dunubの窓

がんばれ日本!大事に残すもの捨てなければいけないもの、覚悟を決めて。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

世界一周自転車の旅で知った地球最高の国

日本をこよなく愛し世界で写真展開くスイス・イタリア人夫婦

サイクリングの素人が長距離の旅行、しかも世界一周という、とんでもない大業を成し遂げた。世界42カ国を8年かけて自転車で回ったのは、イタリア人とスイス人の夫婦、レプレ夫妻だ。日本にも1年以上滞在して、北海道から沖縄まで全国を旅した。
 世界一周の基本は野宿だったが、特に日本では多くの一般家庭から宿泊提供を受けて、草の根交流を経験した(本文敬称略)。

振り返れば「奇跡だった」8年の旅

http://jbpress.ismedia.jp/mwimgs/6/8/250/img_68abf325701dd16230a69f392f3d12a6115104.jpg「8年間・自転車世界一周」を成し遂げたLepre夫妻。妻のVerenaさんと夫のLuciano氏。(著者撮影)
 妻のヴェレナと夫のルチアノは、スイス西部の有名な古城シヨン城付近に住んでいる。
 2人は1996年から2004年まで、8年かけて自転車で世界一周した。スイスから中東、そしてアジアに入ってオーストラリアへ。その後、北米と南米を回ってヨーロッパに帰ってきた。
 旅行前、ヴェレナは医薬品関係のセールスをしていて、ルチアノは携帯電話などの家電品の販売に携わっていた。2人とも仕事に没頭し、年始から年末まで仕事の予定がぎっしりと詰まっている状況だった。
 40代にさしかかった頃、「もう十分働いた。仕事を辞めて何か面白いことを」と考えた。以前から会いたいと思っていたネパールに住む友人のところに、「自転車で行ってみてはどうか」とひらめいたという。
 特にルチアノは写真が趣味で、写真撮影に思う存分時間を取ってみたかったこともあった。
http://jbpress.ismedia.jp/mwimgs/b/1/250/img_b1c3aa417608601dc1fb2601735b962761336.jpg旅をスタートしたばかりの1996年当時。テントや寝袋、コンロ(調理具)などを積んで。(写真提供以下すべてVerena and Luciano Lepre)
 当時2人はサイクリングの素人だった。自転車を所有してもいなければ、レンタルして普段乗ることさえなかった。
 それが、いきなり自転車旅行とは無謀に見受けられるが、すでに、いろいろな国を普通の観光旅行で訪れていた2人にとって、また同じスタイルでというのは退屈に感じたのだ。
 移動手段が自転車なだけで宿や食事は通常通りという旅ではなく、バックパッキングでと決めた。
 ネパールを目指した旅行が始まり、ヴェレナは背中に、ルチアノは膝に痛みが出たが、旅するうちに、ハンドルとサドルの高さを微調整するなど楽に走れる工夫を見つけていった。1日の平均走行は4〜6時間だった。
寝る場所は、「今夜はどこにテントを張ろうか」といつも行き当たりばったり。食材を調達して自炊し、寝袋で夜を過ごした。
 旅の予算は1日約2000円で済ませて最低限の物に費やした。貯蓄を使うばかりでなく、時おり収入も得た。アウトドア雑誌を中心に、この旅をつづったルポを売り込んだら、運良く買ってもらえたのだ。
 2人は地図も持たずに進んだ。次の日の予定も事前に決めなかった。ときには、航空会社と交渉したら無料で航空券2人分を提供してもらえたり、テントを張っていたら地元の富裕層が家に招いてくれ、豪奢な部屋を使わせてもらえたこともあった。そんな毎日の出来事を楽しんだ。
 14カ月後、2人はネパールに辿り着いた。友人宅で4カ月滞在した間、「そんな楽しいことや驚くことが、まだたくさん待っているに違いない。ストレスや競争から解放された自由な生活ももっと続けたかった」と旅を続行する決意をした。
 「旅をしている最中は予測できないことに身を任せて、次の地、その次の地へと淡々と進んだ気がしていた。でも振り返ってみると、安全でいられたのは奇跡だった」とはヴェレナ。最終的に8年間、怪我も大病もなく、危険な目にも遭遇しなかった。

