ここから本文です
XR230の整備記録
個人的な備忘録として・・・

書庫全体表示

記事検索
検索
2004年くらいに購入してから履き続けた”RED WING 975”。
1970年代後半製のデッドストックでしたが2万円ほどで買えました。
(現在では到底買えないですね…)

しかし購入当時に間違ったメンテ法を教えられてそれを実行してしまい、
新品の状態ながら、かなりなダメージを負わせてしまいました。

それは、「カビやばい菌の消毒のために熱湯を靴内部に注いで殺菌する」。
結果、革の中底が縮んでカチカチに固くなってしまいました。

しかし、それでも中底のひび割れを気にしつつ10年以上履き続け、
シャフトカットをして履く頻度も増え、更に気に入っていました。

…が、
先日サドルソープを使用して丸洗いをして乾かしているときに
ふと中をのぞくと、中底のひび割れもかなり増えているのを発見、
もう限界の様子。。。

先日はMOTOのチャッカブーツも買ったし、バイク用の陸自の半長靴も
シャフトカットして普段靴におろしたし、で靴も増えてしまったので、
この”RED WING 975”は、思い切って処分することにしました。

しかし、せっかくなので捨てる前に分解してみました。
イメージ 7
本来はこの上にフック2つとトップにハトメが着きます。

まずはソールとヒールの隙間にドライバーを差し込んでカカトを外します。
イメージ 8
意外に長い釘を使っていますね〜

少しソールを浮かせてみると、さらに釘があるのがわかります。
イメージ 1
ソールを浮かしながらカカトから前のウエルトの糸をカットしてゆきます。

ソールがとれた状態。
イメージ 2
ウエルトと同じ厚さの革がヒール側にもあります。
イメージ 3
剥がしたソール。
イメージ 5
ニトリルコルクソール。

ソールとヒールのもう1枚の革を外すとスチールシャンクが出てきます。
イメージ 6
スチールシャンクは「靴の背骨」と言われるパーツ・部分で、
これがあることによって型崩れを防止したり、疲れにくくする効果があるそうです。
イメージ 4
40年ほど経過している鉄なのに、意外に錆は少ないです。

つづく。
久々に寄ってみた地元の革手芸店にサドルレザーのカット物があったので、
買おうかどうしようか迷いましたが、思い切って買って帰り、
再度コインケースを作りました。

デザインは全く同じ。
イメージ 1
縫い糸はいつもの麻糸ではなく、合成繊維で初めから蝋引きしてある「ビニモ」。
イメージ 2
縫い目のピッチはやや狭めました。

蓋側に小銭を出しても取り出しやすいように、
イメージ 4
蓋の裏当てはコインが取り出せる深さにしてあります。

マチの形状は良い感じにできましたが、
イメージ 3
菱錐が当たってしまった傷が2か所ほどあります。笑

前作との比較。
イメージ 5
横幅を少しだけ大きくしました。
イメージ 6
このあとは油脂含侵処理をして乾燥させてから使用し始めます。
ちょっと前に購入した「小さいお財布」がハズレを引いたらしく、
ブライドルレザーのブルームを拭き取ると表革のひび割れが出てきて
みすぼらしい状態になってしまいました。
なので、それまでに使っていた財布と合わせて使うための
小銭入れが欲しくなりました。

※ちゃんとした小銭入れ付きの財布は高いので買えません。笑

小銭入れを買うとなっても安くはないので、使っていない
コードバン(!)の小銭入れ無しの二つ折り財布をカットして
コインケースを作ってみました。

いきなりですが完成形。
イメージ 1
財布からリメイクして作ったので小ぶりです(75×65×17くらい)。
ちゃんとした型紙は作らず、現物合わせの仮型紙を作って製作しました。

裏側。
イメージ 2
使用品をベースにしているのですでに味が出ています。笑

そして「初の試み」というのは、”ジャンパーホック”を使用したこと。
イメージ 3
金属を使いたくないのと、ボタンを打つ工具が高いイメージがあったので
いままで敬遠していたのですが、意外と安かったのと(工具2点で1,000円弱)、
こういったボタンの頭が出ない構造だったら、さらに「打ち台」も要らないので。

手芸店で売ってるボタンは鉄製しかなく、真鍮メッキやブロンズメッキも
あったのですが、ベースが鉄ならニッケルメッキの方が雰囲気です。

そして”マチ”つきの構造も初です。
(いままでは厚みを出したくなかったので採用しなかった)
イメージ 4
マチ部分をパーツで見ると台形の部品なのですが、台形の上辺が底側に来ます。
ただ、この台形の上辺を大きめにしてしまったせいか無駄な折り込み部が発生。
もっと狭くして三角形に近くしたらよかったと思います。
愛媛では、まず西条店、そしてすぐに大洲店、先日は今治店が開店し、
いよいよ松山市でも開店になった「いきなりステーキ」。

松山店に行ってみました。
開店10分前に着いて10人弱の待ちだったのですが、
トイレに行って戻ってみると20人以上の行列。笑
でも10分くらいの待ちで入店できました。

ランチタイムメニューのワイルドステーキ、450gを(税込み1,998円)。
まずはサラダとスープが来ます。
イメージ 1
スープにも出汁を兼ねた具としてお肉が入ってますね。あとはセロリ。
イメージ 2
このスープはイケます。でも脂身がチョット気持ち悪いかも。

いよいよステーキの登場!
部位は肩ロースです。あらかじめ大ぶりにカットされています。イメージ 3
まずはソースを掛けずにデフォの塩コショウのまま、いただきました。
イメージ 4
肉厚です!!
焼き加減は基本レアで、熱された鉄板に転がして好みの焼き具合にするとのこと。
鉄板の温め直しも出来るようです。

ワサビをつけたりしながら、半分ほど食べてからオリジナルソースを掛けました。
イメージ 5
完食。
450gといっても、ふつうにペロリと食べられます。
というか仮に650gでも余裕だと思われます。笑

巷で言われる通りたしかにチョット堅いですが、
肉を食べた満足感はかなりありますね♪

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事