ここから本文です
XR230の整備記録
個人的な備忘録として・・・

書庫全体表示

記事検索
検索

全87ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

僕の最も年長の友人、マルカワレーシング代表・丸川洋一さんが平成31年1月25日にお亡くなりになりました。
イメージ 1
2016年2月16日朝。
アメリカはカリフォルニア州ビクタービルの”Green Tree Inn”のカフェにて。
この旅行が丸川さんにとって最後のアメリカ旅行になってしまいました。

日本ではオフロードバイクファン、特にホンダXR好きならマルカワレーシングの丸川さんを知らない人はいないのではないかと思います。
ホンダXR生みの親の一人、故”アル・ベイカー”の「XR'S ONLY」や、南カリフォルニアのマフラーメーカー「FMF」の輸入代理店としても有名です。

「バハ1000」や「ホンダXR」ブームがリアルタイムではなく、しかもオンオフ問わずレースに疎い僕は丸川さんと知り合ってからこれらに興味を持つようになりましたが(^_^;

いま思うと丸川さんと出会ってまだ10年足らずだったのですが、もっともっと古くからの付き合いのように感じています。


2007〜2008年頃に愛車XR230のスキッドプレートが欲しくなり、ネットで調べてマルカワレーシングのHPhttp://userweb.shikoku.ne.jp/marukawa/にたどり着いたのが丸川さんを知ったきっかけだったと思います。
メールで問い合わせをしたものの在庫が無かったため、結局は静岡のダートバイクさんよりMSR製の、おそらくCRF230用のものを加工してXR230に合うようにしてオークション販売していたものを落札して買いました。

しかし少し後に、ご本人にお会いすることになろうとは思ってもみませんでした。
それは、そのとき勤めていたカワサキのバイクショップで、当時大幅にモデルチェンジされO2センサーが搭載されたKLX250だったか、ニューモデルであるKLX125/Dトラッカー125だったかに、FMF製マフラーが車体に着くかどうかのフィッティングをチェックしたいと訪れたのが丸川さんとスタッフの川口さんでした。

「丸川さんは開高健がお好きなんですか?」

マルカワレーシングHPのコラム等で、文章がところどころ何となく開高さんっぽいなと思っていたので、こう話しかけたのが最初だったと思います。
他にもスティーブ・マックイーンが好きだとか、いろいろと話が合うところがあり、初対面ながら意気投合しました。

その後は年に数回から多いときには月に1〜2回ほど八幡浜の丸川さんのお店に遊びに行くようになりました。
しかし、しばらくそういった交友がありつつも、僕のほうが家族の病気やらなんやらででせわしなくなったりして疎遠になりかけた2015年頃に、丸川さんがヒョイとそのときの職場に現れてくれました。
そして交流が復活し、2016年2月中旬に一緒にアメリカ旅行に行くことになりました。

このとき、オフロードの神様”マルコム・スミス”に出会えたのは一生の思い出です。
イメージ 2
丸川さんの取引先である「XR'S ONLY」と「FMF」に行くこと以外は行き当たりばったりの予定だったのですが、ちょっとした偶然が重なって奇跡的にお会いすることができました(丸川さんもマルコム・スミスと会うのは初めてだったようです)。
他にも現地でほぼ毎日お世話してくれた「XR'S ONLY」の社長の”フレディ”さんやスタッフさん、「FMF」の工場内を案内して回ってくれて美味しいランチをごちそうしてくれた”クリス”さんなど、とても良い方たちと出会うこともできました。
(↑生前、ご本人も顔出しOKとおっしゃっていたので画像を入れ替え予定です。)


昨年の8月に、丸川さんから松山の病院に入院していると電話を受けました。電話を切るなり身支度をして、すぐさま病院に向かったのは言うまでもありません。
そして8月25日に退院するので、JRまで見送りに行った時にはお昼にデリーのカレーをごちそうになったり、汽車を待つ間にカフェで談笑しました。
その時に僕の自転車を見て試乗して気に入り、その後しばらくして行きつけのモンベルでシャイデックというMTBを衝動買いしたようです(笑)

