ここから本文です
XR230の整備記録
個人的な備忘録として・・・

書庫全体表示

マフラー交換

ノーマルマフラーのままでずっと乗るつもりだったXR230。
先のアメリカ旅行で”XR'S ONLY”と”マルコム・スミス”に魅了され、
「XR'S ONLY」にCRF230L用のマフラーがあるのを知って
チョット欲しくなってしまいました・・・

XR'S ONLYの日本の代理店はマルカワレーシングさん。
同じ愛媛県内にあって、じつはたまに冷やかしに行ったりしてます。

先日、遊びに行ったときに相談してみると、なんと、タイミングよく
CRF230L用のが入っていました。CRF230L用の日本第一号。
マルカワさんでのXR230へのフィッティングテストなどは未だだったので、
とりあえずその日はそのマフラーにツバつけて帰宅しました。

後日XR230で出直し、私の前期型XR230に合わせてみると・・・
う〜ん、微妙に合わない。。。
強引に力技で着ければ着かなくはないかも?!といった感じ。
どうもサイレンサーステーの角度がおかしいようです。
結局その日も諦めてまた出直すことに。

で、今度はマルカワレーシングさんの隣町に用事があったときに
寄ってみると「ちゃんと着くように修正したよ!」とのこと。

エキパイがかなり太いので、どうしてもフレームにわずかに
当たる可能性があるとのことですが、ちょうどマルカワさんの
デモ車のXR230に着けている状態を見てみると、ギリギリ
当たっていないように見えます。

修正工程を聞くと、ミッドパイプを2か所カットして
「捻り」と「振り」の角度変更をして綺麗につくように修正。
さらに、もともとのミッドパイプのステーを削り落とし、
新しいステーを新設しているとのこと。
う〜ん、溶接の全くできない自分からしたら職人技です!
マルカワさん曰く「ワンオフに近い手間」が掛かった、と!!

その日に持ち帰って着けてみました。
イメージ 2
XR'S ONLYのサイトのものとは仕様が違うようです。
マルカワレーシングでの販売価格は¥64,000(税抜き)
私にとっては一大事の、かなりの痛手になる金額です。
この夏に切れてしまう自賠責が、しばらく更新できないかも・・・

youtubeで見られるものとも違うようですね。

そう言えば、
XR'S ONLYで私が見たものも、表面処理がハードアノダイズドだったり
エンドキャップ全部が赤アルマイトだったりと、これも仕様が違います。

エキパイはヒートガードをつけるステーが溶接してあったのですが、
私のワガママで切り落としてもらいました。
イメージ 1

10分くらいでできるよ、とチャチャッと作業しているのを待ちながら、
「そんなに早くできるんだったらステーを削り落とすだけかな?!
まあ持ち帰ってからペーパー研磨をしよう。」と思って待っていたら
出来上がったのを見てみると磨きまで入っていて想像以上の仕上がり!
他の部分との差はありませんから、このまま使えますね!

モノ自体のつくりは、良く言えばワイルド感のある、
いかにもアメリカンな雰囲気。
ミッドパイプには曲げ加工の際の跡が残っていたりします。
エキパイの肉厚は社外品にしては厚みがあり、私好み。
全体の仕上げはポリッシュではなくヘアラインフィニッシュというか
サテン仕上げ(というのかな?!)綺麗過ぎずにガンガン使えます。
形状もオーセンティックな丸型サイレンサーに、今風のコーン状でない
筒状のエンドキャップ。
何となく「CRF」でなく「XR」って感じがします。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事