ここから本文です
炭火で焼き焼き@藤沢 磯小屋(藤沢)


イメージ 1

会社外の懇親会ってことで藤沢 磯小屋に行って参りました。炭火でいろいろと楽しめるようです。店内もそれなりの収容力がありますが、オープンエアでも楽しめちゃう。



イメージ 2

最初にサラダみたいなのが来ましたがさっさと食べて場所を空けましょう。
予約をしていたのでお刺身の盛り合わせがど〜ん!と来ました。どれもこれも美味しいですね。
飲み放題なのでキンミヤの炭酸割りをいただきました。あ、飲み物の写真は無いです。(笑)


イメージ 3

ハマグリ来ました〜♪本物です。開き始めたらお店の方が上手にこんな状態にしてくれるのですが、お汁をあまりこぼさないようにするテクニックは流石です。素人には出来ません。


イメージ 4

焼き上がったサザエ。
焼いているときは殻が飛び散ると危険なので把手の付いた蓋を被せてしまいますので、焼けた後の撮影に。うひゃ〜サザエ濃いわ〜!キンミヤも更にグビグビ。


イメージ 5

ホタテ様降臨。
く〜っ!
もうここまで来たら日本酒をガマンできない人が3名出てしまいました。もちろんその内の一人です。飲み放題の日本酒は何だか分からないので別注で美味しいヤツいただきました。


イメージ 6

〆にマス寿司。
マス=升なのね。この下に酢飯が有りミニちらし寿司って感じです。
実はこの日の飲み放題は3時間なのだそうですが、身の危険を感じたため2時間ちょっとで早退させていただきました。(汗)きっとこの後もしっかり飲んでいたのでしょうね。ごめんなちゃい。


この記事に

イメージ 1

またしても「夏つまみ」から作ってみました。
全てが好みに合うかと言うと、そうでもないので
好きなものだけチャレンジする訳です。

まずはこれ。
イメージ 2

冷やしトマトのマヨ味噌がけ

いつもは冷やしトマトにはモッツァレラチーズと一緒にバジルソースをかけて頂いていますがレシピの通り、緩めのマヨ+味噌で食べてみました。



イメージ 3

雲白肉(ウンパイロー)
豚バラ肉のしゃぶしゃぶです。
沸騰したら弱火にしてお肉を入れると低温での茹で上がりになり、お肉が固くならないそうです。なので少し厚めのバラ肉でチャレンジしてみました。
タレが決め手ですね。



イメージ 4

ガーリックシュリンプ
刻みの玉ねぎとガーリックが良い味出しています。
レモンも利かせているから食べやすくて、いくらでもバリバリ食べられちゃいます。
このつまみは、前回の油淋鶏をも超える素晴らしいつまみでした。

イメージ 5


写真はありませんが、キンミヤの炭酸割りにも余ったレモンを搾って入れて、美味しさも加速させました。飲み過ぎてしまったのは秘密です。

またこれは作りたいと思います。




この記事に

紗紗が紗紗になりまして。@紗紗(藤沢)


藤沢駅北口の紗紗さんです。

イメージ 1

久し振りだからでしょうか?
グビグビしてから撮影という順番になっちゃいました。


イメージ 2

お通しはサラダ的なやつ。
長芋、エリンギ、水菜、野菜の下にはむつの揚げたのがありまして、上に乗せられているのは春巻きの皮だそうです。


イメージ 3

ビールの後は黒ホッピーをいただきました。氷少なめでお願いしたのでグラスの氷は2〜3つだけ。中身はキンミヤなんですが、量が多いみたいで何故かここでホッピーを飲むと酔いが早い様な気がします。

イメージ 4

どっで〜ン!
かます。
太いかますですね。もちろんお味もバッチリでした。


イメージ 5

阿櫻。
秋田県は横手市のお酒です。


イメージ 6

グラスは小さいですがその分升は表面張力。


イメージ 7

この日はお刺身もちょこっといただきました。





で、この記事のタイトルですが、次の写真は以前に撮ったもの。
イメージ 8

看板の文字は「沙沙」とさんずいになっています。でもって出入り口の左側には「紗紗」といとへん。
そうなんです。看板を書いてもらったときに間違えて書かれてしまっていてなかなかチャンスが無くてそのままになっていたそうです。




イメージ 9

これが今の看板。綺麗に直っていますね。
お店に入るときに気がついたので「よかったですね」と話すと、「気づいてくれたお客さんはヤマさんが初めて」ですって。
やっと紗紗が紗紗になりましたってことで。

ごちそうさまでした。




この記事に

イメージ 1
やはり、焼そばには青海苔と紅生姜がジャストミートです。

この記事に

仕事帰りに本屋さんに寄ったら「夏つまみ」という書籍がありました。

イメージ 1
どうしましょう。
こんなに美味しそうな表紙。
そして中にももっと美味しそうな夏つまみが並んでいました。

レシピ本なのですが、基本的に電子レンジを使って、
より簡単に調理できる物を多めに掲載しています。

折角、この本を購入しましたので作ることに。
ぴょん子さんにも野菜のカットなど手伝ってもらいました。

休日に作った、自家製のつまみを3つご紹介します。

イメージ 2
一つ目は、、、、
「ささみと胡瓜のわさび和え」
胡瓜のカットは、ボリュームアップだとすれば、がしかし、、、、

胡瓜は無くてもかったかも?
茹でずに出来るおつまみが嬉しいです。



イメージ 3

二つ目は、、、、、
「ピリ辛レンジなす味噌」

茄子の他に赤ピーマンだったのですが、赤いパプリカを買ってしまい
なんとも大きくてバランスの悪い仕上がりになってしまいました。
こちらも電子レンジを使って短時間で仕上げています。


イメージ 4

三つ目は、、、、
「油淋鶏」

美味しい油淋鶏を自宅で作ることが出来るとは思いませんでした。
刻みネギで作るタレにケチャップとか豆板醤を使うなんて知らなかったのですが、しっかりと中華していました。

自画自賛ですがこれは旨い!
おかげで沢山のお酒を飲んでしまいました。

でも、同じモノが同じようにに作れるのかどうか?
全く分かっていません。

イメージ 5


たぶん、なんどか作ることが出来れば同じような仕上がりを期待しますが、当分は本を見ながらじゃないと作れないかも。(汗)






この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事