その後も月に一度の通院の際にお会いして、12月5日に丸川さんの外来通院後に一緒にお昼で蕎麦を食べたのが最後で、それまで会うたびに「今度は前回に行けなかったヨセミテに行きたいねぇ〜」「いやグランドキャニオンででしょ〜」とか、体力が回復したら「今度はパラトルーパー(僕の愛車の折り畳みMTB)を買って北海道をスケッチをしながら輪行したい!」とか色々と話してましたし、病状は快方に向かっているともきいていたので、カムバックを信じて疑いませんでした。

12月中旬か下旬に電話をもらってたのですが、近頃はお互いにあまり電話をかけ直さず、タイミングよく受けられたら話すというような間柄だったので、その時はあまり気にしていませんでした。
僕も正月明けに八幡浜のほうへお伺いするつもりでしたし。
しかし、僕のほうが年末から年明け2週間ほど風邪で体調が好くなくて控えていました。

そして1月24日に、丸川さんからその日に2度着信があったので、帰宅して落ち着いてから家電でかけ直しましたが繋がりませんでした。
そして2日後の26日、僕の電話には珍しく数人から着信がありましたが、このときも出先なので出られず、直後にまた別の知人からメールが入り、1月25日の丸川さんの訃報を知りました。

丸川さんをよく知っている方ならわかると思いますが、ときにヤキモキさせられたり、かなり頑固なところがあったりします。人付き合いでちょっと不器用なところもありました。
でも、いま思い出されるのは朗らかで優しく、温かいところばかりです。

最後とその前にお会いした時に、会話の流れでロバート・デ・ニーロの「ミッドナイト・ラン」の話になったのですが、その映画より言葉を借りて…

” See you in the next life. ”

丸川さん、今まで親しくしていただいて本当にありがとうございました。
心よりご冥福をお祈りいたします。

知らなかった…

モーターサイクルファン、ライダーのバイブル、1971年のドキュメンタリー映画「ON ANY SUNDAY」。
イメージ 3
僕が昨年に自損事故した12月23日の13日前である2017年の12月10日に、監督のブルース・ブラウン氏が亡くなっていました…
イメージ 1
入院や通院、バイクに乗らなくなったりとかいろいろあったからノーマークでした。

バイクに乗らなくなったとはいえ、バイクは大好きですから、ショック。。。
イメージ 2
たいへん遅ればせながらご冥福をお祈りいたします。

これからもマックイーンと”ON ANY SUNDAY”は好きでい続けるんだろうなぁ…
イメージ 4
左からスティーブ・マックイーン、マート・ローウィル、マルコム・スミス。

リール:ラインメモ

久々に釣り熱が少し出てきたので道具の手入れをしました。
ラインを巻き替えたものもあるので忘れないようにメモしておきます。

メインリール
イメージ 1
ダイワ ミリオネアCV−Z105:フロロ10lb
ダイワ ミリオネアライト103:フロロ12lb
このミリオネアシリーズがいちばん好きなリール。
マグネットブレーキを出た状態で固定して使いやすくしてます。

ABUガルシアREVO LT:フロロ8lb
現在いちばんよく使うリール。
軽量ルアーも投げられて使いやすい!

クラシック
イメージ 2
ABUガルシア 4600Cガンナー:ナイロン14lb
ABUの4000番台は何台も持っていましたが、いまはこのガンナーだけです。
学生のときはバスプロの下野正希さんに憧れてましたね〜

ABUガルシア 1500C IAR:ナイロン10lb
10年近く以前はアブのクラシック系は値引きされたり処分価格で1万円半ばで買ってたので、現在の絶滅状態&ヤフオクでの高騰を考えると、安いうちにもっと買っておけばよかったかと思います(笑)
1500C復刻版のブラックがまた出てほしいな…

スピニング
イメージ 3
トーナメントX2500iA:フロロ8lb100m(下巻きナイロン14lb)
当時の最高機種の一つ下のグレードのもの。
仕様を考えるとコスパが良く「通の選択」と思われてました。
ボディもローターも金属製なので、今の樹脂製リールと比べるとやはり重い…

15フリームス2500:フロロ6lb75m(下巻きナイロン14lb)
先日、父からもらったリール。ほとんど使われていません。
フリームスはどちらかと言うと高機能の入門機の位置づけで価格もお手頃です。
なかでもメタルボディはこの15だけなので、ちょっと前から欲しいモデルでした。
本当は下巻きの要らない2506が欲しかったのですが、タダで貰えるなら文句は言えません(笑)
しかしメタルボディの宿命か、近年製なのに重いです…
これからメインのスピニングリールにします!

