全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

昨日、BMWから正式にNew7がプレス・リリースされました。

このクルマも以前からスクープをお伝えしてきましたので
当ブログをご覧の皆さんは十分ご承知かと思います。

過去ブログ:http://blogs.yahoo.co.jp/xperico99/38851432.html

で、発表された写真を見ると
予想CGよりさらに「おとなしい(コナサバ)」ですね。

現行の7(E65)はBMWのクルス・バングルの作品ですが
このフル・サイズ・セダンでは正にアバンギャルドでした。
このデザイン・ポリシーは続く現行5シリーズそして3シリーズに受け継がれてます。
もち7が最もピュアですが。

で、このアバンギャルドさが災いして?
メイン・マーケットであるアメリカを始め
BMW自身がもくろんでいたほど売れなかったそうです。

ボク的には「ダイナミック」で「力強さ」を感じますし
ホイール・アーチのきり方(タイヤ・ホイールの見せ方)なんかもベスト!
イメージ的には、特徴的だったリア・デザインは
極端に言うと「球体に直方体をぶち込んだ」カンジ。
全体的には1や3シリーズくらいのサイズで使うような手法を
フルサイズ・セダンに使った「超大胆」な作品だと思ってます。

しかし、結局これが売れなかったんで、新型は「コンサバ」にしたんでしょう。

比較すると、現行ではメリハリ効かしてたキャラクター・ラインがなくなり
連続した局面でマッシブ(筋肉質)に見えるでしょう。
サイドで窓を狭くしたりとか今風になってますが
多分実物みるとフロントからリアまでのサイド・プレスあたりは
レクサス・LSに結構近いかも・・・?!

前もお話しましたが「コンサバ≒ダサイ」ですから
この新しいデザインは「新顧客(コンサバな)」を掴むでしょうが
同時に「アバンギャルド?な顧客」を失う可能性もあるとゆうことです。

お披露目は10月2日より開催のパリ・モーターショーになるそうです。

デリバリーはまずアメリカからで、X6に搭載している
「V8 4.4L ツインターボ」を積んだ「750」が秋口に投入とのこと。

年末には正式に日本へ入ってくる様になるんじゃないでしょうか!?

このNew7、「四輪駆動」「ハイブリッド」「水素エンジン?」と
高額オプションがゾロゾロ出てくるでしょうからお楽しみに!

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事