日本人の味覚やリラックスの仕方を体感した日々

http://jbpress.ismedia.jp/mwimgs/c/a/250/img_ca2ca6af12a5e6ddc95e34d311f56f6959213.jpg「着物」と「マンガ」という日本文化の典型も、しっかりととらえた
 スイスを出発して3年後、ネパールでの旅続行の決意から約2年後、2人は日本に降り立った。1980年代に2度東京を訪れて以来だった。
 そのときは「何でも値段が張る」という印象で、数日間しか滞在しなかった。だから、初めて訪れる国のような新鮮さがあった。
 一方、サムライ・芸者といった伝統、電化製品などの先端技術、グループで行動するのが好きで、働いてばかりいるロボットみたいな日本人といった、一般の西洋人が持つ日本に対する紋切り型のイメージを抱いていた。寿司も嫌いだったし温泉も入ろうなどとは思わなかった。
 だが2人を待っていたのは、西洋人が思うような「クレージーな日本」ではなかった。
 例えば刺身は魚ならどれでも味は同じと信じていたが、魚の種類や魚の部位によって味が違うことに気がついた。刺身には醤油だと思っていたのが、調味料を変えたり薬味を混ぜたりとタレが1つではないことも知った。
日本の食の奥深さに驚き、ルチアノいわく「自然のものを豊富に食べている日本人は、繊細な味覚を持っている。食べ物や食事で日本人をだますことはできないよ」と認識するほどになった。
 生魚なんて絶対に嫌だと思っていたヴェレナも、刺身が大好物になった。
 41度前後と湯温が高めの日本の温泉も(ヨーロッパの温泉はせいぜい38度が限度)、自分たちで入ってみて初めてその良さが分かった。熱めの湯にゆっくりとつかると、疲労した体のほぐれ方が全然違った。
 とりわけルチアノは日本の温泉が恋しくて仕方ない。ルチアノはいま日本を訪れるたびに、温泉に向かうという。
 日本の旅では、全国の非常に多くの一般家庭から宿泊の提供を受けた。「日本人は人を家に招かないと外国人はよく言うけれど、全然そんなことはない。もてなす精神はしっかりとある」とルチアノ。
 2人は家庭に泊まって暮らし方を垣間見ていくうちに、日本人の価値観、日本人の職業観、日本の教育などを少しずつ知っていった。

日本の複雑さこそが、魅力的

http://jbpress.ismedia.jp/mwimgs/6/7/250/img_6750c277e4a1a12b7a83c64e5889fa62101730.jpg京都にて。撮影してきた大量の写真も積み、自転車は数十キログラムの重量になった
 よく見えなかった日本人の生活の仕方や考え方を知るにつれ、2人は変わった。
 ハイテクvs伝統的な生活スタイル、物質主義vs精神主義、豪華vs簡素、都市の喧噪vs寺や神社などの静寂といった様々な対立するものが混在する日本は、複雑で変わっていると見るのではなく、その複雑さが興味深いと感じるようになったのだ。
 約半年で日本縦断が終わって、東南アジアへ行きオーストラリアに入ったが、「日本の風景や人々をもっと深く心に刻みたい。もっと写真に収めたい」と、もう1度、約半年滞在するために日本へ戻った

スイス、仏、独にて、撮影した日本の写真を公開

 日本縦断は、2人のその後の人生を変えた。いま、2004年末に自転車世界一周に終止符を打って6年半以上が経ち、ゆっくりと思い出をかみしめつつ、スイスの生活に戻ったとようやく感じているが、日本との関わりは強まっている。
 「旅をするという観点から見たら、日本は一番面白い」。2人は大好きな日本のことを、自分たちの経験を伝えることによって、より深くより多くの人たちに知ってもらいたいという情熱に満ちている。
 まずルチアノは、日本縦断で撮影した美しい写真数百枚をもとに、その後、数度の新たな撮影を重ねて、2010年に写真集『JAPAN』を出版した。現在は、東京にフォーカスした2冊目の写真集の準備をしている。
 そして、それらの写真をスライド形式にして、2人で解説をしながら見せる「ジャパンショー」も開催するようになった。
 今年1月から4月まで、スイス32カ所を回った。「城を背に萌える桜」「人力車に乗る舞子」「コスプレ姿の女性」など、個性的で情緒あふれる写真を次々に映し出して、訪れた人たちを魅了した。
http://jbpress.ismedia.jp/mwimgs/e/6/250/img_e6c9cc4d2c1b208e83cf6f912f5d43f692371.jpg撮影対象は人や建物だけでなく、動物も。長野県地獄谷温泉にて
 「ジャパンショー」開催を、スイスの新聞や雑誌も大きく取り上げた。好評だったため、数年後またスイス各地で開催することを検討しているという。
 他国でも「ジャパンショー」を開く計画を進めている。ドイツ・フランクフルトからは、すでに招かれている。パリからは、開催に協力すると言ってもらった。ロンドンでも開催できるように話し合いを重ねている。
 ショーは有料だが、目的はお金ではない。見えにくい実際の日本を、たくさんの人たちに紹介したいのだ。
 2人は日本への観光ツアーも作った。大震災の影響で延期になったが、10月、スイスの人たちを初めて日本に引率して、東京、岐阜、石川、京都、広島などを2週間で回る予定だった。

