ここから本文です
今、ベストをチョイスして、悔いのない終わりを迎えたい

書庫廃屋改造

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

手間と嬉しさ


  豆作りは種を蒔き発芽した時から手間がかかり育つと

  春風にも負けない丈夫な柵作り、一花にさやができ

  中にはビッシリ赤ちゃんの足の指の様な豆が並んでいる

  とても可愛くプリプリです

  今日暇な時間があるとき、豆をむこうとキャリー1パイの豆を見た

  TOさんワ〜気が遠くなりそう、来年は少し控えたらと言いながら

  豆が好きなのです、みんな喜んでくれるしこの手間は喜びです
イメージ 1
 赤豆、おたふくそら豆、普通のそら豆、他にきぬさや
 グリーンピース、エンドウ豆、スナックエンドウ、来年も撒きます
イメージ 2

竹パウダーの御かげで見事に育ったニンニクです
イメージ 3
ネギの種と赤エンドウ豆の種
イメージ 4
毎年トマトの栽培で風に吹き飛ばされるので
今年はキットを購入して組み立てましたこの辺りの風は
尋常でないほど強いのでさてトマトが
育つまで立っていることができるでしょうか
イメージ 5
この中にスイカとメロンとトウモロコシが育ちます
イメージ 6
ナス、ピーマン茄子の種を色々頂いたのでポットで発芽したのを
植えていますかなりたくさんあります食べきれないくらいです
イメージ 7
一日の作業が終わり眺めて満足しています(左側)
下に里芋上がナスです
イメージ 8
(右側)素麺ウリ、真っ赤ウリ、カボチャ、落花生
出来上がりを思い描き今日も満足して雨を待ちます
農業はこれで終わりということがなくなかなか暇がありません


































この記事に

開くトラックバック(0)

看板

 看板を製作するにあたり、どうしたら人が反応
 するか、街の何気ない看板、新聞、チラシなど
 参考にしようと
 以前から気にかけていたのですが
 いざ実行となると毎日見る物ですから
 インパクトのある脳の片隅に印象の残る画像

 デザイナーはすごいですね
 会社のロゴもよくできてる、ラベルを変えると
 売上が伸びる、感性に響く
 短い商品名とレタリング

 ワーどうしょう、考えれば考えるほど行き詰る
 出たとこ勝負でぶつけ本番ありふれた
 どこにでもある看板になってしまいました
イメージ 1
        産直の看板
イメージ 2
   南から走る人に見てもらう看板

 デザインから取り付け作業迄
 ほぼ一か月、オバサン作業といたしましては
 誰かの意見
(ダメだしもっとここに力がいるとか)
 聞きたかったのですが、聞いてもできる範囲が
 知れていますので、この辺でマイイ


 ドライブ、バイクツーリング,自転車、マラソン
 しまなみ海道大三島においでになられる方々
 大三島を一周してもそれほど距離はございません
 この看板がお目に留まれば
 一度ご来店してください
      お待ち致しております




この記事に

開くトラックバック(0)

廃屋完成

   五年の歳月をかけ、やっと完成いたしました

  今年こそ、開店にこぎ着けようと昨年末から
  家の周囲にを穴を掘り(看板を立てる支柱の穴)
  全部で七個、幅のサイズを測り重さを考え深さを測る
  島の風の強さを思うとこの位では、風の吹いた翌日は
  ひっくりかえって、いるのではないか心配ですが
  まあオバサンの仕事ですから、この位で良しとしようか
     (自分で自分に納得しながら)
  無くなってきた体力、元々ない思考力を振り絞り
  考えられる限りの基礎工事を施し
  大阪から頂いた歩道レンガの敷設も完了

  野ざらしにされていた廃屋の不用になった
  廃材と改造のときに出た切れ端の材木を利用して
  ベンチを作りテーブルを作り

  愛媛県の保険所では、トイレは無くていいけど
  店内に手洗いが必要と言うことで
  手洗いを付け、保険所の許可がおりました

   昨年まで毎日朝から晩まで畑に行っていたのに
  毎日、朝から木を伐りペンキを塗りビスを打つインパクト
  の音をさせ、看板が上がったころには村の人達も
  出来上がったベンチやテーブルに少し反応してくれました
イメージ 1
    向うに見える黄色いのが産直の看板です
   デザインされた椅子は購してきたものです
   バラスを蒔き完成です、あとはトイレの入り口に
   男性と女性の絵をかき、営業中の看板を製作します

   円いテーブルのパラソルを購入、産直に商品を並べる
   入れ物、購入された時のお買いもの袋など
   消毒液とか、こまごましたものをそろえるのに
   大阪に来ています

イメージ 2
     正面から見たピットインの看板
    以前から見たら変化してきました
    周囲も可愛く出来上がりました

  さて遠方から大三島を走るために来てくださる
  人達をおもてなしできるのでしょうか

   美しい海、のどかなミカン畑
  自作の野菜、柑橘、手料理、手洗いは外から利用できます
  

イメージ 3

    この四角いコンクリート板も頂きました
    机椅子は、改造時出た材木です

   残していたレモンの木、接ぎ木してあるので元の
   伊予柑と一緒に実を付けました

   大阪の工事現場の皆様こんなに可愛らしく
   美しく出来上がりました
   捨てられる運命であった廃棄煉瓦取り置きするのも
   面倒でしたのに快くおいていて下さり
   回収に向かう事が出来ました
   ありがとうございます








この記事に

開くトラックバック(0)

備品納品

      少しづつ買い集めた備品を
   テーブルに合わせてみる、まあまのバランス
       良くもなく悪くもなく
 
イメージ 1
 
          店内の椅子は6脚
   一人でこれだけお客様をおもてなしできるでしょうか
 
イメージ 2
 
喫煙をする人用のそとの椅子
テーブルは未完成、まだ足がついていません
今は長ぐつに履き替える時使用しています
 
畑仕事がありますので
家の周りに手を入れる時間がありません
草をとるのが一生懸命、
まだまだ準備にかかりそうです
想像道理出来上がるのはいつごろでしょう
日々変化するサクラダ廃屋です
 
 
 

この記事に

開くトラックバック(0)

駐車場をつくる

 
   雨の日は暑くないので作業がしやすく
   駐車場を作ることにしました
  運んできたレンガで足りるかどうか解りませんが
  出来るところまで作ってみようと思います
  雨でぬかるんだ畑に車のタイヤで跡を付けてもらい
  掘りながら間隔をはかり木で水平をとりながら
  レンガを布施ていったのですが、出来上がると
  少し曲がっていて狭くなっている
  友人に設計ミスやな、と言われまた次に
  やり直そう今日のトコロはこれで終わりにします
イメージ 1
こちら側から見るとそれほど曲がっているように見えません
 
イメージ 2
 
  車を置くとこんな感じになりました
  設計ミスは今度修正することにしました
 
 今度の車です、クロちゃんも載せられるし大量に運べます
 それほどスピードは出ませんが十分です
    中古車で4500走行しておりました
    広くてとても快適です
 
 
 

この記事に

開くトラックバック(0)

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事