ここから本文です
ポテサラもOK〜!@そば処 ながつか(藤沢)

おはようございます。
先日、友人が所属している横浜にある劇団のお芝居を観てきました。
でもって集合場所に行くのにちょっと時間がありましたので昼食を「ながつか」さんでいただくことにしました。

イメージ 1
ポテトサラダと瓶ビールです。
本当は日本酒もいっちゃう予定でしたが、意外と乗るべき電車までの時間が少なかったのでこれだけにしました。まぁ飲み過ぎると眠くなるからイケませんよね。

もちろんこの後のお芝居も楽しく観させていただきました。
最後は大爆笑のお話でした。

大したものですね。





この記事に

ぴょん二郎君の子供。

イメージ 1

ぴょん二郎君の可愛い子猫。
ほとんど人間みたい。
ぴょん二郎君が帰ってくるとべったりの関係。
本人も親バカを認識しているようです。

こんな無防備な猫も珍しいです。
仲良くね。


この記事に

秋刀魚で一杯@紗紗(藤沢)


イメージ 1

いつもの紗紗さんです。生ビールをいただきました。
他には行かないの?って言われそうなくらいにいろいろと行きません。まぁ駅前の地下には時間調整で行くけど・・・・。




イメージ 2

この日のお通しは「えごねり」です。二切れですから、ぺろりんちょといただいてしまいます。で、あとは女将さんとの会話をつまみに注文したものを待っております。





イメージ 3

秋刀魚の塩焼き。
さほど太くはありませんが今年はどこでもこれ位なように思います。秋をいただくことが出来ればそれで良いのです。





イメージ 4

焼き魚と来れば当然のように日本酒ですね。銘柄は忘れちゃいましたがぬる燗でお願いしています。そして美味しくいただいちゃいました。




イメージ 5

骨を揚げてくれました。これをやってくれる条件としては次の通り。
①綺麗に食べ尽くした人であること。
②お店が空いていること。
確かに秋刀魚を食べ終える頃は貸し切りでしたので幸運にも条件に適っていたって訳ですね。



イメージ 6

お酒もお代わりをしましたので、お料理もひとつ追加したのがこちら。海老の尻尾が見えますが、これは「さつまあげ」を注文したら出て来たのがこちら。出来合のものを焼く程度だと思っていたらとんでもありませんでした。手間が掛かっております。


紗紗で秋刀魚 喰ったど〜!

イメージ 7




この記事に

また買いました。
イメージ 1

これでさぞかし秋の夜長も楽しめると思いましたがぴょん子さんは「頑張ってね。」と。

むむむむむ。
そう来たか!


この記事に

ぴょん子さんを連れて紗紗さんに行ってみた。@紗紗(藤沢)

おはようございます。
すっかり週一ブロガーになっておりますな。根気が無くて申し訳ございません。


イメージ 1

この日は休日出勤ってことで帰りにぴょん子さんと待ち合わせをして紗紗さんに行ってみることにしました。
込んでいて入れないパターンもあるために事前に電話を入れていたのですが、、、、

山「山田です。本日19:30ころに2名で伺いたいのですが・・・」
紗「はい。う〜ん。大丈夫だとは思うんですが、う〜ん」
何とも歯切れの悪いお返事。
最近は忙しいふりをしてしばらくご無沙汰だったから冷たい態度なのかしら?(心の声)
山「分かりました。
じゃゃ、直前にまた問い合わせしてみますね」

でもって直前に電話をすると、、、

山「今から2名で入れますか?」
紗「あれ?20:00じゃないの?さっき奥様からも電話があったよ」
何のこっちゃ?そんな訳は無いと思うけど(心の声)
山「で?今から行っても大丈夫ですか?」
紗「あ、はい」

って感じで無事に入店。お店はテーブル席が2つ空いていましたがほぼそこ以外は満席状態。
中では娘さんご夫婦も応援に駆けつけています。テーブル席へ座らせていただきます。


イメージ 2

やっとのことでオーダーを訊いていただき生ビールと烏龍茶が提供されました。料理担当が女将さん一人なのでお客様の多いときの紗紗さんは大変だわ。


イメージ 3

紗紗さんの壁にはこの様に白木のプレートがはめ込んで有り、いろいろなメッセージが書かれています。どうやらお客様が書いたもののようですね。
「歳とったって言うな!!飲め!」
このプレートが面白かったなぁ。



イメージ 4

お通し。
小さな鰺だったかな?
とにかくおつまみが来ただけでも嬉しいです。飲めないぴょん子さんは食事に来ているので食べるものが出てこないと申し訳なくて落ち着いて飲めません。(笑)



イメージ 5

秋とんぼ 山田錦
とっくにビールを飲み終えてしまったので日本酒をいただきました。


イメージ 6

いづみ橋酒造だったのですね。



イメージ 7

サラダ。
南蛮漬けと獅子唐。サニーレタスと水菜をマヨネーズ付きで。
サラダっぽくは無いけれどこれはこれでグッド。



イメージ 8

日本酒を注いでいただいたのがほぼ同時でしたのでこんな感じに。
ここらで新しく入って来られるお客様には「ごめんなさい」と言ってお断りをする状況に。そんな中で予約していた方が登場します。男女の2名。「8時に予約していた山田(仮名)です」って。それを聞いて冒頭の可笑しなやり取りの理由が分かりました。更に予約の電話を入れた時に応対されたのは女将さんのケータイに応答した娘さんだったのです。同じくもう一人の山田さんの電話を受けたのも娘さん。これでパズルがひとつに組み合わさりました。
どうやら嫌われていた訳ではなかったのですね。よかったです。



イメージ 9

鶏の唐揚げ。
熱々で美味しいですね。


イメージ 10

とり串 2本。
最初に出てくるかと思っていたとり串がこのタイミングで。でもこれがまた美味しいから良いのですよ。


イメージ 11

海老と空心菜の炒め物。
これも良いつまみになりますね。
お店も忙しそうでしたし、ちょっと後方の席からは紫煙が漂いますのでこの辺でお開きにいたしましょう。

お店には申し訳ありませんが、こちらは少し余裕のある感じでカウンター席に座らせていただくのが一番楽しめますね。
ごちそうさまでした。


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事