ブラディア2004:フロロ5lb
これもメタルボディのスピニングリールです。お気に入り。
なのでやっぱり重いです…

いつかメタルボディの最高峰、セルテートが欲しいなぁ。。。


先日、1〜2年ぶりにボート釣りをして釣りあげた、おそらくランカー(50cmのこと)サイズ。
イメージ 4
石手川ダムはアベレージが小さいので、他所よりプラス10cm価値があると言われています。
フックの返しを潰していたので、かなりヒヤヒヤでした!
イメージ 5
まるで鏡のような水面。。。

いまとなっては反社会的な趣味になってしまいましたが、完全に禁止されるまでは細々とでも続けられたらいいな…

第34回JKGナイフコンテストにおいて、奨励賞を受賞しました!
製作したのは「3”セミ・スキナー」。

3インチ・セミスキナー」と言えばカスタムナイフ界の重鎮”相田義人”さんの代表的モデルで超有名ですが、あえて型紙は自分で起こしています。
イメージ 5
これで受賞は4年ぶりの2度目ですが、ここ数年はコンテストに応募される方の作品レベルがかなり高くなってきているので、また受賞できるとは思っていませんでした。

僕はスタンダードなナイフしか作りませんが、こういった何の変哲もないナイフで受賞できると余計にうれしいです。


以下4枚の画像はナイフショップ「マトリックス・アイダ」の「ナイフ小僧」こと”相田東紀”さんによる写真です。
(※そのままではなくリサイズやレタッチなどしています)
イメージ 1
ハンドル材はバーラップ・マイカルタと呼ばれるその名の通り麻袋(バーラップ)を積層したと思われるもの。なかなか味があります。
定番商品ではなくスポット商品でした。
イメージ 2
この素材は成形の目安になる積層目がわかりづらいので、ハンドル左右の対称性を取りにくかったです。
イメージ 3
ブレードは高級ステンレス包丁によく使われるV金10号(VG-10)と呼ばれるもので、程よい硬度で靭性(粘り強さ=折れにくさ)もあり、耐食性(錆びにくさ)も中の上ほどはあるので好みの特性の鋼材です。
イメージ 4
ナイフ小僧さん、いつも綺麗な写真をありがとうございます!

審査員の方がたによる寸評。
イメージ 6
「修正点、改善提案」の、刃付けの甘さは思い当たります。
と言うのもシャプトンの中砥で仕上げたのみなので、コピー用紙をスーッと切ったときに切断面が毛羽立ちますから…
そろそろ仕上げ用の砥石、刃の黒幕のエンジあたりでも買おうかな(笑)

シースについても、たしかにあと5mmくらいは幅を狭められそうですし、先端あたりの形状は自分でもあまり気に入っていません。

「よい点、感想」は、一つ一つがたいへん励みになります!

審査員の方がたにおきましては、このようにコメントをするのはとても大変なことと思います。
審査員及びナイフコンテスト関係者の皆様、ありがとうございました。

四国カルスト

10月16日
バイク数台と車の乗り合わせで天狗高原へ。
イメージ 1
霧は出ていませんでしたが、チョット雲が多かったですね〜

天狗高原の天狗荘で昼食。
山菜は時期じゃないとおもったので、無難に?!カツ丼を注文。
イメージ 10
ごく普通(笑)
イメージ 2
天狗荘おなじみの県境。
イメージ 3
マーキングの反対側のこちらも。

続いて大野ヶ原へ。
こちらは何度が通ったことがあるくらいで、お店に立ち寄ったのは初めてです。

「もみの木」
イメージ 4
こちらはチーズケーキで有名なお店の様です。
イメージ 5
が、売りのチーズケーキは午前中で売り切れたようで、アイスクリームを…
イメージ 9
これは美味しいです!
リッチでいながらもサッパリした口当たり。なのでくどくない。
何個でも食べられそう。

締めくくりは「もみの木」隣の「ポニー牧場」。
イメージ 7
うさぎは良いなぁ。。。
イメージ 6
以前に飼ってたんですが、うさぎはけっこう利口です。

ポニーは終始食事に夢中でした。
イメージ 8
他に大きなウサギ(ジャイアントレッキスか?)や、ヤギや鹿?もいましたよ〜

全87ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事