若い世代へ。お金だけが夢じゃない。

http://jbpress.ismedia.jp/mwimgs/9/f/250/img_9f4ca886d73814ee564e5080b629a03b123005.jpg行く先々での人々との出会いを楽しんだ。愛媛県松山市にて
 2人は「生きる上で何がより大事か、何が重要ではないかが分かった」と、旅の前とは異なる価値観で生活している。
 「スイス全土を自転車で走りたい。これほどサイクリストのことを考えて走りやすい道を作っている国はスイス以外にない」。日本だけでなく、自分の国の良いところを再発見したことも、旅からの収穫だ。
 ルチアノは、決してあきらめなければ必ず人生は変わることを、インタビューの最後で語った。ヴェレナは、健康なら何歳からでも新しいことに挑戦できるし、人生を楽しむことが何よりも大切だと話した。
 特に若い世代には「お金を稼ぐことだけ、経済的に豊かになることが人生の夢ではないと伝えていきたい」という。
JBpress 2011,10,6
--------------------------------------------------------------------
 
▼ 日本人には精神性という価値基準がある。その基準に従って物事を判断する、そういう方法がある国。
 ガラパゴス諸島はアフリカ大陸から隔絶された島だからこそ独自の進化を遂げた生物がいる、日本もアジア大陸から切り離された島国であり行き止まりの場所でもある。独自の文化文明が醸成される場所であったわけだな。
 
 
 この国の「日本らしさ」はいつの時代に作られたものであろうかとなれば「江戸の封建社会と鎖国の時代」なんだろうと思う。

開く コメント(1)

イメージ 1
 
安藤広重 東海道五十三次 赤坂『旅宿招婦の図』
 
 
▼ 旧東海道を京都から東京(江戸)へと下道でドライブする旅を断続的にやっているのだが、当初想像していた旅とは違うことに気が付いた。
 現在関西に在住している自分にとっては京都や奈良のように古い建築物を簡単に見ることが出来る。木曽や信州中仙道を旅したときも歴史建造物を残した場所を訪れているのだから、旧街道はそういうものだと勝手に思い込んでいた。簡単に言えば東海道五十三次はそれぞれ各地に当時の建造物や本陣、資料館、松並木が残されていると思っていたのだ。
 ところがどっこい、今まで訪れた観光地は「その歴史が残されているから有名」であった訳で、中仙道で言うと奈良井、妻籠、馬籠などのような場所ばかりを廻っていればそうでもあろうが、実際は残されていない宿のあるわけで。その訪れる場所により何らかのテーマが必要であると理解した。
 
 現在までこのパターンで来ている
① 京都(三条大橋)〜大津〜草津〜石部
② 水口〜土山〜坂下〜関
③ 亀山〜庄野〜石薬師〜四日市〜桑名〜(泊)〜宮〜鳴海〜池鮒鯉
 
 初回の行程では京都もあるし大津の琵琶湖、草津の追分と姥が餅。
2回目は関の町並み(五十三次で一番大きいと思われる歴史的町並み)。
3回目は伊勢神宮、熱田神宮をオプションに。
 
 さて問題はこれからだ。愛知県の東から静岡に至る行程に観光の山が見つけられない、富士山が見えるようになればまた違った旅情も沸くのだろうが。
 自分は関西と首都圏にしか住んだことが無く東海地方の良さを知らない、つまり無知なのだ。
 
 そこで必死になって(?)検索して行くと旅籠大橋屋を見つけた。なんと江戸時代中期から赤坂宿の当地で旅籠を営んでおられるそうで元の屋号を「伊右ェ門鯉屋」と言うそうな。ここは五十三次の浮世絵に描かれているそのものが現存する。現在に残り旅籠旅館として営業を続けているのは日本でここだけ、それも東海道五十三次の赤坂宿はこの旅籠情景。
 
 ネットで予約状況を見ようとすると不能、どうやらネット対応していないようだ。そこで宿泊日に2週間を切っているにも関わらずTELして見た。何と一部屋だけ空いていたのだ。つまり今度の行程のポイントは【五十三次に描かれている旅籠「大橋屋」に宿泊する】ということに決定。
 
 次の考えどころは「鰻を食す」ということ。浜松の街BBSを覗くと当地で提供される鰻は価格が高いという、周辺地域より3割は高いと。家内曰く安くて美味しい鰻なら明石にもある、3000円以上出せばたいがいの店は旨いに決まっている。しかしそれでは話のネタにはならない、観光地価格であろうと現地で食すべきではないだろうか。こういうことは鴨がねぎをしょって行くようなものなのだろうか。
 
 

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事