ヤマトモのブログの部屋

ようこそブログの部屋へ!気づいたことなどコメント宜しくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

広島・平和公園

むごすぎる原爆投下の犠牲


 昭和20年8月6日午前、米爆撃機B29の原爆投下用に改造された「エノラ・ゲイ」
によって原子爆弾(リトルボーイ)が広島市に投下された。

 一瞬にして多くの人々、建物が失われた。まず目にしたのは昔から写真などで
お馴染みの原爆ドームだ。近くで見るとゴツゴツしていてそのむごさを感じる。

 この辺りが爆心地だったようで近くに平和公園があります。初めて見るドームに
72年前に気持ちを戻してみる。まだ小生が生まれる一年前だけど・・・
イメージ 1


 資料館にある投下以前の写真、「産業奨励館」が本来の建物です。地元の産物を
展示してある大きな建築物だったようだ。
イメージ 2


 平和公園に入ると「原爆の子の像」と周りには折鶴館がある。2歳のときに被爆
したが幸い大事に至らずに小学校6年まで成長した「佐々木禎子さん」

 健康で活発、スポーツが得意で足が速くクラスの人気者だったそうです。
ところが6年生になったある日、体に不調をきたす。病名はわからずしばらくは
放っておいたそうですが、遂に被爆による「白血病」と診断されました。

 およそ8ヵ月の闘病の末に天国に召されたようです。同室の女子高生に千羽鶴を
折ると良くなると言われ必死に中ほどまで折ったようです。同級生は中学一年生
になっていました。見舞いに来ても学校の話は気を利かしてあまり良くは言わな
かったそうです。

 同級生の皆で数年後全国にカンパを依頼してこの像を建てたとの事です。
イメージ 3


 資料館には彼女の写真がありました。永遠の眠りについた佐々木禎子さん、隣は
女子高生と直立不動の禎子さんです。話を聞いて目が潤んできます。哀しい・・
イメージ 9


 原爆慰霊碑です。毎年平和式典をする場所、初めてだがいつもみているような。
イメージ 4


 資料館に入って展示物を見学、投下以前の町と以後の町の様子の写真が壁一面に
大写しで貼られていた。

 投下直後のむごいドーム付近の写真。本当に心に矢がささります。
イメージ 5


 焼け爛れた三輪車が展示されている。
イメージ 6


 原爆投下直後の人たちの写真がありました。
イメージ 7


 溶けて固まったビンが直後の高熱を表しています。
イメージ 8


 資料館の地下1階にひっそりと「オバマ元大統領」の折鶴が2つ並んでいました。
複雑な心境だったのではないでしょうか。
イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


 遠く離れた北国に住んでいますが、この歳で初めて見て聞いてその悲惨さを
ひしひしと感じた次第です。「核」は恐ろしい!


 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事