ここから本文です
XR230の整備記録
個人的な備忘録として・・・

書庫全体表示

記事検索
検索

シューレース

普段履きのスニーカーの紐を黒から白に変えました。
イメージ 1
生成りがベストだと思うんですが、白とベージュしかなかったので…
モノトーンのハードさが和らいで、爽やかな印象に?!

汗っかきなんで、夏場の洗い替えが欲しくて、再びユニクロへ
リジッド(未洗い)のセルビッジの「のびのびジーンズ」を買いに行ったら、
29インチだけが売り切れてた…
洗い加工してあるものは豊富にあったんですけれども。

以前はキライだったユーズド加工も、スティーブ・マックイーンが
自分のジーンズを衣装係さんに履き古したように加工させてたという
話を聞いてからは加工モノにも興味があったので、買ってみました。

イメージ 1

現物を見てみた感じ、このスリムフィットジーンズ(品番403963)だと、
濃いめでメリハリのある色番67より、薄めに仕上げてある色番66のほうが
自然でおすすめ。
色番67はチョットわざとらしかったです。。。

数点見てみると加工具合に個体差が有ったので、
好みのものを選んで買いましょう。

穿いてみた感じ、先日買ったものより太ももや裾に余裕があったので、
セルビッジのものよりはやや大きいようですね。

XR230 : 嫁入り決定!

ついに嫁入り先が決定しました!

12年間乗り続けた我がいとしのレイラ、もとい愛しのXR230の。

イメージ 1

XR230は、自分にとってこれ以上無いほどの相性だったので、

ずっと乗るつもりでしたが、諸事情により手放さなければならないことに。

イメージ 2

なので、嫁入り先を探していましたが、

知らない人や大事にしてくれそうにない人には譲りたくないので、

今まで時間がかかってしまいました。

イメージ 3

しかしつい先日、偶然にも数年ぶりに再会した、

信頼できる友人が譲り受けてくれることになったので、

これで安心して嫁に出せます。

イメージ 5


今更なのでタダでお譲りしても良かったのですが、

XR230の代わりに今の相棒になったMTBのモンタギューPTの

購入金額と同じ10万円で買ってもらることになりました。

イメージ 4

ありがとうXR230!大事にしてもらえよ〜

トリッカーズ M7169

英国トリッカーズのスエードチャッカ。
いまの僕には全く不相応。過分なものです。

しかしながら、たしかフランスだったかイタリアだったかの諺かオマジナイに
「良い靴は履き主を良い場所へ連れて行ってくれる」というのがありますし、
ずっと仕舞っておくのも却ってもったいないので、思い切って卸しました。
イメージ 1
オールデンほどではありませんが恐ろしい値段です。
定価でなんてとても買えません(笑)

シングルレザーソール。おそらくオイルドレザー。
イメージ 2
このままでは恐ろしく減りが早そうだったのも、直ぐに卸せなかった理由。

内張りは無し。裏側は一見、銀面(表革)のようですがそうではなく、
床面を滑らかに処理したもの。
イメージ 3
こういった靴はラフアウトで銀面を内側に使ったものが好きなんですが。。。

付属品たち。
イメージ 4
磨き布×1と収納袋×2。

実は東急ハンズで買ったビブラムの半張りソールを貼ったので、
ようやく卸せたというワケです。
イメージ 5
さっそく履いてみたのでレザーヒールには小石の跡が。
イメージ 6
すき間のように見えるところもありますが、ボンドは効いているようです。
定番のダイヤボンド888ではなく、耐油性のあるコニシG103を使用しました。

わりと軽くて革も柔らかなので、けっこう華奢に感じます。
カジュアルな靴ではありますが、丁寧に履いてゆこうと思います。

クラークスのデザートブーツの方が気兼ねなく使えて良いですね(笑)

闘牛 : 鳥半チャン

去年の8月21日以来、訪れてなかった中央の「闘牛」。
スープも麺もチャーハンも具材もすべてが好みで、
僕のラーメン屋さんランキングでは殿堂入り(笑)

イメージ 1
「闘牛」と言えばこの”鳥そば”(600円)。
そしてこれと”半チャーハン”のセットが「鳥半チャン」
これで800円!

闘牛の看板メニュー「鳥そば」
イメージ 2
唐揚げの脂がスープに混ざることを考えて、しばらく鳥そばを避けていましたが、
やっぱりこの唐揚げは美味しいですね。
スープそのものはもちろん美味しいのですが、唐揚げの脂が混ざったスープもやはり美味しい(笑)

半チャーハン
イメージ 3
闘牛はチャーハンもホントに絶品!
ラードの旨みが全体に回って最高!!
あまり知られてませんが、単品でも注文できます。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事