしい。

高速道路を走行中もその安定感に眠くなるほどだったのは致し方ないと

しても、こういった車では品のない無茶な運転はしなくなるのだろう。

ジャガーやベンツでよく言われるように。

しかしこの車の凄さの究極は、そして今回個人的に最も驚いたことは、

山口さんはこの車格のこのシーマを何とほぼ丸々車検が付いてたったの

\20万で買ったということだ!それもネットの車両販売サイトである「goo」

で見つけて通販したのだよ。既に4月に払い込まれていた自動車税の月払い

精算分と陸送料を含めても\30万で済んでいる・・・これは驚くに値すること

だと思う。カメラが不調で添付写真は明瞭でないのが残念だが、実車を見て

乗ってみれば誰もが驚くことだろう。

雨の高速道路、金曜日の午後、たっぷりした室内空間に時折バックシートに

目をやると前席を目一杯後に下げても後席には十分な空間があり革張りのシート

になぜか嬉しくなる。車高短で18インチの幅広タイヤを履いているためと、特に

後方の足回りがやれているのか若干の突き上げを感じるがこういった経年劣化に

関しては阿久根氏が手を入れることになっているらしく幾分かの足回りのパーツ

をリビルト(再生)品で取り替えることになっているらしいので問題はないだろ

う。薩摩川内市から鹿児島市内に向かう高速道路には3箇所の料金所があり\300を

2回、\310を1回の計\910も掛かる。まあ目的地が谷山を過ぎた鹿児島陸運局なので

下道で市内を経由することを思えば半分程度の所要時間で着くはずだ。何せ金曜日

の午後なので少し急いだのだろう。午前中は二人共其々の会社に出勤していたから

最短の方法をとったわけだ。シーマの試乗を兼ねて一昨日には車庫証明が取れた

この車の名義変更の手続きに行くのだ。そんなことをこの根っからの車好きな61歳

は昔から自分でやってコストを削減しているわけだ。普通、一般の車の購入者は面倒

なのと(難しいとか出来ないとか思い込まされている)勤務先の手前(陸運局は平日

しかやっていない)車屋の言うがままに高い手数料を取られている。ところが、実際

現場(陸運局)に行ってみると、確かに僕らのような個人もいるが殆どはツナギ姿の

車屋らしき男性が多いのだが、その数に迫るほどの人数の事務服をきた女子の事務員

がいるのが意外だった。肝心の名義変更手続きだが猥雑そうに見えるが、当たり前だ

が完璧なまでにシステムナイズされていて、スピーディ且つこと細か丁寧に説明して

くれるので事前に車屋(阿久根氏)さんで必要書類を確認し揃えてさえいれば、あと

は単純な流れ作業である。わからなければその場で尋ねればいい教えてくれるが最初

から的確に指示してくれるので疑問に思うこともなかった。大まかな流れはこうだ。

ー付(添付書類の確認)とナンバー取り外し取り付け用の+ドライバーの借用
⊆蠡海費用を収入印紙で購入(\500)
4(旧)ナンバープレートの取り外し返却(ドライバーで簡単に外せる)
ぜ動車税の確認(今回は中古謙譲なので入金は済んでいるため\0)
タ轡淵鵐弌璽廛譟璽箸箸旅愼(\1,550、取付けネジと封栓台付)
Ε淵鵐弌室萇佞吋好據璽垢房屬魄榮阿靴匿轡淵鵐弌璽廛譟璽箸鮗分で取付け
Д椒鵐優奪箸魍けて待つ(車台番号確認の為)
┰膽 係官がエンジンルームの車台番号を確認後、封栓取付け→完了

全ての所要時間は約1時間であった!何と簡単なことだろう!普通に車を買って車屋に

任せていたらこんなことに\2〜3万は取られていた訳だ。一度やってみれば簡単なこと

だ。大体何も知らずにきたとしても陸運局局員が丁寧に教えてくれるのには大きな

安心感がある。来て良かった。連れてきて貰って本当に良かった。何も知らないで初め

て来たが、次に一人で来ても問題はないと思える位の自信は持てた。

帰りは雨足が強くなった。途中どこかで御飯でもと思っていたがそのまま川内に直帰した。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事