Q:「得」という漢字に、de,d?i,d?の三つの発音がありますが、どう区別したらいいですか?
A:「得」という漢字には、三つの品詞があります。
①助詞としての「得」。発音はde。後ろに形容詞がついてきます。
「動詞+得+形容詞」の形で、「得+形容詞」で程度・状態補語を構成し、
前の動詞について補足的に説明します。
②助動詞としての「得」。発音はd?i。後ろに動詞がついてきます。
「得+動詞」の形で「〜をしなければならない」という意味を表します。
③動詞としての「得」。発音はd?。後ろに名詞がついてきます。
「得+名詞」の形で、「〜を得た」という意味になります。
「得到」という形で使われる場合もあります。ちなみに「得+病名」は
「〜の病気になった」という意味を表します。

★練習★ 次の「得」はどの「得」なのか、考えてみましょう!
①明天我得早起。
②他的汉语说得很好。
③上个星期王老师得了重感冒。
                    

答え:①助動詞d?i ②助詞de ③動詞d?

この記事に

開く コメント(3)

Vol.4 『過と了の区別』

Q.「過」と「了」の区別がつきにくいのですが、その使い分けを教えてください。
A.①「了」は、過去・現在・未来のどの時制の事柄にも用いることができますが、
    「過」は、必ず過去のある時間に関わっていることにだけに用いることができます。
    (例文)
       ●今天我参观了金阁寺,再去岚山。
       ●以前我参观过金阁寺。
  ②「過」のつく動詞が表す事柄は、過去だけですが、
    「了」のつく動詞の表す事柄は、現在まで続いていることがあります。
    (例文)
       ●以前他去过香港。
       ●昨天他去香港了。
  ③「過」は、完了したことを表しません。
    (例文)
       ●他打过棒球。

この記事に

開く コメント(0)

Vol.3 『要と有の区別』

 Q.「要」と「有」の区別がつきにくいのですが、その使い分けを教えてください。
 A.この二つは日本語の発音も似ているので、初級学習者には混乱しやすいようです。
   日常よくある買い物の場面を用いて練習してみましょう。
   店員:有没有会員??
   客:没有。
   店員:要不要袋子?
   客:不用了,謝謝。
   ここで一つ注意したいのは、「不要」を「不用了」に言い換えることです。
   「いらない」と言うよりも「結構です』と言った方が、丁寧さを表現することができます。

この記事に

開く コメント(0)

Vol.2 『会と能の区別』

Q.「できる」という意味の「会」と「能」の区別はどこにありますか。
A.「会」は習得してできるようになる時に使いますが、
「能」は体の能力或いは外部的な条件に許されてできる時に使います。
例えば、
①我会説漢語。(勉強してできるようになった)
②我能用漢語写信。(能力を得て手紙が書けるレベルになった)
③我会開車,可是今天喝酒了,所以不能開車。
(運転は習得したが、外部的な条件によって運転できない)

この記事に

開く コメント(0)

The Language of Disaster

Many students want to talk about the recent unfortunate events in northeastern Japan.
Luckily, disasters (災害) don't happen so often, so we rarely use disaster vocabulary.
When we tell somebody about a disaster for the first time, we usually just use this Be-verb pattern:
There was / is / will be
• an earthquake (地震)
• an aftershock (余震)
• a tsunami (津波)
• a flood (洪水)
• a fire (火事)
• an explosion (爆発)
• a meltdown (炉心溶融)
• an eruption (噴火)
• a hurricane (竜巻)
• a typhoon (台風)
• an avalanche (雪崩)
• an epidemic (疫病)
例:There was an earthquake, then there was a tsunami, and then there was a flood. There are still aftershocks. Many people are worried that there will be a meltdown. They are worried about radiation poisoning (放射能中毒).
When we are telling a story about that time, we often use "happen":
例:When the earthquake happened, I was in Miyagi.
"Occur" is a slightly more formal word that is used more in news reports:
例:A major earthquake occurred off the coast of Japan this morning…
-------ご注意-------
Sometimes, students incorrectly use the verb "attack":
X Kobe was attacked by an earthquake. X
However, "attack" means to aggressively act against someone or something; to want to hurt them. Earthquakes and tsunamis can't be aggressive (they don't have feelings), so they cannot attack. 
-------------------------
Luckily, many people want to donate (寄付する) money, food, and clothes to disaster relief (災害救助).

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事