全体表示

[ リスト ]

 富山県の東の端っこ朝日町。日本の渚100選のヒスイ海岸や白馬岳など、結構いいモノを持っているけれど知名度は低い。富山県全体で見ると立山やホタルイカ、蜃気楼、うなづき温泉などが優先されて、PRされていないのかもしれない。
 朝日ICから看板を頼りに小川温泉を探すが、道を間違えたのか、途中で案内がなくなってしまう。やっと小さい案内看板を見つけるが、「小川温泉元湯 →」と書かれたすぐ先に、「小川温泉 ←」みたいな看板が出てくる???あとでわかったのだが、山の中の源泉の位置に元湯があり、これを麓まで引き湯したのが小川温泉らしい。経営は同じみたいだから、もうちょっとわかりやすい表示にしてもらいたいものだ。
イメージ 1元湯は山の中

 山の中の元湯まで行ってみる。川沿いにひたすら進み、トンネルを抜けると小川温泉元湯の旅館に辿り着く。というか旅館以外に何もない。道もここで行き止まりだった。
イメージ 2

 山中の一軒宿とはいえ、規模は大きく、ロビー近くの休憩スペースなども広くて快適だ。旅館の人たちはとても親切で、笑顔を絶やさず、しかもその笑顔に嫌味がない。
 温泉は目玉である洞窟露天風呂のほか、普通の大浴場や岩風呂、檜風呂など充実している。冬季は洞窟風呂は入れないようだ。大浴場は結構大きく、子供なら泳げるほどの大きさ。おそらく循環はしていると思われるが、大きさの割に入る人も少なく、お湯自体は新鮮な感じを受ける。温度も熱くもぬるくもない調度よさ。外にある檜風呂の方はボコボコとあわ立ち、ジャグジーのようになっている。こっちは飲泉もできるようになっていて、結構熱い源泉が流されている。感覚的にはそれほど味を感じないが、ほんのりと海の香りがして、結構塩分があるようだ。加賀温泉の山中や山代の湯に近いような感じ。
 意外と、と言っては失礼だが、ちゃんとした温泉だと感じられた。
イメージ 3うまく撮れない
イメージ 4

イメージ 5湯治部は素泊まり3000円台と格安

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事